【上原怜奈】圧倒的おっぱいのロリカワ女子校生 – ロリカワ爆乳女子校生 年上のチンポを断れない女の子 上原怜奈

ぴったりムチムチ肉感コスプレ 上原怜奈

ぴったりムチムチ肉感コスプレ 上原怜奈
本編はこちらから

OL姿でのロデオがいい!

最初のコスプレが25分、次のナースが10分(バイブ)、OLでのロデオが5分、最後のスクール水着が25分。

もうちょいコスプレ数ほしいかったです。

コスプレの中ではOL姿でのロデオがよかった!

すごい体

豊満な体が良かった!引退とはもったいない。

もっとOLさんのコスプレを長く見たかったです。

本編はこちらから

ロリカワ爆乳女子校生 年上のチンポを断れない女の子 上原怜奈

ロリカワ爆乳女子校生 年上のチンポを断れない女の子 上原怜奈
本編はこちらから

んー

下腹部に妊娠腺というか、帝王切開痕みたいなのが・・・もう買わない

ただのコスプレ作品

AVとして見せるべきところを見せていないといった感想であるコスプレ作品悪くは無いですが最終的には全裸でしょうイメージビデオを少し過激にしたと言った作品でしょうか昨今のイメージビデオのほうが良いかも・・・

圧倒的おっぱいのロリカワ女子校生

着エロ出身のIカップ女優「上原怜奈」のAVデビュー第2弾。

今回は、とある学園を舞台に「爆乳女子校生」となった怜奈嬢が自慢の98cm乳でたっぷりとセックス奉仕する。

「年上」というのがひとつのキーワードとなっており、出てくる相手は「教師」「用務員」といったオジサン連中オンリー。

同級生とのセックスはナシ。

また、すべての本番シーンは1対1で、実にシンプルな構成となっている。

「制服」「体操着」「スクール水着」とコスチュームのセレクトも極めてオーソドックス。

特にこれといった目新しい部分がない作品であるが、怜奈嬢のおっぱいの存在感は圧倒的である。

本編はこちらから

98cmIcup AV解禁 上原怜奈

98cmIcup AV解禁 上原怜奈
本編はこちらから

素材を生かせていない?

女優は素敵なボディーなのに、興奮できない作品。

フェラ抜きも本番もありで、お掃除フェラもあるのですが・・。

恐らく、この女優自体が余りSEXを好きでなくて、盛り上がりに欠ける。

数作の出演を経て、エロい女優に変わることを願います。

現状では、乳以外にエロさを感じられない。

構成は悪くないと思いますが、女優の性格的な部分は引き出せていないと思う。

イメージ色のぬけない作品

構成が悪すぎる・・・AVらしき内容はラスト30分程度である大半はAV無理もどきのカメラマン兼男優の女優を弄るシーンのみそのためかアングルもかなり不自然で乱暴な感じがする解禁ということで見せるところは見せているが内容はAVといい難い覚悟を決めてAVに出演した女優に対して失礼な作品スタッフ総替えで臨んで欲しいちなみに評価は女優に対してでなく無能なスタッフ陣に対してである

期待したい女優

冒頭は着衣状態で谷間、パンツ見せ。

次にノーブラTシャツで、バランスボール乳揺れ、乳首透け。

ブラずらしで乳首見せ、マ○コ御開帳後、フェラからパイ射。

乳輪は理想的なサイズでイヤラシくて良い。

感度も悪くないようで、弄られると声が漏れてくる。

マ○コ周りにはヘアがなく、ビラ中もピンクで非常にきれいである。

 拘束イカセでは、電マの刺激で潮吹き(お漏らし?)も披露している。

唯一残念だったのは、パイズリ射精での射精に勢いと量が足りなかったことだろうか、パイズリのフィニッシュは、乳房の谷間から顔中にぶちまけられる程の射精でないと物足りない。

