【田中亜弥】AV界一の仕切りを見せる「実力派MC女優」 – 現役アナウンサー夢のSEX共演SPECIAL 田中亜弥 クリス小澤

白目絶頂セックス4時間

白目絶頂セックス4時間
本編はこちらから

これぞ乱丸総集編

ハードかつ下品なSEXがウリの乱丸。

このメーカーが目指したものが、この総集編にあると云って良いでしょう。

乱丸といえど、作品によって「当たり・ハズレ」はあり、当然駄作も多くリリースしています。

この総集編は多少の過剰演出ものや、本作品に収録すべき良作の未収録などはあるものの、全体的に見てかなり実用的かつ高レベルな編集ものに仕上がっているので、購入する価値は十分にあると思う。

出演女優の中でも、かなり過剰演出の激しい「玲丸」だが、本作品に収録されているものは彼女の作品群の中では最もマトモと思われる作品だった。

他の出演者の作品については、多少の過剰演出ものはあるものの、AVとしてかなりの高水準にあるものばかりなので、末長く愛用出来そうな総集編だと思う。

いい加減にしろめ

絡みとしてはイイものもあると思う、だから言うが。

白目むくほど…というのは、あくまで比喩で。

ラストでどうしても白目しなくちゃ、の意識が女優の集中を削いでしまうくらい考えれ。

微妙(-_-;)

白目はちょっとだし、淫乱って感じがしなし。

 盛り上がりに欠けたな~
本編はこちらから

癒らし。 VOL.58 田中亜弥

癒らし。 VOL.58 田中亜弥
本編はこちらから

上目遣いが超絶綺麗!!

魔性という言葉を使いたくなる位引き込まれる美しさでした。

彼女の作品は折角の美貌を上手く生かせず、期待外れに終わる事がほとんどですが、この作品は相性が抜群でしたね。

彼女における最高傑作だったと思います。

情緒あふれる素晴らしい作品です

あまりにも田中亜弥の演技が素晴らしいので、思わずレビューしてしまいます。

からみは2回。

最初から最後まで徹底してカメラが彼氏目線なので田中女史がずっと1人ゼリフで演技をしています。

基本ハメ撮りなのでセックスの変化に乏しく、正常位率80%なのですが、とにかく田中女史の目の演技が素晴らしいのです。

カメラにアップで彼氏にささやいたりキスしたりする目が完全に恋する乙女になっていて、かつセクシーでいやらしい。

たまらない気持ちにさせてくれます。

彼の、髪を優しくなでたりする演技もいい。

近年の、ただ激しいだけの非現実的なAVに飽きた人は、この徹底したリアリティ溢れるコンセプトの作品をぜひ観るべきです。

監督以下、スタッフのみなさんも、素晴らしい仕事をしたのだと思います。

おみごとです。

本編はこちらから

誘惑、女教師。 男子をたぶらかす年上のオンナ 田中亜弥

誘惑、女教師。 男子をたぶらかす年上のオンナ 田中亜弥
本編はこちらから

AV女教師

女教師に扮した田中亜弥。

痴女としてチ○コを攻めますが,アナル&タマ舐めの舌使い,ジュボ音すざましいフェラなどお口プレイがエロくて抜けます。

AVデビュー当時は,アナウンサーがセックスを見せるという衝撃もあって,かなり話題になりましたが,最近は,極上の新人が次々とデビューするので,彼女の影もうすくなった?長い黒髪が綺麗で,お顔も美しいので,抜ける女なんですが,ハードなプレイを見せるとか,イマイチ頑張らないと需要がなくなります。

何本でもフェラこき倒して,その黒髪にザーメンを絡ませる根性のプレイが見たい。

潮時なのかも

中々レンタルに作品が増えていかないので楽しみにしていたのですが、このままでは厳しそうですね。

きれいなお顔で、セリフまわしも絶妙ですが、匂い立つような色気は感じられませんでした。

AV女優のレベルが確実に上がっている現状では、元フリーアナウンサーしか武器がないようでは生き残れないかと思います。

そんな予感を感じた作品でした。

そろそろ引退か

ドリウーであれだけザーメン浴びた田中亜弥が、なんと中途半端な作品に出演しています。

もう、引退なのか?ぺろぺろ舐めて、はめているだけの退屈な作品です。

アナウンサー役で輪●とザーメンのセット物にしないとユーザーは、離れてしまいます。

本編はこちらから

犯●れた女教師 禁断の肉欲 田中亜弥

犯●れた女教師 禁断の肉欲 田中亜弥
本編はこちらから

バカ悪

女教師は熟女で良いが男子生徒がおじさんたちの高校生ではこの会社はAVをどう考えているのだろう。

あまりにもスタッフの人材不足過だろ?
本編はこちらから

美人教師 暴行現場 37

美人教師 暴行現場 37
本編はこちらから

立木ゆりあのアナルでイキたい

竹下里美:寮の部屋で6本をフェラ発射(ギジ?)。

風呂場に移動して3本を挿入。

膝をすりむく熱演ですが、美人教師というよりイジメられ系AV女優に見える。

立木ゆりあ:アナルのアップ多く、コー○ンも見えそうな薄消し。

バイブ3本同時3穴挿入あり。

服を着た教師の時より、挿入してガンガン突かれる時の方がキレイに見える。

沢木りい:メガネの顔が、フィギュアスケートの村○章枝? 着衣のままパンストを破り、パンティーずらして、バイブを挿入するシーンに萌える。

エッチも着衣で。

「カネ返せって?カネなんかないわよ。

あんたなんか死んだらいい」というキャラが受ける。

星名麗先生は、パイパン・マ○コ。

ローソク攻めあり。

田中亜弥:5人の中で一番教師らしく見える。

悪く言うと、一番AV女優から遠い、普通のおばさん風? スタイルも演技もおばさんっぽい。

15分と短い。

キャストと収録時間のバランスを

ここまできちんと脚本作られるなら、キャストと収録時間のバランスを真剣に考えて欲しい。

竹下さん:31分、立木さん:32分、沢木さん:19分、星名さん:21分、田中さん:15分。

立木、星名、田中さんの容姿が他の2人をどう見ても上回っていて、この時間はおかしい。

竹下さんなど服を脱がされ始める導入の場面で8分も使っており、120分で5人を出演させた時間配分とは思えない。

また、演技力が高い田中さんは、昏●状態に陥ったところをはめられており、導入部分の盛り上がりなし。

ただ、立木さんが素晴らしい、写パケのメインの女優であるが、写パケ通りやられ顔、泣き顔最高です。

色白で均整の取れた体つきに、ピンクの乳首やアナルが堪能できます。

アナルバイブ責めも十分時間取られています。

エンディングのアナルにペニスを挿入された時の絶叫は、素晴らしいの一言。

彼女のパートを見るだけの目的でも、レンタルの価値はあると思う。

単なる総集編じゃない

複数の女性が似たようなシチュエーションで犯●れていくので、ありがちなクライマックスシーンの寄せ集めを覚悟していました。

最後まで観終わった際に田中亜弥のナレーションで、事実が伝えられた際には「そうだったの!?」と素直に思えました。

彼女のナレーションは、さすがに他の女優と一線を画しますね。

本編はこちらから

アソコが熱くて困っております。 田中亜弥

アソコが熱くて困っております。 田中亜弥
本編はこちらから

かつての「現役女子アナ」の面影なし

髪の毛をかきむしりながら、白目をむいてイキまくりながら、「もっともっと」と男をむさぼる淫乱女。

女の貪欲さを見たい人には良品。

女子アナの品性を感じさせるものは何もない。

今もアナウンサー?

