【沢村由美】四十代の「かわいらしさ」 – 近親相姦 一度は抱きたい新人母 沢村由美

近親相姦 一度は抱きたい新人母 沢村由美

近親相姦 一度は抱きたい新人母 沢村由美
本編はこちらから

1回お願いしたくなる「沢村由美」さん

いいです。

したいと思わせる人です。

Hで、かわいい…もっと作品に出てほしい!!

パケ写はグー

パケ写は綺麗に写っています 修正の勝利です それに太ももにタトゥーがプリントされています 並みの主婦ではないですね やのつく商売の嫁か それならわかるけどそれにしゃぶるのが大好き女です それに行ってしまったら急に淡白になります 困ったもんです でもモザイクが薄いのでよく見えます。

参りました?

彼女の「私たちは親子なのよ!」という台詞が何故か印象深いです。

最初の絡みもリアルです。

このメーカーでこの監督さんでハズレはありませんでしたが、女優さんが型破りなので周りが困ったのではないでしょうか?この女優さんは活動期間も短く、作品も少ないので価値がオオアリだと思います。

残念作て゛す。

大柄な熟女沢村由美さんの作品です。

パケ写に惹かれてレンタルし スタートは順調な滑り出しで期待しましたが、120分の長丁場の観賞に耐えうる出来栄えには程遠い内容に終始しました。

終盤の太腿の刺青も目障りでした。

わがまま女

母というよりは女という意識が強い。

パケでみるイメージとは少し違う、やさしさは少ない。

ねだりの押しがやや強い。

最初のからみが印象に残る。

恥かしがるというより、場所が気に入らないような対応をしている。

堅いような堅くないような?途中からにらむような目つきに変わっていく。

チュウをせがんだり、おしっこが漏れそうなのを必死で我慢する場面はなかなかおもしろいところじゃないか?ここは漏らして欲しかったところである。

男優がなかなか逝かないので、自分の体が気持ち良くないのかと気にするところは、体に自信があるということのあらわれだろうな。

たぶん、めんどくさい女、だと思う。

後半ストーリーは同じ男優。

変えたほうがよかった。

美人

パッケージどおりの美人です。

実物の方が妖艶さがあっていやらしいです。

作中では髪型をアップにしたりストレートにしたりしていますが、パッケージの髪型がエッチな高級熟女に見えて一番良い。

これからが期待の女優さんかも!?

清潔感・気品とエロっぽさが絶妙

他のかたが言わんとするところが、私にもよくわかります。

奥に潜むイヤらしい欲情が、清潔感、品のよさ、甘えかた、控えめな声色、知性的な顔立ち等で、うまく抑えられています。

その相反する要素が化学反応することで、エロっぽさをより増長しています。

肌の調子も絶妙です。

若々しいキメを留めつつ、熟女としてのリアリティーも浮き出ていて、脂の乗った色香を堪能できます。

将に盛りの雌犬のようです。

今までに見た中で、盛りの雌犬のようにやらしいです。

美人の顔の裏側には、いやらしさが滲み溢れていて理性と相反するものが共存していて興奮します。

四十代の「かわいらしさ」

新人熟女「沢村由美」のAVデビュー作。

42歳のニューカマーは、小学生の子を持つ「二児の母親」である。

「旦那のチ○ポが立たない」事に不満を持った彼女は、若くて活きのいいチ○ポを求めて、緊張のAV初参戦。

乙女のような恥じらいと熟女ならではの濃厚な色香が交錯するなんともいえないスケベな雰囲気を醸し出している。

正直、肉体的には見るべきモノはないが、年下の男優相手にチ○ポを「おねだり」する姿は、十代二十代の女の子とは、また一味違った「可愛らしさ」がある。

獣のようにオトコをむさぼるステレオタイプな「淫乱熟女」が多い中で、彼女のような「かわいい熟女」もなかなかである。

もっとも、太ももに彫られた「観音様」と思しきタトゥーを見る限りは、彼女が「カタギの主婦」でない事は確かである・・・。

本編はこちらから