【内田知里】脚本が同じ作品があるが… – 実録 三十路妻告白再現ドラマシリーズ 団地妻悶絶 単身赴任者の妻たちの性欲処理の方法

失神寸前!奥さまはSEXの達人 2

失神寸前!奥さまはSEXの達人 2
本編はこちらから

むり…

いけません、普通にからんでるだけですので。

イキ方もよろしゅうない。

三十路好みの方はどうぞ。

イクわイクわ!

二人目の奥さんは、ちょっとミセス雑誌のモデルみたいでソソられます。

はじめスマしてたのにだんだん感じて、しまいにゃイクわイクわ! こんな奥さんならいいなあ。

本編はこちらから

実録 三十路妻告白再現ドラマシリーズ 団地妻悶絶 単身赴任者の妻たちの性欲処理の方法

実録 三十路妻告白再現ドラマシリーズ 団地妻悶絶 単身赴任者の妻たちの性欲処理の方法
本編はこちらから

脚本が同じ作品があるが…

冒頭の洗濯を干すシーンから見覚えるがあると思っていたら立花瞳主演の『団地妻 背徳の疼き』(グラフィックジャパン)と同じシーン、セリフの連続だった。

つまり同じ脚本という事だろう。

この作品とどちらが先かわからないが、立花瞳の体形、肌の美しさと比べると内田知里は明らかに劣る。

特に肌の手入れの悪さが気になる。

ただそれだけに立花瞳作品では飛躍が多かったドラマを脈絡たててきちんと展開しているのには好感が持てた。

本編はこちらから

人妻(生)失神 内田知里拘束イカサレまくり編

人妻(生)失神 内田知里拘束イカサレまくり編
本編はこちらから

作品としては楽しめるかも

なんで、星3つかというと後半に加藤鷹のジジィがでてくるか。

もういいじゃん、あの男優使うの。

他にもっといい男優たくさんいるでしょう。

これシリーズ化でもしてまたジジィ使うんでしょうかねぇ?作品としては楽しめるのにもっと男優選んだ方がいいですね。

ジジィは出しゃばってくるなっていうの!

無駄

せっかく鷹出てるのに、潮吹かさない遠慮してるのか?なーんも見せ場なし最初に流して見ましたが、それ以降は一切見なかった

金使って損した。

この作品のカメラマンや製作者は最悪ですね。

やたら顔のアップにもっていきますね。

今時、DVDならアップで見たけりゃ自分でプレイヤーのズーム機能使いますよ。

元からアップだと、他の部分を見る術が無いじゃないですか?いろんな面で無能な製作者が多過ぎますね、AVには。

余計なことせず、固定カメラで全身映しておいてもらう方がマシですよ。

この女優も感度はいいけど、魅力はあんまり無いです。

ストレス溜めるために金使って損しました。

いやらしい とにかく好き者

足の開き方 男の迎え方 理性のかけらもなくなるアへ顔 結構でした
本編はこちらから

人妻鑑賞サークル 内田知里

人妻鑑賞サークル 内田知里
本編はこちらから

マイナス2星

顔が好みの女優さんなので購入しました。

周囲に鑑賞されながら脱がされる場面は興奮しますが、男優さんが登場する所が減点です。

周囲から一人を選んでカラむ展開だったら、もっと興奮したと思います。

後半は尺が足りないのか鑑賞物ではない作品になっているので減点でマイナス2星です。

こういう女

特別綺麗でも スタイルがいいわけでもないけど こういう風に すべてをさらけ出してくれる こういう女が本当にいい女だと思う

なんだか。

美人なのかブスなのか角度によって変わるしちょっと歯茎が気になる。

サンプル映像に騙されたな。

内容もまあ珍しさはあるもののイマイチ。

本編はこちらから

密着!!人妻と温泉旅行

密着!!人妻と温泉旅行
本編はこちらから

一体どこ?

人妻さんは両方ともよかったが、このビデオ。

発射シーンがどこにもない。

ゴム射シーンも無ければ、腹や胸射シーンもない。

と言うより肝心な部分が編集されている気がする。

最低でも、ゴム射シーンがあれば、評価は普通にしたかな。

本編はこちらから

若妻触診、医者目線。

若妻触診、医者目線。
本編はこちらから

ぼちぼち

目隠しをさせて、気づかないようにフェラさせるところと、診察台(普通の診察台)の上で下半身をカーテンで隠してSEXをするところはまぁよかったです。

後は普通のAV。

これはだめ

「若妻触診、医者目線。

矢吹涼子」は良かったのに…こちらは、内容が薄いというか、前作を超えられず失速した感じ。

こちらで、盛り上がらなかったけど気になった人は、「若妻触診、医者目線。

矢吹涼子」を一度みることをおすすめする。

20点
本編はこちらから

人妻デリバリー 5

人妻デリバリー 5
本編はこちらから

タイトル

に惹かれて見てみたが、内容はいたって普通。

特に目を引く女優もいない。

ちなみにパッケージのような場面は見当たらなかった。

本編はこちらから