田中亜弥はキャラ的に「乱丸」の作風は似合っていないと思います。

しかし,オナニー潮吹き,激しいグッショショの電マオナニー,放尿,勃起チ○ポのむさぼりなど,変態チックなプレイを見事に演じきりましたね。

今は,アナウンサーの仕事はやっていないでしょうから,職業はAV女優でいいよ。

淫乱オ○ンコ,田中亜弥,抜けます。

本編はこちらから

未亡人中出し奴● 田中亜弥

未亡人中出し奴● 田中亜弥
本編はこちらから

想像を絶する切なさ

観終わると同時に圧倒的な切なさに包まれます。

それは、観ながら書き留めておいた辛口コメントが、全て雲散霧消してしまう程です。

何とかプラスの評価をしてあげたい。

そう思って、必死に探した答えが、“正常位で中出しされる際に、肘をついて上半身を支えたシーンが美しかった。

”でした。

AV初心者の方なら、あるいは楽しめるのかも知れません。

喪服を引き裂き、、、

喪服のスカートをまくり上げ、黒のパンストを引き裂きと、喪服フェチにはたまりません。

黒いパンティーを降ろすと、コー○ンをパックリ開かせ、ペロペロ。

嫌がる奥さんの口にぶち込み、舐めさせた後、挿入となるのが、43分から。

取り立てには3人で来たのに、カラミは1対1。

盛り上がりに欠けるかも。

前に手をついた立ちバックを下から撮るシーンで、愛液がポタっと落ちるのをお見逃しなく。

「ヤメテー」も「イクー」もなく、大人しくヤラレてるのは、演出でしょうが、裏目かも?1時間9分から4P。

「チ○コ好き」「チ○コが入ってるところ見せて」という女に変身。

となるのですが、そんなセリフがあるだけで、カラミには、たいした変化はなし。

最初から4Pで飛ばした方がよかったかも。

本編はこちらから

亡き夫の借金で辱められた未亡人 田中亜弥

亡き夫の借金で辱められた未亡人 田中亜弥
本編はこちらから

演技力が上がれば素晴らしいのですが・・・

医者や義弟などの設定は中々良いなあと思うのですが、棒読みに近い台詞がかなり低評価です。

色白黒髪で綺麗な女優さんなので、作品数をこなして演技力が付けば、いいなあと今後に期待します

夫の遺影の目の前で輪●される元女子アナの美人妻

女子アナ出身の美人女優「田中亜弥」主演のドラマ作品。

地方局の女子アナから一介の専業主婦となった27歳の若妻「亜弥」。

プロデューサーの夫を陰で甲斐甲斐しく支える亜弥嬢であったが、夫の体に癌が見つかって以降、生活は一変する。

未払いの医療費がかさみ、万策尽きた彼女は、中年の担当医に、自らの肉体を差し出す事で、愛する夫を救おうとする。

さらに、刑務所帰りの義弟に、医者との情事を目撃され、入浴中にそそり立ったイチモツをしゃぶらされる亜弥嬢。

その後、顔見知りの金貸しにまでレ●プされ、挙句の果てに、末期癌の夫はそのまま病死。

そして、遺影の前で債権者達に喪服姿で輪●されるという、実に「救いようのないエンディング」が待ち構えている。

すべてを観念した後の彼女の「冷たい微笑み」がなんとも妖しいモノがある。

本編はこちらから

狂おしき接吻と情交 新妻と義父 田中亜弥

狂おしき接吻と情交 新妻と義父 田中亜弥
本編はこちらから

美顔&スレンダーボディー

ムーディーズでAVデビューした田中亜弥が他のメーカーへ。

美顔&スレンダーボディーの彼女が,かなりハードなプレイも見せていまいしたが,この作品は,それ程ハードじゃありません。

口元をよだれまみれにしての接吻,凌●ぎみのファックなどありますが,田中亜弥には,もう少しハードなプレイを望みたい。

本編はこちらから

本物アナウンサー田中亜弥ベスト8時間

本物アナウンサー田中亜弥ベスト8時間
本編はこちらから

最強インテリ痴女のAVヒストリー

現役女子アナウンサーとしてムーディーズから華々しくAVデビューを飾った「田中亜弥」のベスト盤。

挿入ナシで話題を呼んだ衝撃のデビュー作から「真性中出し」までの全11作品27シーンの抜粋。

デビュー当初は、完全なる「話題先行型女優」であったが、その抜群のルックスと類まれなる淫乱さで、徐々に「インテリ痴女」としての地位を確立。

「元女子アナ」という肩書きにいっさいあぐらをかく事なく、コンスタントに痴女モノの名作を連発している。

その後、「クリス小澤」を筆頭に数名の女子アナ系AV女優がデビューしているが、正直、すべて「二匹目のドジョウ」の域を出なかった。

近年、鳴り物入りでAV転向した「現役社会人女優(アナウンサー・教師・受付嬢・看護士等)」の中では、もっとも成功した女優の一人といえる。

一番女子アナっぽい女優さん

女子アナものの中では、一番女子アナっぽい感あり。

マン毛はもの凄い剛毛だがモザイク処理が丁寧でおマンコもよく形がわかる。

ヌケます。

熟女ものが・・・

かなりオバサンチックな感じがします。

顔が整いすぎで抜けません。

若妻やられまくりの作品が彼女には似合っているとおもいました。

fuck時間が夫々長いので抜ける回数は多いが、悶えの質は低い

小柄で、インテリ女性にありがちな貧乳だが、手足が細長くバランスは良い。

顔立ちも整っているが、寧ろ自信に満ちた顔つきで、眼力がある。

出典は11作品から26シーンが収録されているが、手コキなどが多く、fuckは11回しかない。

実況中継に拘った作品が多く、性感に集中しないため、激しく悶えることは殆どない。

それでも、夫々のfuck時間が10分前後あるので何度も抜ける。

[11分]大島○[12分半]田淵○[15分]一条+イタリアン◎[8分]阿川◎[14分半]広瀬◎[13分半]田淵+汁隊[9分半]畑中(山田)[10分半]中沢+?○[9分半]?○[9分強]志良玉○[8分強]戸川○質が「非常に良い」訳じゃない。

また女子アナに恋してる

本物の女子アナウンサーというキャラクターをムーディーズは上手く活かしてますね。

話題性に甘えることなくしっかりエロい。

どんどんスケベにハマっていく過程が楽しめる。

とにかく知的な感じを出しながら、淫語を明るくハキハキと喋ってんのに興奮させられた。

ルックス ☆☆☆エロさ ☆☆☆☆喋り ☆☆☆☆☆女優の質 ☆☆☆☆企画&演出 ☆☆☆☆

いつも笑顔

笑顔で責めてくれるのが◎終始笑顔で撮影するAVを作ればいいのにと思うほど、笑顔の持つ癒しのパワーを感じさせられる。

特にカメラ目線で微笑みながらのフェラはエロい。

滑舌も抜群で、淫語をはっきり言うと、こんだけエロいんだなということが分かる。

体は小柄で華奢で貧乳なので絡みで見栄えするほうではないが、明るくSEXしていて好感が持てる。

浴衣姿で5人抜きをした花火大会のレポーター役のシーンが一番好き。

本編はこちらから

精子大好き!SEXとゴックン4時間

精子大好き!SEXとゴックン4時間
本編はこちらから

微量ゴックンでは抜けない

紅音はたると黒沢英理奈はゴックン無し。

出なかったり、出たら殆どこぼしたりと編集した人物の底知れぬ悪意に満ちた作品。

個人的には【水元ゆうな】のゴックンが見たかったな…。

本編はこちらから

本物アナウンサー鬼イカセ拘束 失禁中出しFUCK 田中亜弥

本物アナウンサー鬼イカセ拘束 失禁中出しFUCK 田中亜弥
本編はこちらから

拘束されてもマイクを離さないアナウンサー魂

女子アナ出身AV女優「田中亜弥」がエッチなニュースキャスターとなって巷で流行っている変態セックスの数々を体当たりで取材するという内容。

まずは、手錠をかけての拘束プレイ。

例え両手の自由を奪われても、手にはしっかりとマイクを持ってプレイの模様を自ら実況中継する辺りは、さすがといえる。

続いて、拘束椅子で完全に身動きひとつ取れなくなっても、「口の動き」だけは一向に止まらない亜弥嬢。

これだけ流暢かつ爽やかに「淫語」を話せるのは、AV界広しといえども彼女だけである。

その他、ローションプレイ、4P等でたっぷりと中出しFUCK。

どれだけ男優達に激しくイカされても、常にどっしりとした余裕のようなモノを漂わせている。

生中出しはイイね!失神するまで中出し!

身体から力が抜けた状態での彼女のイキっぷりが壮観。

何度もイキまくり、息が切れ、過呼吸になり、100分過ぎたぐらいになると、息も絶え絶え、朦朧とした状態で口からヨダレが出て、最後は顔が異常に高潮し、痙攣、半失神、白目を剥いて泡を吹く。

3人連続といわず50人ぐらい連続してっやってみたらよかったのに。

最大の欠点はモザイクが粗いところ。

今度の作品は?

いつになるのアナル解禁!!待ってますよ。

アナルでは、どんな表情と鳴き声するか楽しみです!

失神してイクたびに口からよだれがタラリ

・どのシーンでも、アナウンサーとして実況する余裕がないくらいに感じまくっている。

・最初の男優がはめていたコンドームを外して以降は、すべて絡みはナマ中出しの連続。

・目隠しプレイ~拘束椅子~4Pへとエスカレートする責めに感じ方もエスカレート。

・リモコンローターでビクビク感じながらフェラ。

口で受けたザーメンはゴックン飲み干してくれる。

・最後の4Pでは、本気で攻め立てる男優3人を前に余裕を完全喪失。

失神しても何度もイク姿を見せてくれる。

などなど見所満載の作品。

潮吹きばかりが目立つ最近のAVと一線を画す、大人の女性のエロさに溢れている。

専門職は長命

・ムーディーズの新作DVDの映像を使ったランキング番組形式のちょっと割安のナビゲーションディスクとか田中亜弥が、紹介作品の内容を追体験するような企画を入れてもいい大人のオモチャのCM、実演生CMもそれらしく作り込んで入れたり、○○ホテルの部屋の紹介、使用心地のレポート入れて、実際広告費もらったりストリップ劇場レポートのつもりが踊り子さん体験記に変更とか「○○○4時間」みたいなオムニバスや総集編でも彼女のナレーションを入れて再編集すればいいのでは

どうしても

モザイクの範囲が狭かった時の作品と比べてしまい、いまのヘアまで面積が広がったモザイクでは、せっかくボウボウに生え揃った陰毛が拝めないのが残念でなりません。

おなじみの実況されながらのHもそんなにイキまくるの?と冷めた感じで見てしまうし、何より最後のパートでは実況なしなのは面白み半減。

連続中だしも実況すればいいのに…

エロいアワビ

田中亜弥を拘束して徹底的にオ○ンコ攻め。

電マやバイブで潮を吹かせ,ファックで何度も中出し。

それにしても田中亜弥のオ○ンコは,モザイク越しでも興奮させられるドス黒くエロいアワビです。

アナウンサーの売りはわかるけど,マイク片手のファックは,見ていて飽きてきましたね。

相変わらずスレンダーボディーと,高い鼻がソソります。

本編はこちらから

本物アナウンサー田中亜弥の正しいSEX講座

本物アナウンサー田中亜弥の正しいSEX講座
本編はこちらから

だって全然わかんないもん

せっかく講義を受けたのにモザイク濃すぎて全然わかりませんでした。

受講料返せ!

学べるエロ

正しい性知識を学ぶ性教材ビデオ。

専門用語を使って、丁寧に説明する田中亜弥はアナウンサーだけあってスゴく喋り達者である。

堂々と進行する田中亜弥に対して、3人の生徒は緊張して遠慮がち。

騎乗位で膣内射精時の処理の仕方とか、真面目に性教育を指導するのが興奮要素だが、逆にエロさが消されてる部分でもある。

女性のための

HOWTOモノとして作ってるのか知らないが、実際、これを見る女性なんているのか疑問。

モザイク改悪で3年前くらい濃くなってるし、生徒役の人もルックス微妙。

田中亜弥が男性も乳首が感じるということをレクチャーしてるところはよかったです。

Hな講座のHな先生

率先垂範をいとわないHな先生がSEXについて指導する。

田中亜弥の持ち味がよく出ている。

恥ずかしくて脱ぐのをためらう生徒に対しても甘えを許さず、きっちり指導。

最後のシーンで、自分もはめられているのに3人の生徒それぞれを気遣う姿は一見の価値あり。

一方で、騎乗位を実演して説明するときのカメラアングルはひどい。

延々と腰まわりを映し出すのみ。

一生懸命に実演に励む先生の顔こそ見所と思う。

ノーマルな、設定ありの単体女優もの,

「真面目な性教育ビデオなので敏感に感じることができません」「声を押し殺して悶絶している四人」という感じは一切しなかった。

「SEX講座」に徹してとことんリアリティを出そうとするつもりはまったくなく、あくまで単体女優の女教師モノと同レベルの設定モノ。

本物の痴女

元女子アナの「田中亜弥」による「女性向けのセックス教材ビデオ」。

大まかに言えば、一般から選ばれた3人の女性参加者達と「実戦形式」でさまざまな「性知識」を学んでいくという内容。

本物のニュース現場で鍛えた亜弥嬢の確かなアナウンス技術と「あくまで真面目な性教育ビデオ」というスタンスが、この作品に「必要以上の性的興奮」を与えている。

自らのマ○コに深々とチ○ポを挿入しながら、番組上では、実に淡々と司会を進行する彼女。

「本物の痴女」とは、卑猥な顔つきでいかにもといった淫語を連発する女ではなく、まさに、亜弥嬢のように「まったく何事もないかのようにごくふつうにチ○ポを咥える女」の事である。

マジメはHow to ビデオ、なわけないじゃん!

