【鈴木佐知子】マン毛なしやんけ~~~ – 初撮り五十路妻ドキュメント 鈴木佐知子

初撮り五十路妻ドキュメント 鈴木佐知子

初撮り五十路妻ドキュメント 鈴木佐知子
本編はこちらから

上品な雰囲気と淫靡な性格の融合

キャリアウーマン的なルックル、男には媚びないような芯の強さが垣間見れる。

スレンダーで小ぶりな胸も良い。

ピンクの乳首に対して、腕、背中のシミのアンバランスさがそそる。

時折見せる柔和な笑顔は実に可愛いのだが、全体的には眉間に皺をよせてかたい表情が多い。

ただ、この女性の場合は気の強さも感じられるのでその不本意さが顔に表れたプレイもある意味、そそる。

感じる顔は見せたくないが感じてしまう様に興奮でき、お高く止まった女性が無理やりAVにでている感じがある。

2作、3作と出演すれば、そのような堅さもとれ別の魅力が発揮されそうだが今のところ残念ながらこの1作のみのようである。

リアル五十路妻のリアルセックス

品のあるかなりの美顔で、中高年になっても美人でいられる顔だ。

その佇まいは、上品なのだが洗練されたそれではなくて、気取らない自然な品を感じさせる。

服を脱いで裸体を披露した時に、「えっ!」と、まったくアンチエイジングがされていない、57歳のリアルなそれに驚いた。

背中や肩のシミは放置しているし、インタビューでB85-W63-H85と言っていた裸体は見る影もなく萎んでいる。

が、そこにエイジングという自然に抗わない美しさを感じて感動してしまった。

自然さは緊張感の無さにも表れていて、タメ口こそきかないが男優との距離も近い。

カラミでは余分な感情を捨てて、しっかり快感を味わうことに集中していて、パンティのシミを指摘されても、恥ずかしがる風もなく平然としている。

男優との最初のセックスで、バックから挿入されたとたんに、セックスレスから解放される号砲であるかのような凄まじい音のマン屁を連発したのにも驚いた。

撮影後にシャワーを浴びている姿は、この人の美貌と全身像の美しさを感じさせてくれる。

「また来てもらえますか?」に、「是非また、オファーがありましたら」と返していたから、『ふたたび」があるかもしれない。

57歳とは思えない

スタイルいいです、おっぱいもぎゅっと強く掴みあふれる乳房を口に頬張り強く吸うと喘ぐ。

若干のM性がある奥様はこれからが楽しみです。

30代若者の陰茎にキス

上品で清楚な奥様ですが、綺麗で輝く瞳、抜群のスリーサイズが、熟女好きには堪らないです。

入れた後の喘ぎ声が、心地良いメロディに聞こえ、女が終わった57歳でも使用価値がかなりあります。

18歳の青年でも射精に導けるような、美しい二重瞼のフェラはかなり上品です。

佐知子さんは57歳の今から身体だけ売っても、まだまだ男性の生涯年収以上稼げると思います。

マン毛なしやんけ~~~

おいおいパイパンやんけ~ ええ感じの熟女だからと思ってみたらマン毛なし~~ おいおいおい 熟女のオマンコはモジャモジャしてないとだめやんマン毛ないオマンコは勃起せんぞおいおい うへへへへ
本編はこちらから