 SEXは二回、パイ射、顔射の順。

ラストのSEXでは、最初は男優が二人で、途中で一人に減っていたが、複数プレイに抵抗がないようなので、次作以降で4P、5P等を期待したい。

AV無理三部作完結編

着エロ出身のIカップ女優「上原怜奈」のAVデビュー作。

着エロビデオ(『AV無理』シリーズ)二本を経て、満を持しての「AV解禁」となった怜奈嬢。

前半は「イメージ→乳首解禁→乳揉み」という、あえて「着エロ時代」を意識したソフトな演出となっている。

もっとも、「マ○コ解禁」「初フェラチオ」を経て、徐々に「AVならではの展開」を見せ始める。

中盤は、自慢の98cm乳でたっぷりとパイズリ奉仕。

そして、後半、ここぞというタイミングで初本番(チ○ポ挿入)。

前半の展開を「AV無理」に似せることで、実に効果的に「AV解禁」のインパクトを打ち出している。

ある意味、「AV無理三部作の完結編(チ○ポ挿入編)」といった印象。

前二作と続けて鑑賞することに意味がある作品というべきか。

喘ぎ声が小さい

興奮するカラダなのに喘ぎ声が小さくガッカリするこういうタイプには場面で抜かせる演出が必要もう少しハードな攻められ方をしているところも見てみたい

いいぞ、もっとやれ

「未満」色全開の作品。

「了解」した女優の撮り方としては大正解だと思う。

ほとんど未満と変わらない空気のまま進むが、おもむろにマンコ全開。

おもむろにフェラ開始。

実にたまらないのである。

さらに、なんとこのマンコが見たことのないほどの肉厚。

マンコがエロい女優は久しぶりだ。

若干、乳のコンディションが未満の時よりも低下しているような気もするが、そのエロ乳輪に変化はなし。

声は抑え目だがまぁ感じている。

男優も最後の絡みで少ししゃべるが基本的にはものしずか。

これからも了解した女優はこのように撮ってもらいたいものだ。

本編はこちらから

『AV無理2』 上原怜奈

『AV無理2』 上原怜奈
本編はこちらから

爆乳と全裸フラフープ

未満のハード着エロ企画「AV無理」シリーズの爆乳アイドル「上原怜奈編」の第2弾。

着衣での軽いセクハラを経て、前半、早くもブラジャーを脱いでトップレス解禁。

左右の乳首を長時間にわたって執拗に舐め回される。

続いてのマングリ返しでは、パンティーの内と外からマ○コをズリズリとこすられ続け、「アン、アン」というせつなげな吐息が漏れる。

おっぱい丸出しのフェラチオシーン(チ○ポは画面外)を挟んで、後半は、男優にIカップ乳を弄ばれながらのバイブオナニー。

そして、後半の疑似FUCKでも、これでもかとむき出しの豊乳をオモチャにされる。

同シリーズの中でもかなり「AV寄り」の内容で、着エロとしては「(いい意味で)ギリギリアウト」といえる一本。

ちなみに、疑似FUCK前のイメージシーンで、乳揺れファン垂涎の「全裸フラフープ」が拝める。

及第点

大島あいるや佳苗るか同様、少し腐女子っぽい雰囲気が個人的にツボな彼女ですが…乳フェチ視点から。

やはりダブル舐めがないのは残念ですが、乳首舐め自体は7分弱たっぷり割かれています。

ただその際にやたら鼻がヒクヒクと動くので、それを小動物的で可愛いと思えるかどうかが、評価の分かれ目かもしれません(笑)それでも作りとしては○テーブルに大の字に拘束するシーンは短いですが斬新。

その状態でダブル舐めしてくれればいいのに。

大きめ乳輪にやや離れ気味のバストなど、好みは分かれるところだと思うので、よく検討してからどうぞ。

本編はこちらから

『AV無理』 上原怜奈

『AV無理』 上原怜奈
本編はこちらから

爆乳と勃起チ○ポと乳揺れと

未満のハード着エロ企画「AV無理」シリーズの爆乳アイドル「上原怜奈編」。

オープニングは、ビキニ着用の乳揺れバスケ。

「ボールのようなおっぱい」がボールを投げるたびにブルンブルンと大暴れする。

ロデオマシン騎乗を経て、前半、ソファー上でのセクハラ攻撃で早くも「乳首解禁」。

さらに、中盤、至近距離でセンズリ鑑賞(途中からチ○ポがフレームイン)。

ローション乳揉みを挟んで、後半は、疑似チ○ポを使ったパイズリ奉仕。

そして、終盤、トップレス姿による疑似FUCK。

着エロデビュー戦で本物チ○ポと「最接近」する等、かなりの体を張った卑猥な内容となっている。

Iカップ乳のボリューム感は素晴らしく、揺れ具合も抜群である。

とりあえず

乳首舐めありません。

おそらく2を買わせるためだと思いますが最悪でした

「当たり」の方のAV無理

サンプル等のパッと見で超乳女優にありがちな猿系のイマイチ顔かと思ったらもっとかわいかった。

素材は一級。

おっきめ乳輪のちょいタレ爆乳。

デブではなくエロコスが映えるスタイル。

くわえてAV無理で重要な「恥じらい」感がよく出ている。

さらに「それなのに感じちゃってる」感もよい。

おなじみのチンポ見せ演出も磨きがかかっている。

接触こそないが顔の近くでのオナニーは◎。

拘束ローター責めでは挿入後ローターに付着したマンカスをパンツに塗るところが○。

乳首ナメおよびパンツ脱ぎエアSEXはなかったが「AV無理2」が出るようなのでそちらに期待か。

今後も追いかけて行きたくなる女優だった。

オススメ。

本編はこちらから