マジな教則ビデオなわけないじゃん。

田中亜弥主演の企画物だっつうの。

田中亜弥の魅力はよく出ていると思う。

ただ、田中亜弥をもっと中心に撮るべきで、教則ビデオのリアリティなんか犠牲にしてもいいのに、それがちょっとわかってないかな。

本編はこちらから

挿入部ばかり集めました ハイパーデジタルモザイク4時間 36人4時間

挿入部ばかり集めました ハイパーデジタルモザイク4時間 36人4時間
本編はこちらから

つ、つ、都合いい  お、お、オカズです

ハメてる場面だけ編集してます。

美味しいところだけ召し上がれます。

イチオシでエロかったのは水嶋友穂でしょうか。

パイパン騎乗位アングル興奮ものだ。

あいだゆあはファックの魅せ方がエロ上手いんだよな。

早川瀬里奈はブラックメガチンポにズッコンバッコンと奥深くまで突かれて壊れちゃうとヨガりまくるの必見です。

峰なゆかのハメリアクションも見応えありです。

現役女教師の美花ゆりはハメられてる時にクリトリスを弄るのがスケベだよね。

女子アナの田中亜弥はファーストファックからイヤらしかったよな。

他に青姦が開放的な竹内あいとまりりん。

3P淫らな南條あみと歩原らいと。

それから水沢愛音と麗花と聖乃マリアと桜子と篠原もえと桜みみも美味しいオカズになりました。

そして春乃かすみと青木りんは中出しで決めてくれます。

あと美澄れなは手コキのサービスありです。

エグいシーン多い

挿入シーンを集めた総集編です。

シーンによって差がありますが、そそられるシーンが多いです。

特に、麗花ちゃんはエグかった。

エスワンのものの方が、編集いいですね。

すごいよ

挿入部ばっかりだから、下手な演技もあんまりきにならない。

声がいいねぇ。

女性の目から見て満点にちかい。

このシリーズ全部視ました。

このシリーズ借りれる分は皆見たことになります。

好きなタイプの女優さんに巡り会えるでしょう。

たた、モザイクには、不満が残ります。

これが繊細なものなら最高点あげます。

本編はこちらから

実名アナウンサー真性中出し 田中亜弥

実名アナウンサー真性中出し 田中亜弥
本編はこちらから

久々に

田中亜弥で抜ける作品登場。

短く刈り揃えられた陰毛はいただけないが、中出しされた精子を出そうと力んだときにひくつくシワの深いアナルや、痴女パートの男優への乳首責めそしてローターオナニーでは数珠のようにしたたり落ちる愛液、そして失禁と期待に答えてくれました。

恋人同士のパートで乳首いじりあった後に、絡みあいそして中出しされた濃厚なザーメン…満足。

良い

なかなか淫乱さが出ていてよいです。

惜しむらくはせっかくのアナ上がりなんだからもっと大きな声で鳴いて欲しかった。

あとハメながらのローター攻めは蛇足ですね。

真性淫乱女優

元女子アナAV女優「田中亜弥」の初中出し作品。

オープニングでサプライズ的に「生中出し」を告げられるが、別段「驚くでも嫌がるでもなく」淡々とファーストFUCKに突入する亜弥嬢。

さすがは、いつなにが起こるか分からないニュースの現場で日々鍛えられていた元女子アナといえる。

「知的なルックス」と「変態的な性欲」との恐ろしいまでのギャップは、本作でも健在である。

「初中出し」でも終始余裕の笑顔を見せる彼女。

アナルの横をゆっくりと流れていく一筋のザーメンがなんとも卑猥である。

自らマ○コを広げて、そこにたっぷりとザーメンをぶっかけるように指示する場面では、もはや「中出しの女王」といった風格すら漂っている。

中出しが真性かどうかはともかく、ひとつ言えるのは、この人の淫乱ぶりは、間違いなく「真性」という事である。

ネットリ女ざかりです

いつものニュースコーナーのシーンで、この番組もこれで終わりですというセリフがあった。

これで引退?アナウンサーらしい顔立ちと語り口の彼女がAVの世界から居なくなるのはさびしい。

ローターを使ってのオナニーシーンで、あそこから糸引きながら垂れ落ちる愛液に三十間近の女性の欲深さを感じた。

透明だけどやたらネットリ。

中出しは本当かどうかわからない。

だが演技としても、何人もの男優の中出しを受けて浮かべる恍惚の表情は二十歳前後の女優には見られない大人の色香。

ちょっとなあと思ったのは、オナニーでイクときに黄色いオシッコを漏らすところ。

潮吹きならまだしも黄色いのは匂ってきそうでいただけない。

見るとイライラしますよ。

なんだかなー。

もっと普通にSEXすることはできないんでしょうかね。

いかにもAV男優というゴミ男どもの下手絡み。

そういうとこ改善してくれないと、中出しだろうが何だろうが興奮はできませんよ。

ていうかその中出しにしても、作業になってるよね。

エロさ10分の1。

インテリマンコのファーストクリームパイ

田中亜弥の初中出し作品ということだが、今や真性中出しは誰でもヤッてるから特別な感じはしなかった。

デカチンマイクに向かってネットリとドラマティックな中出しを希望ということで、初生チンポ中出し→ペットと3P中出し→ラブラブ中出し→パーティーで実況4P中出しと、6シーン中4シーンで中出しファックを堪能してイク。

だけど女子アナ+中出しという興奮材料はあるけども演出が弱いんだよね。

だからイマイチ面白味が感じられなかった。

男優まかせの会話や絡みの見せ方もつまんないですね。

中出しシーンよりもむしろオナニーで糸を引くマン汁だったり、大量失禁の方がエロいと思った。

イケます!

前に書かれたレビューの内容に好意的なものが多かったのはちょっと意外でしたが、私もこの作品には大変満足しており、彼女のルックスが好みでないという方以外であれば、自信を持ってオススメできます。

エロDVDはかくあるべし的、充実した内容です。

抜けました

初見の女優さんだったが、ネットで調べると本物の元アナウンサーだったことに今更ながら驚いた。

SODなどが嘘の職業をでっちあげた作品を乱発してる中で、さすがムーディーズだと感心。

中出しも真性だと思われ、特に実況しながらの4Pは興奮した。

傑作と呼ぶに値する作品。

なんだか抜ける

どちらかというとむちむち好きな私は、この女優は敬遠していました。

鑑賞してみますと、たいへん大人の色気を感じさせる女優だと思いました。

1回目のからみの明るい表情から、だんだん感じていく表情の変化がなんだか抜けます。

アナウンサーイコール実況という短絡的でない、作品作りに好感が持てました。

元アナウンサーというバックグラウンドがよりエロさを感じさせる作品ではないでしょうか。

真性中出し

今やアナウンサーじゃない?田中亜弥に真性中出し。

鼻スジが通った美顔&スレンダーボディーが魅力的で,モザイク越しにわかる,使い込んだグロすぎるオ○ンコ。

そんな黒アワビをガン突きし,中出ししたザーメンがしたたり落ちます。

また,亜弥のフェラも抜けます。

極太をシゴくテク,トリプルフェラなど,エロエロです。

Bカップばんざい

顔が美人顔でスタイルも細くて絡みもエロくて良かったこのBカップの身体も有りと思う
本編はこちらから

現役アナウンサー夢のSEX共演SPECIAL 田中亜弥 クリス小澤

現役アナウンサー夢のSEX共演SPECIAL 田中亜弥 クリス小澤
本編はこちらから

現役アナウンサー?

今や現役アナウンサーじゃない田中亜弥とクリス小澤の競演作。

どちらもイイ女です。

二人で1本のチ○コをフェラし合ったり,マンズリ合ったり,口内発射したザーメンをネバスペ&ゴックンしたりとエロエロなシーンが多くあります。

ヤッているところを実況されるって,どんな感じなんでしょうか?二人とも素晴らしいフェラテクしています。

女子アナのHな共演

新人キャスターのクリス小澤は、流暢な英語と片言の日本語を交えた喋りをして、日本語の発音は変な感じなので笑えてしまい、妙なテンションなのも面白おかしいです。

そしてエロに積極的で反応が良く、感じると涙を流しセックスも激しい。

舐めテクも見事だ。

そんなクリスに負けず劣らず田中亜弥のエロさも際だつ存在で、2人の相性と掛け合いも良い感じですね。

見所として、それぞれのセックスを実況し合うコーナーがあって、喋りは田中亜弥が断然に上手く、淫語の引き出し巧みにピンポイントにエロい状況を伝えているのはさすが。

あと報道ステーションのW痴女シーンが興奮もので、田中亜弥のケツ蹴りナイスです。

大不満

亜弥ファンなのだが・・・ちょっと今回は不満。

クリス小澤が何というのか ウザイ。

変な英語発音で萎えてしまう。

これなら キンパツ外人さんでも使えば良かったのでは??なんて思う亜弥ファンです。

AV界一の仕切りを見せる「実力派MC女優」

アナウンサー出身のAV女優「田中亜弥」「クリス小澤」の二人による初コラボレーション作品。

TV業界の先輩でなおかつAV業界の先輩でもある「ベテランアナ」の亜弥嬢が四ヶ国語を操る「国際派アナ」のクリス嬢を巧みにリードしていく形でストーリーは展開する。

「キャスター」「レポーター」「インタビュアー」「主演女優」という実に様々な役割を器用にこなしつつ、初対面のAV女優を自由自在にコントロールする田中亜弥の溢れんばかりの才能がまさに「フル回転」している一本である。

彼女の「MC女優(司会進行のできるAV女優)」としての実力はもっと高く評価されてしかるべき。

ニュース番組を模したシチュエーションも彼女達ならでは。

「元女子アナ」という二人のキャラクターが存分に発揮された名作である。

本編はこちらから

超人気女優のパイパンSEX4時間

超人気女優のパイパンSEX4時間
本編はこちらから

田中亜弥は出演していません

パッケージを見た段階で気が付かず作品を観てしまいました。

これはDMMのミスなんでしょうね。

困ったものです。

パイパン好きな方ではないと、この作品は楽しめないですね。

私はちょっと飽きました。

本編はこちらから

実名アナウンサー田中亜弥の露出・フェラチオ・羞恥SEX

実名アナウンサー田中亜弥の露出・フェラチオ・羞恥SEX
本編はこちらから

野外露出

田中亜弥の野外露出もの。

車内や,露天風呂で,フェラ&ファック。

私好みの微乳を露出させ,青空の下,騎乗位ファックするシーン,素晴らしいテクを見せる美顔のフェラなどが抜けます。

露出?

