【桐島ゆうか】飽きてくる – 聖女牝儀式 拷問系 2 桐島ゆうか

聖女牝儀式 拷問系 2 桐島ゆうか

聖女牝儀式 拷問系 2 桐島ゆうか
本編はこちらから

抜けず

女の子は普通で、内容も特に興奮できるような内容ではありませんでした。

妥協のない調教系作品

言うことを聞くまで責めまくる。

何度イッテも同じ責めを繰り返す。

SM・調教の入り口がそこにある。

のけぞりの姿勢はそんなに楽なものでは無いし首手枷はそんなに楽なものでは無い。

蝋とバイブとスパンキングが加わればさらに楽な物では無い。

調教の基本を見せてくれた秀逸作品だと思う。

悪意的なカメラワーク

顔の前にワザとモノをかぶせるようにして、イキ顔を見せないようにしている。

特に最初のシーンの女優の怯え方が非常に本物に近いので、そのシーンでもっといたぶるところを見せて欲しかった。

それなりに良いんですけど

ロウソク責めにバイブ責め、浣腸などは拷問とはいわないかなぁ。

拘束されている体勢は苦しそうなんだけど、これに苦痛系の責め、例えば乱田氏が使用するような一本ムチとか、針とか、こういう責めがあれば拷問っぽくなるんですけどね。

かわいいけど。

顔もお尻もキュート。

が、しかぁし、本番がない。

ここまでやったら最後は犯してあげなくちゃ彼女も中途半端で欲求不満になっちゃう。

すばらしい

腰のあたりも吊っているし、顔が高いのでそんなに苦しい責めではないと思うのですがエロいです。

悲鳴を上げる顔もかわいいし、エビ反りでイッたときの痙攣も良かったです。

だんだん可愛くなる。

責めが進むにつれだんだん可愛くなります。

お仕置きに定番のご免なさいがうまくマッチしています。

そこそこ楽しめました。

願わくばがんがんイカせた後SEXでもがんがんして欲しかったっす。

全編セーラー服の方がよかったのにorz

泣きじゃくる、痛がる、怖がる、熱がる、苦しむ、悶え喘ぐなどはすばらしいし、拘束方法も相変わらず(笑)かわいそうでいい。

ただ、セーラー服シーンが2つで、残りの2つは全裸だったのが残念。

ずっとセーラー服を着せっぱなしの方が興奮するのに。

琴野まゆかだよね

どっかで見たような顔と演技だと思ったら…相変わらずの過剰気味の演技だけど、個人的には好き。

ほぼ同じ。

前作とほぼ同じ流れで進みます。

女が違うだけって感じですが,さて皆さんからどんな評価が出るでしょう。

1幕。

上手立位でスカートを引き上げる。

同じだ。

違うのは開口具がない。

股チェーンの後が低いので想像力ダウン。

この辺が基本だと思うところですけどねぇ。

2幕。

手首枷で片足を上げる。

同じだ。

蝋燭とバイブ責め。

3幕。

裏返し。

今回は剃毛なし。

陰毛がその役目をしっかりと果たしている感じだな。

妙に納得してしまった。

4幕。

中空の腰掛。

同じだ。

5幕。

Vの字浣腸。

結局は女の裸とその反応なのだから,内容は同じでもいいのかもしれないなぁ。

後,設定上轡口具が使えないのが残念だな。

同じ責めにしなければ良かったのに…。

責めの種類少なくない?

拷問系という割には、責めの種類が少ない。

殆どがロウソク責め。

タイトルを変えた方がいいでしょう。

乱田氏のような、体に傷が残る1本鞭でなくとも、竹刀でのスパンキングや三角木馬・石抱き・電気責め・逆間接縛り・30秒以上水に沈める窒息責めなど、拷問と呼ばれるものを入れてほしかった。

ポッチャリ系で~

~どちらかといえば不器量な女優。

でも、責めに対する反応がイイです。

哀願を発する言葉のツボがよく分かっている、マゾ娘ですね。

責められ続けた後半の乱れ顔は、可愛らしく変化しているのも見どころです~!~。

いいんだけど・・・

別に針を刺すとかのようなハードな責めが見たい訳でもないので、こんな感じでいいんだけど、もう一つ何かが足りない。

なんだろう・・・・悪くはない。

でも、良いとまで言えない。

女優だけで評価するなら良いになるんだけど。

とにかく、最後まで見てもスッキリしない作品でした。

飽きてくる

女の子は可愛いです。

バイブ責めと蝋燭責めが延々と続くので、途中で飽きてきます。

嫌がっているわりに、涙が見れない点も物足りないです。

本編はこちらから