【香田麗奈】パッケージは良さそうだったが・・・ – えっ!?そんなことまでいいの!? 香田麗奈

えっ!?そんなことまでいいの!? 香田麗奈

えっ!?そんなことまでいいの!? 香田麗奈
本編はこちらから

あら

差圧映画ものすごく悪い。

ぶれまくりで気分悪くなった

Gカップありません。

あと、タイトル「えっ!?そんなことまでいいの!?」内容を見た後だと、このタイトルにした意味がわかりません。

一応、Tバックお尻を堪能しましたが、彼女のルックスが好みではなかったのでイけずに終わりました。

パッケージは良さそうだったが・・・

うーん、、、DVDを見て「引き」ました。

勿論、個人的感想です。

撮影は下手で、画面見てると、船酔いになりそうな感じ。

パッケージのように、笑みを出すのはホンのわずかで、仏頂面?のオンパレード。

「なんだこのイメージDVDは?」でした。

「Gカップ」って言われても、そこまであるように見えないし、とにかく見て、正直ガックリでした。

制作陣の撮影・演出下手が、香田麗奈さんをダメにした気がします。

本編はこちらから

女上司と部下

女上司と部下
本編はこちらから

なかなか・・

上司の女性がマッサージに行ったら、施術者は解雇した元部下だった!というなかなかのシチュエーションで始まります。

上司は元部下に言葉で弄られながらイカされてしまいます。

その後、その味が忘れられずに誰もいない会社に出張してもらい更に弄ってもらうというお話し。

女優が今一つなので残念だったがまぁイイ出来の作品です。

2作目は話も絡みもつまらない。

香田麗奈のみ有効

エピ1は同じくながえStyleの働く女と殆ど同内容です。

仕事の出来る女上司(部長)とその部下で意見が合わず退職するハメになりマッサージ店で働く男。

マッサージ店に辿り着く迄の流れも良い良い。

仕事打ち揚げ→部下に飲み誘われ→断り→携帯片手に自分で相手探すも予定合わず→マッサージに予約(行く)上司と部下の時は言葉通りの関係だが、マッサージ店では立場が逆になります。

この作品では元部下役の染島が実に良いパフォーマンスを見せてくれます。

特に素晴らしいのがセリフ。

「いやらしい顔してみっともないですね。

部長~」「この顔見見覚えありませんか?部長~」「マ○コはだらしないですねぇ~部長」ってカッコぇー。

正上位でガンガン突いてる時も「このマ○コ女!」って叫んでます。

これらアクションに元女上司への職場での不満、辞めさせられた恨みが見事に演出され素晴らしいです。

女部長を辱めろ

高ピーの女部長がオフィスで素裸にされるシーンはなかなかのものでした。

もう少しきつめのSMプレーに進展してほしいなと思いました。

男日照りな30代40代の独身キャリアウーマンにありがちなお話

インテリな眼鏡にストライプのシャツといった、いかにもなお堅いキャリアウーマンファッションが似合う女性。

澄ました表情でバリバリ仕事をこなしているが、どこかスケベな顔立ちの女上司。

そんな会社に一人はいそうなタイプのキャリアウーマンにハマり役の香田麗奈女史。

普段男たちをアゴで使う立場の彼女は、夜は部下に激しいセックスでコテンパンにいじめられたい願望を持つ、欲求不満なむっつり変態M女。

大きなプロジェクトがひと段落ついた日には、お気に入りの部下に「このあと2人で飲まない?」とセックスを期待しながらも平静を装いながらお誘いを持ち掛けるが、今日はちょっと・・・とフラれてしまう。

そして溜まりに溜まった性的欲求を解放する場所を求めて、行きつけの女性用性感マッサージ店に予約の電話を入れる。

マッサージ店では下半身パンティ一丁になり、カエル泳ぎのようなみっともないうつ伏せガニ股ポーズを披露。

お股周辺を入念にオイルマッサージされ、「あんっあぁんっ」と牝の鳴き声を上げ始める。

そして今度はガニ股のまま仰向けになり、シャツの中に手を突っ込まれて両手で胸を揉み込まれると再び悦びの声を上げ、緩みきった表情で舌を伸ばし、マッサージ師の腕をペロペロと舐め始めてしまう。

職場では絶対に見せられないような恥ずかしすぎる無様な痴態。

女ごろしのテクニックで極上の快楽を与えられ、発情した雌犬へと成り下がったキャリアウーマンの姿がそこにあった。

そのマッサージ師が先日辞表を出した元部下とも知らずに・・・。

最悪!!

こんなシュツエーションが好きで流れても良かったんですが女優のセリフ回しが下手な上にブサイクでした。

二話目は女優レベルの低さ、話の内容に興味がわかなかったのでほとんど見てません。

本編はこちらから