露出と言うテーマで買いましたが、肝心の露出が今一それは露出と言うのかって感じでした。

確かに露天風呂ではエッチしてますが風呂は誰でも裸でしょう。

しかしこの映像は彼女の小悪魔的映像や綺麗な肌が見ごたえありました。

それだけが救いかな。

モジモジ恥ずかしがる田中亜弥

自分は「S」だから攻められるのはどうかなと挑発的なトークで1泊2日のハメ撮りドライブツアーに出発。

ところが当初の自信はすぐに消えうせ、屋外露出や青姦に恥ずかしがる様子はなかなか新鮮。

男優に何を命じられても「エーッ」とかなんとか言って、モジモジ。

これまでの作品でみせていた大胆さを思い浮かべると別人のよう。

これが彼女の素?もうすぐ30歳の生意気OLと初めてのお泊り旅行にでかけた気分を味わえる。

露出にしては

露出にしては、山の何もない所や、あとは旅館の中で撮ってるのがほとんどなので露出を期待して見たらがっかり。

田中亜弥のプライベート温泉旅行

露出モノとして評価すると正直しんどいレベルです。

これが限界なのか?海山公秀監督の展開力はヌルい。

はっきり言って中途半端でユルい作品なんだよね。

露出は人に見られるかもしれないリスクを楽しまなきゃダメだよ。

守りに入ったら負けだよ。

理性を壊して過激にハジケてこそ露出の醍醐味が味わえる。

もっと野生になって欲しかったですね。

だがしかしユルいんだけどしっかりエロいんだよね。

さらにつまらないけど面白いんだよね。

それは女子アナという魔力と、田中亜弥という女優としての魅力があるからなのだ。

山でスカート脱いで手コキ→温泉でヌルヌル素股→部屋でねっとりプチ凌●ハメ撮り→車内でフェラ→露天風呂でファックと展開し、恥ずかしがる素の表情が見所です。

出来れば女子アナを生かした展開も用意しといて欲しかったですね。

個人的には、破廉恥な格好をして露出体験レポートとか、街行くカップルにHなインタビューなどが見たかった。

本編はこちらから

M男イカセ絶頂31発!! 田中亜弥

M男イカセ絶頂31発!! 田中亜弥
本編はこちらから

バカ作品

カメラ目線で会話をするのはやめてくれないか馬鹿にしか見えない。

くだらない作品やつまらない作品はよく見るが馬鹿作品はあまりない

「M男相手」に性欲が空回り

タイトルは「M男イカセ」という事だが、「淫語」「剃毛」「ぶっかけ」「放尿」「乱交」といった非常に盛り沢山の内容。

「詰め込みすぎ」という感は否めないが、女子アナウンサー田中亜弥の「ド変態ぶり」を知るには、格好の作品である。

「元女子アナ」というイメージで見ると、そのあまりの「セックス大好きぶり」に驚愕。

もっとも、今回は「M男相手」という事で、彼女の性欲が一方的に空回りしている印象がある。

M男が5人もいると、逆に、セックスがまったく盛り上がらない。

M男=キモ男優

ハゲ・デブ・メガネと様々なキモ男優が登場し、亜弥さんと戯れます。

パイパン作品の後だからか、自慢の剛毛も芝生のような状態で違和感ありますね。

男優の剃毛とか首輪つけて引きずり回すとか求めてないし…特に主観パートが皆無なのはいただけない。

製作者側がSという部分を勘違いしちゃった痛い作品。

女痴アナ

田中亜弥が痴女になってM男をイカセる。

さすがに女子アナだけあって喋りが達者だし、カメラへの視線の投げかけとか上手く効かせますね。

田中亜弥はパーツだと足フェチを虜にする美脚に引きつけられるものがある。

その美脚を駆使した踏みつけ&足コキ責めがMツボを刺激するアングルがイヤらしかった。

それからM男のアナルを弄りながらの手コキだったり、顔面ビンタやボディパンチ攻撃にオシッコぶっかけだったり、M男を寝転がせての騎乗位責めだったりと、どのコーナーもエロいポイントを押さえてあって抜けたな。

出来ればもっとえげつない責めのパターンがあっても良かったけど。

報道の使命

テーラードのタイトスーツにパンプス履かせりゃ女子アナの一丁上がり!ってな企画物が乱発された時期がありましたけど亜弥さんは別格、本物ですね。

確かに独特の性癖もあるんだけど、亜弥さんがあの滑舌で本当にお伝えしたいのは現場主義だと思うんですよ。

大変な事になってしまっている状況をありのまま皆様に「お伝え」せずにはいられない体当たり精神。

それこそ『ジャーナリスト魂』じゃないのか。

尊いなあ、亜弥さん。

昨今の女子アナが忘れてしまった精神をこんなところで発揮しているなんて。

有名人と玉の輿に乗る事しか考えてない女子アホには亜弥さんのマソカスを湯煎で飲ませてやりたい。

おかしなブームにならなきゃ間違いなく局アナになってたんだろうなあ。

熱くなっちゃいましたが本作お薦めです。

ドSやな~

ドSの雰囲気を見事に醸し出しています。

綺麗なお姉さんに苛められたい願望を持っている人にはオススメだと思います。

最後の大乱交SEXが激しい

M男がワンサカ出てくるのが難点。

彼女の放尿を顔に受けて喜ぶM男は不気味である。

それでも本作最後の「大乱交SEX」はなかなかの出来。

5人の男を仰向けに寝かせて騎乗位で順々にはめるが、待ちきれない男同士で「早くしろよ」といらだった声が飛び交う様子から現場の熱気が伝わってくる。

一人とりわけ太い男性がいたみたいで、「あなたの本当に太い」と漏らす声がなんとも艶っぽい。

幼児体型

顔はお姉さんで体は子供といった印象。

淫乱系だとは思うが、体が貧弱に見えるのがマイナスだ。

女優をデビューさせるに際し、芸能人他のプロフィールや専属だとかで盛り上げるメーカーの手法が目立つが、内容を見ると特に期待するほどでもなかった物が多い。

この手法、もうそれで踊らされるユーザーも少ないだろう。

綺麗なスレンダー美女

綺麗なスレンダー美女,田中亜弥が淫語を連発し,イカせまくります。

手コキ,足コキ,顔面騎乗,アナル責め,複数のチ○コに取り囲まれて,連続フェラ。

M字開脚しての小便ブッカケまで披露します。

騎乗位ファック,3P,4Pの乱交で,亜弥のオ○ンコも満足した?たくさんのチ○コをイカし,あり余る性欲を解消出来たかな?
本編はこちらから

ドリームウーマン DREAM WOMAN VOL.61 田中亜弥

ドリームウーマン DREAM WOMAN VOL.61 田中亜弥
本編はこちらから

待ってました

彼女のぶっかけを待ってました。

内容は普通ですが、なんかいいです。

「飲む」に出でほしいです。

きれいでしたが

アナウンサーの役でマイクを持ちながらはいいかも。

も少し、ごっくんして、味の感想とか言っていただけると良かったのかな?

いまいち

確かに、ザーメンの量・ぶっかけ回数ともに多かった。

田中亜弥のザーメン映えする表情も良く撮れていたと思う、しかしゴックンの量が少なすぎる。

もう少し大量のゴックンが見たかった。

女子アナ系では上質

アナウンスを聞いてみれば「元女子アナ」はうそではないみたい。

かじった程度かもしれないけど。

女子アナ系のAVでは割と出来の良い作品。

やはり、「ジャンル:女子アナ」リアルであることに意味がある。

アナウンサー、リポーター。

特に、リポートはどこにでもいそうな地方タレント役を演じれている。

経験がないと出せない香りが風味豊かに香りたってる。

ただ、言葉遣いは終始敬語で通してほしかった。

実際のニュース番組等では、視聴者を見下すナレーションではない。

常に女子アナは視聴者・現場のマスコット的役割を負うべき立場だと思う。

ラストのハイライトを観ていると、なんだか愛着が沸いてきたのはボクだけ?・・・

想像以上

想像以上によかった。

元アナウンサーの看板に頼らないプレイ内容で、フェラはいやらしく、ザーメンも笑顔で大量に浴びまくり。

お決まりのアナウンサーのシチュエーションも興奮度を高めてくれる。

ここまでやってくれたら、年齢が高めなので早いうちによりハードな内容へ挑戦してくれることを期待。

大量ぶっかけ

田中亜弥に大量ぶっかけ。

100発以上のぶっかけだけど,顔射より口内発射の方が良かったです。

大口を開け,舌を突き出すAV女優魂に,超興奮!!フェラテク良し,美顔のぶっかけは最高です。

アナウンサーらしさを満喫

ザーメンものはあまり見ないが彼女のファンだから購入。

よかったです。

実況中継風でマイクを最後まで離さずリポートしてくれるのがいい。

顔がザーメンでどろどろになるだけでなく、下の口も相当にトロトロ。

いつも以上に濡れていて糸を引いていた。

大勢の男に囲まれて興奮状態に陥っていたのか声も少し上ずっていたように思う。

ザーメンをもっとごっくんしてくれたらなお良かった。

えろいな~。

綺麗なお姉さん系です。

大量ぶっかけには驚きました。

ぶっかけ好きにはたまらないかも。

抜ける作品です!!

