【安達メイ】最後まで寝たままです – 超真面目な後輩女子社員と出張先、まさかの相部屋に!!緊張で眠れない僕とは逆に熟睡する後輩。だけど寝像が悪過ぎて胸やパンツが丸見え!そんなだらしない姿にソソられ思わず勃起!恐る恐る体を触ると寝たまま感じだして、チ○ポを入れても拒まない!

女子○生のお漏らし顔面騎乗 男の顔面を使ってオナニーするドスケベ女子○生たち 5時間スペシャル

女子○生のお漏らし顔面騎乗 男の顔面を使ってオナニーするドスケベ女子○生たち 5時間スペシャル
本編はこちらから

意外と飽きない

顔面騎乗ばかりで飽きるかと思ったが色んなパンツ、言葉責めで飽きずに見れました。

臭いに関する発言は興奮します。

本編はこちらから

主観見せ付け淫語レズ バーチャル唾液マン汁塗り付け

主観見せ付け淫語レズ バーチャル唾液マン汁塗り付け
本編はこちらから

ガッツリ

レンズ舐めファンですが、アクリル板でも許容範囲です。

しかし、刺激が強すぎて、見れば見るほど体調を崩してしまいました。

wベロもそうですが、レンタルしてからDVDを所有したくなりました。

シリーズ化を期待しています。

女優のレベルも低いしね

カメラを男の視線ということにしてのレズだけどプレイはカメラに気を使いカメラが撮りやすいようにプレイしてるから本気度でイマイチ。

これなら主観とか関係なしに2人だけの世界にしたほうがいい。

主観なら相手はカメラじゃなく本当の男を見学させればいい。

そうすれば違和感もなくなるのにね。

本編はこちらから

機械姦暴行

機械姦暴行
本編はこちらから

機械姦エロゲ的なクオリティを求めてはいけない

エロゲによくあるシチュをAVでやるのは挑戦的でいいのですが、やはり予算的に厳しい物があるのでしょう。

裏返したオナホをアルミテープでパイプに固定しているなど、手作り感満載の機械達と悪の魔法使いの使者という設定が噛み合っておらず結果的にイマイチ…という感想にしかなりませんでした。

ハリウッド並の予算と特殊効果や機械製作のプロがスタッフに加わればきっと満足できるものが作れるのでしょうが、難しいですよね…あ、でもエロ車輪はよくできてたと思います。

あの上に女優さん固定して1日放置してみるのとか見てみたいです。

機械姦の描写はいいけど

徹底してほとんど人を出さず、機械姦の名に恥じぬ描写は素晴らしかったが、敵役の声にエコーがかかりすぎてほとんど聞き取れず余計な雑音になってしまっている。

正直邪魔。

あと食べ物を使うのはいただけない。

唯一のマイナス点は騒音

他の方々のコメント通り、機械責めだけの作品は貴重かな?変な設定が無くてもよい感じがする。

男が何喋ってるか分からないし、時間の無駄。

台詞とエコーとBGMで騒音でしかない。

それ以外は作品の内容が理解できれば不満は無いかと思う。

すばらしい

男優が登場しないで、機械がひたすら責める・・なかなかのものである。

ぜひ続編を作ってほしい。

一方、いろいろな責めのパターンがあるのは良いが、その分考えすぎて、逆に単調に見えてしまうような感じもする。

もう少し過激な責めを加えるとか・・バラエティを持たせたらもっと良いと思うが。

次に期待

AVとエロアニメとGIGA作品の融合の様な作品で、素晴らしいです。

こんだけ出演者が多い割には、設定やストーリーも、設けるとこは拘りを感じるただ、ちょっと雑なところがあるので、個々の設定の紹介があったり、女の子同士の関係性など入れ、それぞれの女の子が機械姦暴行された結果、どうなったのか?など詳細をもうちょい入れて欲しかった。

