【玉置マリア】武藤杏奈が最高すぎた。 – ラバーズ CHIBA 千葉・幕張・舞浜・市川編

三十路過ぎのさせ盛り妻

三十路過ぎのさせ盛り妻
本編はこちらから

いまいち

カラミがちょっとおとなしすぎる。

オナニーも本気度が足りない気がする。

なにかパッとするシーンがなかった
本編はこちらから

ヘンリー塚本エロ本 官能の性行為集

ヘンリー塚本エロ本 官能の性行為集
本編はこちらから

酒井ちなみ(紫葵)が良い

タイトルの印象通りの作品で、ある意味裏切らない作品。

短編集のような編集なのでそれぞれの話は途切れ途切れな感じはするが、それなりに楽しめる。

酒井ちなみ(紫葵)の義母の作品が一番良かった。

酒井ちなみ(紫葵)の肉体は「豊満」という言葉が良く似合う。

ある意味太めであるば十分な肉付きに満足できる。

躍動する肉体は迫力がある。

本編はこちらから

私は我慢できない 婚期を逸した女の昼と夜

私は我慢できない 婚期を逸した女の昼と夜
本編はこちらから

期待していた割には

そうでもなかった。

割と普通な感じでした。

シーンが少ないのは残念でしたね。

面白みが少し少なかったような作品でした。

夜はない

あいかわらず「すけべ」が似合う作品だが、カラミのシーンが短く、ぶつ切りなため、中途半端。

ただし、2作目のバイブオナニーシーンと3作目のエロ本と同じ格好をしてのカラミシーンは、私にはツボ。

カラミ重視の方はイマイチ、いやらしい格好をする女性にそそられる、ある意味熟女フェチ系の方にはオススメか?いずれにしてもレンタルかストリームで充分。

本編はこちらから

嫁とやりたい 婿とやりたい

嫁とやりたい 婿とやりたい
本編はこちらから

玉置マリアさんが豚に

玉置さん、どうしちゃったの?あまりにデブなんで驚きました(ToT)

ヘンリー作品では

結構ポイント低い内容であります。

パッケージの女優さんは引かれましたが、実際ではかなり丸い身体でした。

ただいけないことをしてしまうゾクゾク感は、ヘンリーワールドとしてしっかりと展開しております。

ストーリー重視の方は、お勧めかも。

婿役の男優

婿役をやらせれば一番の男優だと思う。

義理の母を見つめるやらしい眼つきが妄想を掻き立てる。

2編とも背徳の家庭内情事をFAプロらしく描いています。

玉置マリアは良いね。

表情の艶っぽさと切ない瞳。

それだけで満足。

只FAプロはこれから何を求めて作品を制作するのかな?原点に返ってほしい。

本編はこちらから

ラバーズ CHIBA 千葉・幕張・舞浜・市川編

ラバーズ CHIBA 千葉・幕張・舞浜・市川編
本編はこちらから

武藤杏奈が最高すぎた。

武藤杏奈さんの最高傑作です。

ホテルの一室でプライベート風なハメ撮り。

途中でタバコを吸うぐらいまったりとしたエッチです。

すばらしかったです。

本編はこちらから

リアルドキュメント 調教旅行 24時 美乳妻まりあ

リアルドキュメント 調教旅行 24時 美乳妻まりあ
本編はこちらから

盛りすぎて見所少ない

車内エッチ、屋外放尿、露天風呂、座敷で縛り、再び車内、と盛りだくさんだがかえってどれも消化不良好きな女優ゆえ購入したが後悔したじっくりと若い巨根男優とからむのを見たかった腰使いも上手く、ねっとりとした性交を見せられる女優、カラダの熟れ具合もよいのに残念である

くず

とにかく撮ってる人の自己満足だけが先行している非常に悪い例。

女優さんは好きです。

女性がイクとき(とされている)は100%男がイケと言ってからで、完全にタイミングを男が作っているため(べつにそれまで我慢しているわけでもない)、非常に全体がインチキくさくなっている。

本編はこちらから

母姦中出し SHOUWA 玉置マリア

母姦中出し SHOUWA 玉置マリア
本編はこちらから

ノスタルジックエロ絵巻とは

大袈裟な表現だが(笑)まあそれなりに観れた作品。

それは玉置マリアが熱演しているからだね。

本編はこちらから

ニンフォマニア 熟女未満 玉置マリア

ニンフォマニア 熟女未満 玉置マリア
本編はこちらから

個人的に好き

確かに乳首に年齢を感じる。

けど、かわいらしい目元やえくぼの口元は感じてくるとぐっと魅力的なる。

好みが分かれるかもしれないけど、私は好きだった。

パケ写はいいんだけど

未満ていうより熟女でした。

乳首がちとおばさんすぎで熟しすぎだ・・。

いい女ではあると思いますが
本編はこちらから

近親相姦 背徳愉悦14

近親相姦 背徳愉悦14
本編はこちらから

残念

玉置さんを目当てに見てみましたが、残念ながらあまり良い出来の作品ではないです。

何よりもモデルさんが綺麗にとれていない。

他の作品ではもっと魅力的に見えたので、撮影技術の問題でしょう。

本編はこちらから