【イ・ミョンシル】Sexportingが生んだ二大格闘家対決 – Sexporting 特別編 性器の対決 ガチ○ポ勝負!

Sexporting 特別編 性器の対決 ガチ○ポ勝負!

Sexporting 特別編 性器の対決 ガチ○ポ勝負!
本編はこちらから

格闘家対決

イ・ミョンシルと真島みゆきのガチンコ対決。

組み手から,ローソクの火消し対決,オ○ンコガマン対決,フェラ早抜き対決,乳首&クリ勃起対決で勝負します。

オ○ンコ我慢対決で,限界を超え,タマらず潮をタレ流してしまうシーン,フェラ早抜きのシーンで,猛烈な勢いでフェラこき倒すシーンが抜けます。

全体的にイ・ミョンシルの方が口性器,オ○ンコとも強かった感があります。

お顔は,真島みゆきの方が綺麗だけどね。

くだらんけど、イケる!!

真島の放尿は演技臭いが見事!!二人ともよく役作りができてるし武道の腕も良い。

 マニアックな方にはミョンちゃんの足のあざが妙にリアルでそそるはず・・・・・笑僕が空手をやってる時も回し蹴りを相手に肘でブロックされ足の甲を痛めたりしたのが懐かしく感じます。

 この作品は空手やテコンドーの経験のある人には、道着を着てこんなことけしからん!!と思いながらも見入ってしまう複雑な気持ちを味わっていただきたいですね!!

Sexportingが生んだ二大格闘家対決

「現役アスリートの性」を描いたディープスの体育会系セックス企画「Sexporting」シリーズの特別編。

第7弾の「真島みゆき(全日本ベスト8の空手)」と第10弾の「イ・ミョンシル(世界2位の格闘家)」によるコラボレーション企画。

オープニングインタビューを経て、早速、真剣勝負の「ガチンコ空手対決」が決行されるが、「AVの企画で怪我してもしょうがない」という至極もっともな理由で、さっさと「バラエティーモード」へと移行する。

本編自体は「バイブ耐久対決」「ローソク火消し対決」「オマ○コ我慢対決」「チ○ポ早抜き対決」「クリトリス&乳首勃起率対決」といった、なんともお気楽な内容。

また、中盤以降は、最早、空手着すら着る事もなく、少々「企画外れ」のような気もするが、本編の随所で見せるみゆき嬢の豪快な潮吹きは、それらをなお補って余りある迫力。

本編はこちらから

Sexporting 10 世界2位!!トルネードファイター 格闘家 イ・ミョンシル

Sexporting 10 世界2位!!トルネードファイター 格闘家 イ・ミョンシル
本編はこちらから

自称「世界2位」の女格闘家

「現役アスリートの性」を描いたディープスの体育会系セックス企画「Sexporting」シリーズの第10弾「イ・ミョンシル編」。

「真島みゆき(空手)」「笹塚ふぶき(空手)」に続く、女子格闘家シリーズの3人目。

「世界2位(競技名は不明)」という荒唐無稽な肩書き(キャラ設定)が良くも悪くも「AV的」といえる。

マイクロビキニ姿でのストレッチを経て、なぜか別室での半裸オナニーシーンに突入。

中盤、格闘家シリーズ恒例の「脱衣演武」を挟んで、「放尿→集団陵●(レオタード)」という展開。

そして、後半は、コーチ役の男優と道場内で全裸FUCK。

さらに、ラストは、ソファー上での電マを使ったセカンドFUCK。

セックスシーンのハードさは素晴らしいが、プレイ・コスチューム共に「世界2位の女格闘家」という設定とは、ほぼ「無関係」の雑多な内容が多すぎる。

肩書きだけではない。

今は道場の師範をしているらしいですが、普通に板割りの演舞をした後にビキニに着替えたり、するのはかなりエロいです。

勝気なOL風のルックスがツボにはまったのとAVに出なさそうなまじめな感じが続くオナニーシーンとのギャップ炸裂で大興奮でした。

型を胴着アリ→下着→全裸→ローターとやっていくのもエロいです。

特に貧乳が正拳突きで揺れたりするのはフェチな人は必見でしょう。

男優とのカラミで自然にイキまくるのもポイント高し。

ちなみにミョンちゃんは普通に日本語を話してました。

格闘家

格闘家,イ・ミョンシルのAVデビュー作。

微乳ですが,さすがに鍛えた肉体なので,特に下半身は強そうです。

お顔も可愛く,悶えるフェイスもイイ感じです。

板割りや,全裸でのキックやパンチの型を演じますが,オ○ンコに仕込んだローターで,腰砕けになり,演技出来なるシーンも。

ドーピングと称してオシッコをさせる悪ふざけもあり。

チ○コの扱いが見事なフェラ,強い肉体でも感じまくる激ファックなど,セックスも見応えあります,オ○ンコも口性器も強い女は,抜けます。

ブス

感想は、企画女優にも居ないくらいのブスだなぁという感じ。

それで内容も普通のセックスが主で顔射もしないという有様。

全て胸でフィニッシュ。

格闘技の出来に関しては、驚くほどではないです。

本編はこちらから