汁男は、濃厚で大量のザーメンを出す。

田中亜弥はそれを口あるいは顔でしっかり受け止める。

そして、しっかりザーメンをカメラに見せてゴックンする。

これなんですよ極ゴックン...。

それがこの作品にはあります。

レビューするのも忘れて画面に見入ってしまいました。

このような作品は、レビューを見るより、作品を見るに限ります。

百聞は一見にしかずです。

ブッカケ新境地。

何人もの男たちのザーメンを大量に浴びながらも、明るいレポートを心がけ努める亜弥さん。

口の中いっぱいのザーメンを含み喋るのも困難な状況でも「あったかい」「これは大量れすね」とか性格の良さが表れています。

美しいブッカケシーンはバックで挿入されながらかけられる所と、浴衣姿でのブッカケでした。

(貧乳だから着衣SEXがこの子は良いかも)

ビミョ~!

一番最初の口内発射でザーメンが喉に直撃して涙目でむせるシーンが自分の中でのハイライトですね。

SEX中のぶっかけでは、ザーメンが口の中に入らないように口を閉じたり、口の中に入ったザーメンをすぐに吐き出そうとする姿にかなり萎えました。

やっぱり、口の中に入ったザーメンは、全部飲んでもらわないとって感じですね。

こちら爆発寸前であります

いやぁ、これはまいった!ほんとに突撃レポーターだよ。

ヌキどころ満載であります。

ファンなら

彼女のことがファンなら、絶対見たほうが良いです。

きれいなお姉さんが、ぶっ掛けられるのが好きな人にもおすすめです。

チ○ポ握ってマイクも握って

MOODYZの大量ぶっかけ企画「ドリームウーマン」の「田中亜弥編」。

女子アナウンサーがAVの撮影現場を訪ねて、ぶっかけの体験リポートをするといったベタな内容。

相変わらずの「女子アナ路線」であるが、この人の場合は、ずーっとこのキャラでもいいような気がする。

ハメられてる最中もマイクを握って「セルフリポート」を欠かさないあたりは、さすが「元女子アナ」である。

ぶっかけ中も「ちゃんと顔にかけて!」「次はだれ?」「早くちょーだい」と余裕の表情。

ザーメンを口からしたたらせながら笑顔でニュース原稿を読み続ける姿に、田中亜弥の「天性のド変態ぶり」がうかがえる。

「あっぱれ」の一言。

本編はこちらから

最高のオナニーのために 田中亜弥

最高のオナニーのために 田中亜弥
本編はこちらから

いろんなシーンてんこ盛り

少し盛りだくさん過ぎる。

全体で3時間半もあるのに、どのシーンも盛り上がりに欠けるまま終了。

場面が切り替わるごとにアナウンサー・田中亜弥が紹介リポートをしてくれるが、なんだかあっさり目。

せっかくの彼女の持ち味をいかしきれてないのが惜しい。

前作でパイパンにしたところがそれなりに毛が生え揃ってきているところに彼女のたくましい生命力を感じた。

AVアナウンサー

すっかりAV女優の仕事が板についてきた田中亜弥。

フェラ,手コキなど,カメラ目線で,淫語を交えてプレイします。

イケイケお姉さん系のフェイス,スレンダーボディーは,私好みです。

もてるテクの限りを尽くしてチ○コを料理します。

使い込んでいそうなオ○ンコは,エロいです。

福山○治もご愛用と噂のTENGAの御用意を

アナウンサーレポーター編とプライベート編の2通りの楽しみ方が出来ます。

巧みに淫話術を使いオナるユーザーのチンコと会話する視点なのが嬉しい。

お喋りもおしゃぶりもイヤらしいです。

手コキ、フェラ、パンツ食い込みとフェチ要素濃くヌカセる。

フライトアテンダントやナースやエステティシャンとコスプレでも楽しませてくれます。

ビジネス淫語でのスケベなレポートも必見ですが、プライベート淫語で魅せるエロさもたまんないです。

あなたの汚いところを舐めてあげるでの舐め淫語の使い方が絶妙にツボを刺激する変態チックな汚臭フェチぶりがナイスです。

赤ちゃんプレイでは亜弥ママが赤ちゃん言葉でチンポをあやしてくれるでちゅよ。

3時間30分ノンストップでシコりまっしょい。

変態アナウンサーの「さわやか淫語」

「実名アナウンサー」という彼女の肩書きをフルに活かせる好企画。

このシリーズに出演させるためにわざわざMOODYZからデビューさせたとも思えるくらいだ。

「チ○ポ」という言葉をこれほど美しくかつ完璧に「言い切れる」人は、AV界広しといえども「田中亜弥」くらいである。

特にオープニングの「チ○ポレポート」における「ムダに的確」な表現の数々は、アナウンサー時代に培ったスキルと経験のなせる技。

少なくとも「ビジネス口調で淫語を話す」というのは、今まで、ありそうでなかったジャンル。

「さわやか淫語」とでも言うべきか。

淫語のさわやかさとチ○ポをくわえている表情のギャップがなんとも言えないモノがある。

熟女系の「こってり淫語」に飽きた人にとっては非常に新鮮。

「世界3大チ○ポ」としっかり言えました。

はっきり言って身体は貧相、プレイも幼稚な田中亜弥。

本当にアナウンサーなのかどうかは知りませんが、こういう企画・スチュエーションでなければAV界には残れません。

見所はやはり世界3大チ○ポの一人との格闘でしょう、世界3大チ○ポというほどではないと思いますが、かなり立派な一物を皆さんにレポートしてくれます。

表情は可愛いし、声も良いので結構楽しく楽しめます。

オナニーも出来ますよ。

私も彼女に自分のチ○ポをレポートしてもらいたいです。

好みの問題。

この女優さんは演技も上手いしエロい雰囲気はあるのに、なんか好きになれない。

演技の上手さ(後天的エロさ)とカラダ(先天的エロさ)のバランスがあれなのかも。

実況はいい

噂の田中亜弥サンの作品をはじめて見ました。

さすがに声はいいですね。

マイクを持って実況しながらのプレイは、なかなかでした。

ただ、なんというか、いったん服を脱いでしまうと、もう普通の、中の上くらいの、AV嬢になってしまうんですね。

シワの目立つ目元に、ペタンコの胸。

盛り上がりのない平板なプレイ。

やっぱこのヒトは喋らせてなんぼですかね。

本編はこちらから

実名アナウンサーパイパンハイパーデジタルモザイク 田中亜弥

実名アナウンサーパイパンハイパーデジタルモザイク 田中亜弥
本編はこちらから

「これこそがマ○コですよ」

おそらく、「田中亜弥」は、カメラのまえで世界で初めて「パイパン」になった女子アナウンサーである。

自分のマン毛が次々と剃られていく様子を本人自ら「完全実況生中継」。

このシーンだけでも十分に抜ける。

パイパンチェックでは、惜しげもなくツルツルになったマ○コを披露。

その際に彼女が言い放った「これこそがマ○コですよ」というセリフは、AV史に残る名言である。

その後は「パイパン」を活かした「マ○コづくし」のオンパレード。

透明な食い込み棒にパイパンマ○コをこすりつけるシーンでは、モザイク越しにもマ○コのビラビラが躍動しているのがはっきりと分かる。

田中亜弥の作品の中では、文句ナシの「傑作」である。

げっぷが出るほど「女子アナのマ○コ」を堪能できる。

アナウンサー

実名でAVに出演したアナウンサー,田中亜弥。

今も,アナウンサーの仕事はやっているんでしょうか?剃毛を実況し,パイパンオ○ンコの抜き差しを実況します。

さわりたくなる,ぷっくりしたオ○ンコしています。

あと,クリが異常に勃起している?ケバめのお顔の反し,以外とファックでの喘ぎ声が,可愛いです。

バイブ責めにも,可愛い声を出して喘ぎます。

フェラも乳首もエロいし,抜けます,田中亜弥。

あとは,生ファック&生中出し,大量ザーメン,大量ごっくん。

まだまだメニューはありますぞ。

毛剃りを実況中継

アナウンサーとして一流だったかどうかは分からない。

だが「アナウンサー 田中亜弥」として突撃リポートに臨む気構えはプロ意識によるものと言えなくもない。

女性の毛剃りというものを初めて見た。

複雑な形状ゆえ最後に男性の手を借りるのはご愛嬌。

パイパンになってからの絡みは気持ちが高ぶっているからか、これまでと感じ方が違うとリポートされる。

絡みの合い間にニュースキャスターとして登場するときのアナウンサー口調と読み上げる原稿の中身がなんともアンマッチ。

日常では決して見られない状況を実現できるのは彼女ならでは。

パイパン効果抜群!

パイパン効果で、抜き差しがかなりアップしてるので、めちゃエロイ作品になってます。

美人でもないし、貧乳でスタイルも良くないです。

女子アナの肩書きがなければ、スルーした作品です。

そろそろ潮時?

段々展開がバカらしくなっていてアナウンサーという肩書きはどうしたんだろうと疑問に思わざるをえない パイパンで抜き差しがはっきり見えるのはいいけどそれ以外にはあまり変化のない作品だ そろそろ潮時か?

