【工藤ひとみ】伝説の(?)、ほぼパイパンの凹は充分、鑑賞できるけど – 復刻 性春の悶 工藤ひとみ

春本番 工藤ひとみ

春本番 工藤ひとみ
本編はこちらから

ビミョーなエロさ

この時代に中田氏プレイってのは珍しいかな。

ドラマパートは悪くないが、カラミ後スタッフが会話に混じるので、なんか中途半端。

本編はこちらから

復刻 性春の悶 工藤ひとみ

復刻 性春の悶 工藤ひとみ
本編はこちらから

伝説の(?)、ほぼパイパンの凹は充分、鑑賞できるけど

ウィキでの記述は多く、結構、人気があったとのことだけど、現役時代は見ていませんでした。

1990年2月releaseで、1970年8月17日生まれの彼女、まだ10代。

「恋のバカンス」の歌詞に合わせてstoryが進行するという一風かわった展開だけど、内容はイマイチか。

別に本番してないから、ではなく、彼女のイキっぷりが半端だったため。

全裸になって凹に凸をこすられれば、「ほとんど本番と同じじゃないか」―と思っている私にとって。

本番NGAV女優は、それだけでイマイチだけど。

本編はこちらから

SECRET ZONE 2 工藤ひとみ

SECRET ZONE 2 工藤ひとみ
本編はこちらから

極めて退屈な凡作

結構、人気があったとりことで、「復刻性春の悶」は退屈だったけど、動画あり1500KbpsということでDLしたけど、こんな駄作、売れたのか―と不思議な気持ち。

バシバシ早送りして、チョン。

80年台の終わり頃の作品?

当時好きだったのは麻生澪だったなー。

未成年だったからエロビデオ観るのも大変だった。

工藤ひとみはリアルタイムで観たことなかったのだが。

全然知らなかったけど、肌がキレイな女優さんだったんだな。

80年台だからVシネに毛が生えたソフト絡みが一本しかないけど、ずるずるべちゃべちゃ唇を貪るだけの腐れ接吻ビデオよりよっぽどナチュラルである。

今のAVに慣れた人が観ると「ナニコレ」かもしれないが、わたしは懐かしい気持ちになれた。

本編はこちらから

悦虐縄人形 工藤ひとみ

悦虐縄人形 工藤ひとみ
本編はこちらから

太ももがイイ!

パッケージ見ると視線落としてて顔がいまいちよく判らない感じがするので、実際見たらブサイクで騙されるんじゃないかと思うかもしれません。

その心配はなし。

このシリーズ、そういう傾向あるんかな。

ちょっと土臭い感じの女の子(=本当の女子高生っぽい)を好んで使うんでしょうか。

健康的でピチピチした太ももがいいですね。

部活をやっている女の子という感じ。

仰向けにして脚を顔付近まで折って身体を2つ折にして局部が天井を向くようにして局部を責めるシーン。

よくあるシーンですが健康的な太ももが強調されていいです。

うーん、女優が・・・

やはり女優さんがタイプじゃないと、見ていて面白くないですね。

責め自体も単調だし。

セーラー服を着せれば良いってもんじゃぁないと思いますけど・・・。

本編はこちらから