墜ち具合も分りづらかったので、女の子によっては、快楽墜ちしまくって、乱れまくる人とか居ても良かったかも・・・・

コンセプトが素晴らしい

まず一番に男優との絡みがないことタイトルの機械姦のとおり無機質な、時に動きがぎこちない笑、感じの責めに興奮します私も是非シリーズ化を期待します

こういうのを待ってました

拷問台に拘束してひたすら無機的な機械に責められるというシチュエーションがいい。

特に二人目の大の字拘束での低周波器?と乳首吸引?ファッキングマシン?電マと吸引器での陰核責めが良く、あとの女優でもやってほしかった。

男出演と本番シーンなしで女優多数出演の長時間収録もグッド。

ギ○が得意とする分野だが、喘ぐ反応の女優を確保し、拘束方法をSFっぽく(縄や鎖でなく)工夫してぜひシリーズ化してほしい。

本編はこちらから

DID 誘拐・監禁・着衣緊縛・猿轡 拘束され絶望するヒロインたち2

DID 誘拐・監禁・着衣緊縛・猿轡 拘束され絶望するヒロインたち2
本編はこちらから

タイトルに偽りはないけれど…

裸も無いし、性的なイタズラをする場面もない。

只々縛って、猿轡噛ませて、拘束するだけの作品です。

そういう趣味の人でなければ全く楽しめません。

シリーズ化

祝シリーズ化。

コンセプトは星5ですが内容はまだ稚拙ですね。

これではただのコスプレ緊縛大会。

あと如何にもな演技は逆に萎えます。

本編はこちらから

媚薬痴●電車

媚薬痴●電車
本編はこちらから

個人的には名作の部類

こういったドキュメンタリー風の痴●モノが好きなので個人的には大好きな作品です。

なのにシリーズ化されていないところをみると一般的には需要が限定的なのか…?残念
本編はこちらから

同級生に強●援交させられた僕 同じクラスの女子(ギャル系)から急にトイレに呼び出され、ブラやパンツを見せられキスをされた僕はソソられて勃起してしまいました!なんでこんな事に!?と思っていたら、「小遣いくれよ!」と言われ財布の中身を盗られてしまい…

同級生に強●援交させられた僕 同じクラスの女子(ギャル系)から急にトイレに呼び出され、ブラやパンツを見せられキスをされた僕はソソられて勃起してしまいました!なんでこんな事に!?と思っていたら、「小遣いくれよ!」と言われ財布の中身を盗られてしまい…
本編はこちらから

全員尻射。

2人目、エメラルドグリーンの下着の安達メイ目当てに購入。

個室に入ってのプレイだったのでちょっと狭そう。

立ちバック、片足立ちバックあり。

内容は全員似たような感じ。

全員尻射。

ええの

さなちゃんが1番よかった!小悪魔的な感じですごくぬけました!

最後の女優は変えろ!

それなりに可愛く、下着もえろくていいけど、最後のギャルはちょっと濃すぎる。

あの髪で興奮できるのだろうか?モンスターを抱いてるようで萎える。

あと、言葉責めのS要素が濃いので、弱めのM男なら合うんじゃないでしょうか。

メイちゃん

安達メイちゃん♪が可愛い演技ルックス声全て最高です!

最高

女の子はみんなかわいいです。

それよりなによりこの設定が抜けます。

自分もお金払うからトイレでこれしてほしいです。

個人的には一人目が一番かわいいと思います。

本編はこちらから

残業中の僕は、何も知らず精子好き女子社員に勃起薬入りのお茶を飲まされた!!痛いほど勃起してしまった僕のチ○コを有無を言わさずなめてくれる「おおっと待ってくれよ」と言ったが…

残業中の僕は、何も知らず精子好き女子社員に勃起薬入りのお茶を飲まされた!!痛いほど勃起してしまった僕のチ○コを有無を言わさずなめてくれる「おおっと待ってくれよ」と言ったが…
本編はこちらから