パイパンってクセになるんだよね

田中亜弥が剃毛して無毛アナに!パイパンだから抜き差しスッキリ。

しかもハイモザ仕様で接写アングルを多用しているのでエロさ20%UPでパイパンに制覇させた。

剃毛で露わになっていくプルプルの亜弥マンが美味しそうだ。

初パイパンFUCKでは男優もパイパンなので見映え良かった。

このパイパン男優はプロ意識があっていい仕事するなとプチ感心。

くい込みフェチを虜にするであろう、生まれ変わったらスケルトンくい込み棒になりたいと思わせる亜弥のくい込み無毛マン肉の淫動ぶりに歴史を感じたのと、世界からの放尿でのゴールドスプラッシュはもっとレインボーして欲しかっが、パイパンを引き立てる際どいパンティとか知的な淫話術に磨きが掛かってスケベだね。

そういえばジャパネットタナカで紹介していた自動オナニーマシンを注文しなきゃ。

だまれよ。なあ。

だからー、男しゃべるなって。

これアナウンサーのしゃべりとセットで楽しむっつう企画だろ?じゃまなゴミ音入れるなよ。

と、永遠に改善されないであろうAV的センスの悪さにつっこんでもしょうがないんだが。

もういい加減こういう脱力感にも飽きてきたな。

AV見るのよすか。

絶対300回抜ける

実名アナウンサ  田中亜弥の  実況中継パイパンから垂れ流しの 白汁まん汁で抜けるーーーーーーーー_ーーー

リアル女子アナに萌える

確かに美人でないし、肌も衰えている。

可哀想なほど胸も小さい。

でもこのしゃべり方はリアルな女子アナ。

しかも実名。

他の女子アナAVとは一線を画している。

美人でないところもリアルでよい。

カメラ目線でアナウンサー口調でケツ穴丸出しで毛を剃られるところは、まぬけで萌える。

やはり普通の絡みはおもしろくないが、最初のアナウンサー口調で実況しながら段々本気になっていく絡みがとてもよかった。

価値なし

単にクローズアップするだけで、別に内容があるわけでもない。

女優さん自身、アナウンサーであることだけがウリで別にこれという美しさも愛らしさもない。

これ見てウケている人の気持ちもよくわかりません。

この系統の作品は女優さんは誰でもいいし、これに登場したからと言って、その後長続きするとも思われません。

エロさ抜群!

以前に見た合沢萌のパイパンモノもエロかったが、本作は何気なく淫語(パイパンマ●コ)連発することがエロさを増している。

FUCKシーンも多くアングルも良好で、剃毛実況や放尿もまたエロい。

本編はこちらから

実名アナウンサー レ●プ 輪● 田中亜弥

実名アナウンサー レ●プ 輪● 田中亜弥
本編はこちらから

演技はもう少し

6話短編集の感じです。

輪●はそのうち2話です。

他はレ●プなどの話ですが、嫌がっている感じがもう少しあればな~。

悲しき性

整形とは思いつつ、台詞が棒読みとは分かりつつ、実名アナと言うタイトルに見てしまう悲しい男の性があります。

過去3作よりは過激ですが女優さんは相変わらずです(笑)

もっと「キャラ」の作り込みを

現役アナウンサー「田中亜弥」がAVデビュー4作目にして「輪●レ●プ」にチャレンジ。

もちろん、彼女が演じる役は、「現役女子アナウンサー」である。

「女子アナ+レ●プ」という設定自体は良かったが、オープニングからあっさりと事務所社長にレ●プされる等、「ストーリーもへったくれもない」のが非常に残念。

「高嶺の花」としての「女子アナ」をしっかりと描きこんでから満を持してレ●プされるのではなく、とにかく、出てきた瞬間にどのシーンでも「即レ●プ」である。

彼女が「本物の現役アナウンサー」という事実を考えると、非常にもったいない作品である。

アナウンサー

田中亜弥は,何本のAV契約をしているんでしょうか?頭を押さえつけられての強●フェラ,激ピストン,大量顔射と,ハードなプレイを見せています。

気が強そうな女を輪●するのは,興奮します。

しかも,涙まで見せるなんて!!

涙雨慕情

ついに4作目まで来てしまいました。

凄い人気シリーズに成った本作はレ●プ輪●ですが、これが、意外と好いです。

嫌な女と思っていた田中亜弥ちゃん、タカビー女が姦られ涙に曇る顔がそそりますね、やはり涙は女を美しく変えます。

作品紹介は自社製品の中だけ作戦、にも拘らずこれだけ売れてしまうのはネットの普及と男の妄想、それとも、性!?
本編はこちらから

アナウンサーハイパーデジタルモザイク 田中亜弥

アナウンサーハイパーデジタルモザイク 田中亜弥
本編はこちらから

ん~~・・・なんだろ

ん~~・・・なんだろ。

なんか普通に見えた。

TV番組で見たことあるって人なら「すごいこと」なんだろうけど。

「見たことない」・「知らない」って人なら普通のAVとしてみる方がいいかも。

当たるも八卦

実物の映像を見るまでモザイクの濃さが定かでないこのシリーズ。

今作はどうかと言うと、ズバリ外れです。

ハイデジシリーズは購入前に他の人のレビューを見てからにした方がいいかも・・・。

今作を含めた過去3作の中で最もデキが良く、ハイデジ向きの接写映像がフンダンに盛り込まれてはいるんですが、肝心のモザイクがこの濃さでは、もどかしさを感じるだけで、どうしようもありません。

今作で打ち止めなのか、次回作があるのかは不明ですが、アナウンサーネタとしては出尽くした感があるので、次回作があったとしても多分見ないでしょう。

「おちんちん大好き」スケベな女子アナに興奮しMAX

?初ハイモザFUCK ?エロフェラ2連続ザーメン摂取 ?マン汁大洪水絶頂3P?小悪魔淫乱FUCK ?W手コキ&足コキ ?連続絶頂4Pエロさ増した女子アナの淫壺をハイモザで。

????本番4シーンいっぱいハメられ大満足!チンコがマンコにズボズボ挿入する様子。

チンコに絡み付くマンビラとマン汁がエロい。

チンコを美味しそうにしゃぶるフェラやカメラ目線がいい感じ。

痴女演じる???がハマりで?の笑顔ビンタ責めチンコヒール踏みマンコ舐めさせ腰フリ&パンチラショットがMツボ刺激。

?のローターオナでの失禁も見所で、FUCKシーンじっくり接写アングル効果的で抜きポイント多め。

もう立派なAV女子アナだよ。

途切れ途切れだったH実況はもっと徹底した方が良かったかも。

美人・・・

そう整形美人。

明らかに典型的な整形顔。

でも美人は美人だね。

カメラ目線だけどなんか愛が感じられない。

ロボット的な作られた感じ方してる。

顔も感じ方も「整形」だね。

アナウンサー

アナウンサー,田中亜弥の3作め。

エロフェラ2連続ザーメン顔射,3Pでの上下2穴ファックが良い。

タテ長の鼻の穴がエロツボを刺激します。

マン汁ジュワのオ○ンコ描写も良く,貧乳を見せてのM字開脚3P騎乗位,まずまず抜けます。

さて,次回作は,どこまでヤッてくれるのか楽しみです。

普通になった

普通のセックスになってしまった アナウンサーはどこ? ザーメン受けはなかなか良いけど如何せん体が全然色気なし 4Pがウリなんだろうけどどんどん魅力が無くなっていく感じがする。

4本同時フェラの迫力はまずまず

4本同時フェラの中で、軽々と2本を同時に口の中におさめてしまうシーンは、さすが淫乱アナウンサーという感じであった。

ファックから濃厚な口内発射のシーンは、前半のチャプターの中にあったが、足りない。

ぜひ、大量のザーメンごっくん+飲尿を希望する。

楽しそうだが…

パッケージもサンプルも見れなくては検討の仕様がなかったのですが、メーカーの方針転換か、見られるようになりよかったです。

職歴は問いません。

AV女優として見ると、あっけらかんとしたキャラはいいし、見られること、オチンチンも大好きだという彼女。

が、楽しそうにやってるわりには、声の出し方が控えめで、淫乱女優のそれには少し足りない印象です。

可能性は感じた

表情やあっけらかんとした性格が大いに魅力あり。

声もアナウンサーを謳っているだけに、いい感じでした。

今後出演作品数が増えてくれば、いい女優になるのではないかと期待できました。

とりあえずのアナウンサーもの

「ハイパーデジタルモザイク」というアバウトなタイトルが示すように「極小モザイク」という売り以外に、特にこれといったテーマもない作品。

田中亜弥が「いつものアナウンサー」キャラで「いつものようにFUCK」する。

それでもW手コキや4Pに挑戦する等、「本番すらなかった」デビュー作に比べると、だいぶハードになってきている。

決して悪い作品ではないが、内容的には、次回までの「本数稼ぎ」といった程度。

今回に限って言えば、別に「アナウンサー」という設定にしなくてもよかったのではないか。

なんというか

いぶし銀俳優とのカラミに始まり3P・4Pと、まったく自分のツボにはまらない展開にがっかり。

もっとプライベートでの痴女ぶりを披露して欲しいのだが・・・そういうシリーズがこのメーカーにはないので無理なんだろうね。

本編はこちらから

現役アナウンサー初本番 田中亜弥

現役アナウンサー初本番 田中亜弥
本編はこちらから

それなりに

パケ写もなしサンプル映像もなし。

さらにレビューも評価がまちまち。

それで価格が割高とあっては購入に迷ってしまう。

パケ写の表示があったので(美形度はまあまあだと思って)USEDのネット通販で購入。

SEX2回に顔騎もあり、アングルも悪くない。

TVスタジオでの本番という企画は少なくもないが、本職だから一般女優よりも興奮度はある。

貧乳が嫌いでなければそこそこ見ごたえあるが、この価格で同じジャンルのものを立て続けに発売すれば飽きがくるだろう。

ハキハキレポート

ハキハキと本番行為にチャレンジと宣言 気持ちよかったと大島を評価 なかなか知的な感じできれいな田中亜弥 アナウンサーものとしてはちょっとわざとらしい部分もあるが合格点 今度は3Pやレ●プものに挑戦してほしい

綺麗なお姉さん2

一本目はお預けだった本番を披露します。

男優とのエッチに興味津々といったご様子。

きっと今までも体で仕事を取ってきたタイプとかって想像。

何か特徴がないと。。。

アナウンサーというブランドって?キー局のメジャーな女子アナならともかく。

たいして可愛くも綺麗でもなくエロくもなく。

肌が白いなぁ程度の印象しか残らなかった。

乳首舐めがよい

アナウンサーらしい喋りと、背後からの乳首舐めがいやらしくて良い。

次回に期待

カラミは意外と普通。

でもプライベートではもっと淫語連発してるそうなので次回作はその辺お願いしたい。

見所はオナニーシーンかな。

手入れの行き届いていない卑猥な陰毛の間から、愛液がたら~っと出てくるところなどは、その辺の人気女優にはまねできないところでしょう。

次回ハイパーデジモでジックリ拝ませてもらいます。

本当!?

