【Aja】美しい。 – 詩演 裂けめ ポエティカルパフォーマンス Aja

詩演 裂けめ ポエティカルパフォーマンス Aja

詩演 裂けめ ポエティカルパフォーマンス Aja
本編はこちらから

すべての解釈を拒否する存在

ポエティカルパフォーマーの「Aja」が自作の詩を朗読しつつ、フルヌードを披露するという一本。

一応「AV」のカテゴリーに入ってはいるが、完全なる「アート作品」といえる。

ジャケ写では確認しづらいが、かなりの美貌の持ち主。

前半は、わりとおとなしめのパフォーマンスが続くが、中盤辺りで、突然「なにかのスイッチ」が入る。

「苦痛の限界を感じたい」と乳首に注射針を突き刺すAja嬢。

両乳首に一本ずつ注射器をぶら下げてクールに遠くを見つめる姿は、まるで「すべての芸術的解釈をいっさい拒否している」かのようである。

正直、「良い」とも「悪い」とも判断したくないので、評価は「普通」とする。

なんとも不思議な引力を持った作品である。

古エロ

90年代の昼過ぎのドラマのエロいシーンを思い出しました。

着エロとは違う気もするが、どきどきする。

美しい。

詩を朗読し、また、その世界を自らさまざまなカタチで表現されています。

美しい方で、ヌードもスタイルが良く素敵です。

その美しさ故に引き込まれ、最後まで見入ってしまいます。

が、私的には、注射針で乳首を突き抜くシーンはNGです。

しかも左右両方に刺すとは(止めなさい!)。

でも、その美貌に免じて許します。

本編はこちらから