安達メイ

3人目の安達メイ目当てに購入。

小柄な美巨乳。

はじめはフェラ抜き口内発射。

出された精子を手に取りもう一度味わう。

2回目は立ちバックから口内発射。

「精子飲みたい」と言って自らしゃがむ。

出された精子を手に取りもう一度味わう。

「もっと出るんじゃない?」と一言。

本編はこちらから

パンチラ見てたら挑発オナニーしてきたエロ女たち 5

パンチラ見てたら挑発オナニーしてきたエロ女たち 5
本編はこちらから

イマイチ

愛液で濡れはするけど、おっぱい出さないしパンツの上からいじるだけだし,タイプの女性少なくて物足りない感じ
本編はこちらから

JKお漏らし顔騎 2

JKお漏らし顔騎 2
本編はこちらから

〇です。

この手の作品が好きな人なら満足できます。

全体的にみんな可愛いです。

本編はこちらから

東京で一人暮らしの叔父さんの家に田舎から親戚の娘たちが「一晩泊めて」とソソる格好で次々訪ねてきた。ただでさえ女日照りなのに、風呂上がり無警戒な格好の若い女にもう我慢の限界!冗談半分で勃起チ○ポを見せてみたら…

東京で一人暮らしの叔父さんの家に田舎から親戚の娘たちが「一晩泊めて」とソソる格好で次々訪ねてきた。ただでさえ女日照りなのに、風呂上がり無警戒な格好の若い女にもう我慢の限界!冗談半分で勃起チ○ポを見せてみたら…
本編はこちらから

安達メイだけ真性本番

逢沢るるを目当てに見てみましたが、疑似でした・・・。

このレーベルはちょくちょく疑似を入れてきます。

森保さなは初めてみましたがけっこう可愛いですね。

おしゃぶりも積極的です。

他の作品を当たってみようと思います。

突出した逢沢るる、安定の森保さな

一人暮らしの叔父さんと三人の姪っ子たちによる近〇相姦ドラマ。

主人公は、都内で寂しい独身生活を送っている冴えない中年サラリーマン「ヨウイチ」。

ある日、地方在住の姪っ子「サナ(森保さな)」がTV番組の観覧のために上京してくる。

ホテル代わりに自宅マンションを一晩提供させられた彼であったが、かわいい姪っ子の頼みとあっては断れるはずもない。

無防備なサナは風呂上がりにバスタオル一枚でソファーに寝そべると、夢中でスマホをいじり始める。

バスタオルの隙間から見える少女の割れ目。

辛抱たまらなくなったヨウイチが「あからさまに」パンツの上からチ○ポをこすり始めると、それを察した彼女がまさかのフ〇ラチオ承諾。

すっかり理性を失ったエロオヤジは、全裸の姪っ子を本能のままにハメまくる。

別の日、サナから話を聞いた次なる姪っ子「メイ(安達メイ)」が都内のライブに参加するためにヨウイチのマンションへ。

サナと同じくバスタオル一枚で寝転がっている無警戒なメイ。

期待に股間を膨らますヨウイチに「サナから聞いてるよ」とあっさりセックスOKの彼女。

そして、ついに本命の姪っ子「ルル(逢沢るる)」登場。

春から都内で暮らすため物件探しにやって来たという彼女。

田舎に帰る前にヨウイチの家に一泊。

サナ&メイと違ってGカップの巨乳を持つルルは、豊満な胸の谷間で叔父さんを誘惑。

すっかり図々しくなったヨウイチは、堂々とチ○ポをしごいて「早くハメようぜ」と言わんばかりのアピール。

もちろん、初めからそのつもりのルルはおっぱい揺れまくりの豪快なセックスで応える。

さすがに人気単体女優の逢沢るるが突出した魅力(エロス)を放っているが、見事な小悪魔ぶりを見せてくれた森保さなの卓越した演技力も光っている。

よしよし

ルルちゃんとさなちゃん目当てだったのですごくありがたい!抜けます!
本編はこちらから

超真面目な後輩女子社員と出張先、まさかの相部屋に!!緊張で眠れない僕とは逆に熟睡する後輩。だけど寝像が悪過ぎて胸やパンツが丸見え!そんなだらしない姿にソソられ思わず勃起!恐る恐る体を触ると寝たまま感じだして、チ○ポを入れても拒まない!