今度は初本番、この顔と身体は好みが分かれますが出たら凄いですね。

エロニュースが良い

今風の美人ではないが根っからのスケベそうな顔がそそる元現役アナ田中さん。

全体的に見てデビュー作より断然良かったです。

最初の大島とのカラミ、黒の網パンストがセクシー、騎乗位では乳首を自ら舐めにいく積極ぶり。

次からは淫語連発のニュースキャスターに(この設定が良く出来ていた)。

生徒を手コキで●す体験レポ、女医に扮した再現VTRでの顔騎も良かったですが最高だったのはスタジオでのバイブオナニー。

カメラに飛び散るおもらしシーンは抜けます。

ラストはAD君を誘惑ファック。

現役アナウンサー

ジャケトを表示せず,サンプルもなし。

シークレットにする意味って何?さぞ豪華版と思いきや,ごく普通にセックスしています,田中亜弥。

こんなんじゃ満足しません。

もっと凄いプレイをしてほしいな。

網目のマイクでマンズリして性感を高め,アナル&オ○ンコ同時挿入。

10発以上の中出し,放尿,浴尿,大量ゴックン。

お堅い女性

体つきも引き締まり、雰囲気からも女性らしさというより男っぽい印象を感じます。

だけどそれが、アナウンサーという厳しい世界で激しい競争に勝ち残ってきた結果で、色々ともまれて競争社会を必死に勝ち抜いてきたという雰囲気をその男っぽさから感じます。

アナウンサーというある種のエリートさがリアルに伝わってくると思いました。

女性っぽい色っぽさとは無縁ですが、アナウンサーというシチュエーションを楽しみたい、という人には他の女優さんとは一味違うものになっていて楽しめると思います。

設定が重要

1作目のサンプルが思ったより良かったので2作目にチャレンジ。

前半は平凡。

やはりからみで攻められると普通の女の子になってしまいます。

見所は後半。

ニューススタジオでバイブ使用、再現VTRの女医、公開SEXと徐々ににエロくなります。

結局のところ、アナウンサーという設定でどこまで押し切れるかでしょう。

お天気お姉さんが登場して複数プレイとか、逆に女の子から責められたりすると面白いかも。

通常の値段なら次回作以降も検討しますが、今の値段のままだと少し微妙、というのが正直な感想です。

ブサっ

麻生香や美波さらの作品の方がよほど楽しめた。

ルックスも男顔を連想させるような面がありイマイチ。

個人的にはもう興味を持つことはないだろう。

三作目があったら多分見ないと思う

結構正攻法な作品。

むしろ、そうじゃないほうがこの人のよさを引き出せるたのでは?と思う。

(けど荒井さんの「乱交」よりはいいけどね)

威風堂々

デビュー作の余裕っぷりそのままにはじめての本番の作品だった。

AV初セックスだというのになんと言う余裕か。

終始カメラ目線で本番中の口数も多い。

決して我を忘れて乱れることもなくそれでもしっかりとフィニッシュまで持っていく。

本番そのものよりも「おち○ぽ」をハキハキした大きな声で連呼したことの方がより大きなインパクトを残した。

デビュー作が衝撃的すぎて・・

今作では普通にセックスしています。

今回もプレイの合間に現役アナウンサーということを生かしたシーンをいくつか挟んでいますが、個人的には前作で見飽きた感があってほとんど早送りでとばしました。

顔は上品な感じですが、ちょっと年齢高めで貧乳のスレンダー体型なので、AV女優としては可もなく不可もなくと言う感じです。

実質的に引退作となりそうなので、記念に1本という感覚で買う分にはいいかと思います。

エロいおねえさ~ん?

気品が高く、キャリアウーマンな感じの美人さんです。

無論 好みはありますが・・・・そんな感じで男を誘惑するところがたまりません。

気品が高いがエロイ・・・そんな感じが好きな人におすすめです。

 物足りなさといえば 男優が軟弱で ハードさにかける点がいまいちかな。

 次回は激ピストンで いきまくる田中亜弥に期待!

現役アナウンサーの堂々たるフェラチオとセックス

「現役アナウンサーのAV転向」ということでネットでも大きな話題を呼んだ「田中亜弥」のAVデビュー第2弾。

前作では一通りのプレイはあったモノのあくまで「本番ナシ」であったが、本作では、ついに「現役アナウンサーのマ○コ」に男優のチ○ポが挿入される。

前作の続きで見たユーザーにとっては、まさに「待望の瞬間」である。

オープニングのインタビューで、いかにもアナウンサーらしいキビキビとした口調で淡々と「フェラチオを語る」姿は、なんとも「シュール」の一言。

プライベートでも「大のセックス好き」を公言する天性のド変態。

カメラ目線を意識した堂々たるフェラチオは、とてもデビュー2作目(本番1作目)の新人とは思えないモノがある。

本番においても自らリードする場面が目立つ等、その「大物ぶり」が随所にうかがえる。

なんだか

整形美人ぽくない?もうすぐ胸にも詰め物しそうな感じがするんだけど。

エロくないな。

お付き合いはここまで…

前回のデビュー作品で整形疑惑(個人的に)を持った彼女だが、今回初本番を迎えそれを払拭できる程の「いやらしさ」を見せる事が出来るのか? まぁまぁでした…。

私としては3度目はもういいかなってカンジ。

穴アナふぇち

前作では、田中亜弥さん自身と、痴女を演じているパートが(章毎に分かれているが)分離している様で、感情移入の途中でぶち切られたような感じをうけたが、今作では自然に移行している。

開脚してアソコを見せてイジる行為は定番にしてほしい。

アナウンサー田中亜弥がAV撮影現場で色々な事を体験するという構成は続けてもらいたい。

ただ、(作品の中では)あくまでAV業界の外の人間という立ち位置は守って欲しい(ここだけは演技力を発揮して!)コーナーとしてはまたまだネタはあると思います。

例えば・乱交パーティ潜入レポート/インタビューした後、イヤイヤながら巻き込まれる・日本の古典芸能/花電車/バナナ切り、吹き矢、台車引きなどのレポート&体験・匠に聞く/縄師○○さん/撮影現場レポートから、実際に体験・経済/おとなの玩具の営業○○さん/新製品のイチオシ&体験レポート2 最後は全裸でなくスカート”だけ”着けてくれればフェチ度upしたのに

初本番第一声は「あっ入っちゃった」

◇◇シーン別評価◇◇AV初本番           ☆☆☆☆☆フェラ手コキ体験レポート  ☆☆☆☆新型バイブでオナニー    ☆☆☆☆顔騎&足コキ         ☆☆☆☆今週の公開SEX       ☆☆☆☆☆女子アナがHしてると興奮度20%増量。

女子アナを上手くいかしたシチュエーションを用意。

緊張の初本番はアナウンサーらしくトーク交えて。

実はワキ舐めフェチ?M男翻弄する演技、言葉テク、騎乗位の腰の動きがエロく根っからのスケベっぷりを披露。

淫語ベラベラ堂々としたもので、気持ちいいポイントを指示したり痴女っぷりがハマっていた。

バイブオナシーンは、バイブがオマンコに入った時のマン汁の滴りとイク時のアナルひくひく潮噴射カメラ直撃。

まんまとムーディーズの売り戦略にハメられ個人的には満足イク出来だったかな。

デビュー作の伏線は?

デビュー作のインタビュー場面で話していた経験談を2作目で再現するのかと期待していたんですが、まとめて撮ったのか、まったくそんな場面はありませんでした。

これからの作品でぜひ実現してほしいです。

トイレでの弄び、非常階段のプレイ、軽くSな貼り付け?など、たくさん話していましたよね。

絡みの場面で、意識的なのかわからないけど、たまにカメラ目線で実況するのはとても良い。

それから、妙に派手な下着が多いような気がします。

もっとリアルに地味な、普段いかにも使っているようなものも期待しています。

2作目ではあるが。

前回の作品はカラミが一切なかったので今回を1作目と考えるならば、無難にまとめた感じはします。

オナニーで軽くお漏らしするあたりはなんとなく良かった。

ほかの絡みはいたってオーソドックス。

自分的には次回作で今後の展開を決めたいと思います。

???あんた誰?

現役アナウンサーって…?、オレが知らないだけかも…。

まあその部分はおいておき、本題のSEXですがm一応中出し10回くらいでやることはやってんだろうけど…。

満足できてないです、オレ。

普通

今回は本番があるのに、なぜかデビュー作のほうがeroticな感じである。

本編はこちらから

現役アナウンサー衝撃!!実名AVデビュー 田中亜弥

現役アナウンサー衝撃!!実名AVデビュー 田中亜弥
本編はこちらから

まあまあ

SEXのシーンが無いのは残念でしたがマ○コのUpのシーンは良かったかなと思います。

たまにはこういうのもいいかな

某メーカーの芸能人デビューシリーズのように中途半端な内容に終始するのではないかという不安を抱えながら見てみましたが、意外に良いデキだったと思います。

前半は本職のアナウンサーとして実況するという体で全く脱がないシーンが続きますが、中盤で某メーカーの芸能人デビューシリーズでは絶対にしないような股間アップ映像が延々と続くシーンがあり、そこら辺くらいから一気にAVらしくなってきます。

女優自体の年齢は少々高めの印象ですが、基本的に上品な顔なので、顔射シーンなんかを見ると、現役アナウンサーがここまでするのかと思ってかなり興奮度が上がってきます。

確かにセックスはしてませんが、最後のシーンで「次の作品ではセックスをする」的なセリフがあって、素股でフィニッシュしています。

次回作のリリースが本当にあるのかどうかはかなり怪しくなっているので、ある意味永久保存版になるかもしれません。

お願いムーディーズ

とても女優の素材がよく、これ一作で彼女のAV女優人生に幕が下ろされるのは、多くの男性にとって悲劇である。

皆が続編を楽しみにしている。

何が原因でこういう事態になったのかわからないが、粘り強い交渉か、契約事項を盾に、今後も彼女の作品を見続けたいものである。

これはこれでアリです!

確かに「現役女子アナ」という肩書きがあってのものではある。

でも、その特性を目一杯生かした構成になっていて、Hがなくても魅せることは出来るんだなあ、と認識させられた作品。

他人のHを、臆するとこなくリポートするところもいいし、H前哨戦?のフェラシーンでは、なかなかなところも見せてくれる。

かえって、次回作でH解禁となった時の方が、ごまかし効かないので、コケないように願いたいもんです。

良かった!

セックスが大好きなのだろう。

前半のインタビューなんか無茶苦茶楽しそうだし、聡明で飾らない人柄に好感。

山場は、最初のリポートと次の大画面大開脚羞恥プレイ。

人前であそこを晒すことに興奮して、最初から勃起しまくり汁でまくりでも口調だけアナウンサーなのに興奮。

後半、アンアン言い始めてからは、最初だから仕方ないにしても下手糞な演技で平凡な出来(他のAV嬢もそうだが・・)。

AV出演を趣味と実益を兼ねて楽しんだ様子で、見ていて幸せな気分になれる。

ファンになりました。

アナ

カラミのないAV、結構多いんだよね。

芸能人ものなんかにも。

ハード路線にどの程度踏み込めるかな。

実名と言っても所詮アナウンサー名が芸名でしょ

現役アナウンサーと言っても所詮フリー、元局アナとか言うんならインパクト有るけどTV業界からAV業界に移籍しただけの事、現役TVレポーター美波さらが当たったので、2匹目のどじょう?顔は好みじゃないけど、一般的にはシュッとした美人?でも今のAVのお嬢さんたち18~9歳でデビューして28歳なんてとっくに引退しちゃってるよ、歳の割にはまだ、あそこの色は綺麗な方だけどでもやっぱり顔あまりアップにいない方が良いと思う、レンタル出てから見ても遅くないんじゃない?

デビュー作にしては。

これはこれでよかったと思います。

レンタルが無いのでどのような作品かと思っていたらはめ撮りはないのですが、フェラあり全裸なめあり手扱きあり等なかなか私好みの仕上がりになっていました。

この作品以降からみ等に続いていくわけですが最初に見ておくと次に進みやすいかも知れません。

普通

お堅い職業、まじめなイメージだからこそ、より、エロく、ヌケる作品だ。

顔の好みがあえば

声はいいが、顔はイマイチ。

年くってます。

パッケージを見て顔が気に入れば、見て損はないと思います。

本番はありません。

シチュエーションで抜く

女教師とかハマリそうだけれど他の女優で出来ることは後回しにして、まずは「アナウンサー」を最大限活かして特化して欲しい。

体験入店、風俗レポ、玩具使用感比較、縛り体験等お願いします。

HなNEWSの原稿読みも説得力がでるのでは?とにかく喋り倒して欲しい。

3章までの「新人」「AV初体験」の流れが、4章で途切れたのがちょい残念。

「痴女」設定でお願いします~という監督指示があり、本読みがあり、とドキュメンタリーぽくするのもアリでは。番組のコーナーという扱いで、各chapter前にパラダイスTVのように、上半身(だけ)裸で、指し棒持って、「次は、初めてのオナニーのコーナーです」とボードを指すカットが入ってもよかった。

そんな暇は無いだろうが、全編に監督と本人のコメンタリー音声を被せるというのはどうでしょう?chapter2はツボ、今後、事後毎回CHECKで。

21世紀のローバー美々として期待しています。

微妙な感じ

正直、内容も顔も女子アナという肩書きがなければふざけんなという物ですが、この先の作品に期待したいです。

顔が思ったよりも老けていたのにはショックでした。

もうすこし若いと思っていた。

年齢が年齢だけにいくら肩書き付きとはいえ、もったいぶっていく作戦は反対です。

オナニーシーンは、セックス実況をした後に、そのままの流れでやって欲しかった。

流れを切る必要は無かったと思う。

もっとアナ的な部分とプレーを結合させていくべき。

それしかないんだから。

次回作で本番するらしいけど、単なるセックスシーンだけだと顔が顔だけにイマイチな結果になると思う。

整形?

何だろう、ぎこちない表情と人間離れした目鼻立ちが整形に見えてしょうがない。

エロさは認めるが、アナ出身というプレミア感がなければエッチも無いし駄作にもならない。

逆に2作目が気になる…不思議。

ツマンナイの一言

コメントも必要ないです。

とにかく、すぐ飽きました。

もういいって感じです

オナニーしながら潮吹く

アナウンサーのしゃべりとオナニーしながら潮を吹いたのはよかった。

この人の作品はいくつか見たがオナニーで潮吹いたのはこれだけだった。

今更なぜ隠す?

ムーディーズの特設サイトも閉鎖になって次はナシってことだね。

自分的には・・・

もう少し恥じらいを見せてほしかったです。

とても最初の作品には見えなかったです。

あと、さすがにアソコも年齢相応って感じでビラビラが萎えました。

イマイチ

アナウンサーなんて珍しいと思ったけど、珍しいだけでそれほどいいものではない。

そんなに過激なこともしないし。

本番無し

言うこと無いです。

確かに衝撃だわ。

145分損した。

スマタがラストとは・・・

おもろない!

おもろないやん!SEXしろよ!フェラだけじゃこの業界生き抜けないよ!次回はSEXするって?引っ張りやがったな!その根性が気に食わん!

は?

本番なしなのにAVじゃないし。

なんだこれ…女優も現役アナかもしれないけど…こんなやつ知らん。

迷走もいいとこだ。

本番なしの「寸止め感」がかえって最高

「現役女子アナウンサーのAV転向」ということで、発売前から話題沸騰だった「田中亜弥(本名)」のAVデビュー作。

「セックスシーンはない」と堂々と断っているにも関わらず、これだけ売れたデビュー作というのも異例中の異例である。

もっとも、その「寸止め加減」がへたに「本番解禁」するよりも絶妙のエロを生み出している。

キビキビとしたアナウンサー口調で男優のチ○ポを事細かにレポートするシーンはかつてない卑猥さ。

初オナニーでマ○コ&アナルを解禁した後は、フェラチオからたっぷりとザーメンをぶっかけられる。

続いて、手コキ&電マ責め。

ラストは、挿入なしの初からみでいよいよ「全裸」を披露する。

「挿入」こそないが、その代わり、素股でマ○コをこれでもかとチ○ポに擦りつけており、かえって、視覚的には本番シーンよりも抜ける。

次に期待できるという意味でも、「有名人のAVデビュー作」としては理想的な作品。

衝撃度は文句なし

自ら男責めがしたくてAVへ来たと豪語するだけあって男を責める表情や淫語は最高です。

特にフェラ抜きの顔騎シーンは抜けます。

2作目が待ち遠しいですね。

なんもない

本番やらないAVて流行なの?次回作は本番やるみたいだけどわずかしかやらないんだろうね。

小出しにしていくのがメーカーの戦略みたいけど買い手としては迷惑やね。

監督の青木さんはどうせハメどりするんでしょうね。

味わうんやろうね。

新人女優の体を。

いい女なのかな?

タイトルに引かれてみたが、好みの女性ではなく苦戦!?プレイも・・本番無し、他も使いづらい。

次作以降は見ないかな。

どスケベ

僕には完全にヒットでした!硬そうな職業、そして硬そうな顔をしてどスケベです!!次回からが楽しみです!

フリーあな

アナウンサーのブースターはさておき、まぁ結構エロいですわ。

次は気になりますが、これはこれでよかった。

アナウンサー力は高い、でも私はこの人を知らない…結局何本出てどこまでやるんだろう?

・・・。

中途半端・・・。

どうせなら着エロっぽい感じでよかったのでは?と思う。

実名でAVデビュー

現役アナウンサーが実名でAVデビュー。

実名って事は,本名!!田中亜弥,もちろん美顔で,エッチ好きそうなお顔しています。

マン毛がびっしりの卑猥なオ○ンコしています。

しかも,かなり使い込んでいそうな黒さです。

フェラテクも良し,舌上発射したザーメンを味わいます。

素股の腰使いは,風俗嬢みたいです。

3作品めが未だに出ない荒井美恵子みたいにならないように。

2作目は,3P,4Pありのザーメンまみれの,かなりハード作みたいです。

問題なし!

セックスシーンがなくても、擬似を隠している作品より公明正大で正々堂々としていて好感がもてます。

発売中のものに収録されている紹介映像を見る限り、なかなかの仕上がりではないでしょうか。

とはいえ、次回作ではHありでお願いします。

本物ならではのしゃべり

本物のアナウンサーがAVに出演ってことで、パッケージのTV出演番組からも期待大。

果たして、インタビューシーンからじっくり見ちゃいました。

普通だったら早送りですが、その活舌の良さに本物さを実感し、否が応でも高まる期待。

のっけからの現場レポートシーンは、べたではあるが楽しさ満点。

その後の局部観察を冷静にこなす所は、あまりの冷静さにエッチ度↓しかし、男をなぶるなど痴女っぷりは天性の素質が窺われた。

最後は素股でフィニッシュ。

極貧乳だが、女子アナだから許しちゃう。

ムーディーズ!

SODみたいなことするなら、インパクト、内容共にはるかに凌いでこそムーディーズだろうに。

知的なルックスが良い

内容が過激でなくて良い。

むちゃくちゃやれば良いというものでは無いので、こういうビデオが増えればと思う。

知的なルックスと雰囲気でAVに出るギャップが最高だ。

十分~

Hがないため満点ではないけど69に顔射は十分エロい。

今度が楽しみ。

現役アナ

の肩書きがなければ多分見なかったと思うが、インテリ系なルックスなのに初体験がレ●プとか、体験人数20人で男を責めるのが好きとか・・・見ていてエロイ発言が連発!あそこもアダルトな感じでインテリとのギャップが卑猥。

しかもすごく濡れやすいとか。

今後が楽しみです。

綺麗なお姉さん

ずっと気になっていたので、観てみた。

淡々とお仕事をこなすのはさすがプロといったところ?本番は無いけど、今まで培ったフェラテクが観れます。

ひさかたぶりの

ヒットかもしれない。

まだまだちょこっとしか見せてくれないけど素材の良さを感じる。

これからに期待がもてそうだ。

2作目まではみるでしょう

やっぱ「現役アナ」という肩書きがあったから見た作品。

基本的に責め側にまわりたいという彼女の希望から、彼女が痴女っぽく手コキや素股をするところがメイン。

自分のこのみでいうと、彼女の素の、ナマの快楽にもだえる表情が見れなかったと言う点が減点ポイント。

本番がないって最初からかいてたから、SODの同系統作品にくらべるとかなりマシかと。

本編はこちらから