超真面目な後輩女子社員と出張先、まさかの相部屋に!!緊張で眠れない僕とは逆に熟睡する後輩。だけど寝像が悪過ぎて胸やパンツが丸見え!そんなだらしない姿にソソられ思わず勃起!恐る恐る体を触ると寝たまま感じだして、チ○ポを入れても拒まない!
本編はこちらから

最後まで寝たままです

手違いでまさかの相部屋・・・。

妄想掻き立てるこの設定、アパッチ、ハンター、アキノリ、ゴールデンタイム、スクープと多くのレーベルが作品出しております。

誘導部はほとんど女優さんが寝相が悪く、男優に絡んでいくパターンですが、本作では、寝相が悪い女優さんを起こすでもなく、寝たままいじって、フェ○して、挿入し、果てて、男優も寝るというパターンの3本立て。

3人の女優さんはお堅い女子社員の役の割には寝相が悪く、ヤられますが寝たままですので反応もありません。

これまでレビューがなかったのでちょっと不安でしたが、面白いと感じる方は少ないかもしれません。

本編はこちらから

夏休みスクスク育ち盛りいとこ日誌 〜無防備な仕草と無邪気な誘惑で僕の脳みそ発射寸前〜 安達メイ

夏休みスクスク育ち盛りいとこ日誌 〜無防備な仕草と無邪気な誘惑で僕の脳みそ発射寸前〜 安達メイ
本編はこちらから

安達メイさんの演技が自然で素晴らしい!!

これまで無垢の「絨毯を掴んでイキまくる~」とミニマムの「担任に呼ばれて~」の二作品を購入。

いずれもただ黙々とイジられ、責められるだけだったので、この作品の安達メイさんの演技力にびっくりしました。

とても自然に「夏休みの無防備ないとこ」を好演していらっしゃいます。

思わず作品世界に入り込んでしまいました。

AVという点に主眼を置けば、①全裸でゲーム、寝ている所をいじり初H。

腹上発射。

②風呂で手コキフェ○射。

③浴衣からの中出しH。

という流れです。

残念な点は最後の本番が部屋の照明のせいか画面が真っ黄色で見づらいことと、陰毛を処理してしまっている点です。

いくら設定とは言え、剃り跡見え見えのロリ扱いは好きではありません。

それと彼女の魅力はおっぱいにあると思いますが、そこが全く活かされていない点をマイナスとしました。

ぜひ彼女の黒髪、陰毛ありの奉仕的中出しおっぱいモノを作って下さい。

ジェブナイル

ラストがなんというか胸が締め付けられるような単なるエーブイとするのは惜しいというか正統な青春ラブストーリーのよう

ちょっと残念

内容はロリ系なんですが、女優さんのアソコの剃り残しやロリとしてはかなり黒くなってしまったアソコがかなり残念でした。

凄く良い

この手の作品にありがちな男優の顔のモザイクもなくて一本の映画を見た様なホッコリ感が残る作品。

いとこにからかう無邪気な親戚の娘の演技が自然で良い。

いとこの裸を思い出してお風呂でオナニーとかありそうで良い。

そこにいとこが入ってきてフェラでお手伝いと言う夢の様なシチュエーション。

リアルの中に男の夢が共存する絶妙なバランスがとても良い。

一つ残念なのは他の人も言ってる通り、ロリにしては股間が黒ずんでいる事。

初めて見た時に毛が生えていると思ったほどの黒さ。

本編はこちらから