【相沢すなお】三度、すなおちゃんと里子姐さんで、KUKI(冒険ゴリラ) – HOT☆GIRL 4

DEBUT前 COLLECTION

DEBUT前 COLLECTION
本編はこちらから

乃亜はデビュー前?

乃亜はそれほど痴女キャラで演技してませんが、それでも痴女っぽい演出はあり。

演技が自然なのはよいと思う。

他数名かわいい子がいたような。

適当なタイトルの適当なVariety作品

良く分からない企画版だ。

どうやら、同メーカーの既発企画から女優を拾い上げて、適当なタイトルをおっかぶせてでっち上げた匂いがする。

というのも、相沢すなおちゃん。

この子の同メーカーデビュー作は2004年5月の『グラビア女子校生Debut2』が先行で、このVariety版に収録されている原典はその一月後の『生セラ・ブルセラ・競泳水着コレクション』に当たっている。

痩身コスメ系というんでしょうか、個人的に好きな子で他メーカーの出演作に比べKUKIでの作品が俄然良かったのでタイトル総収録セル版リリースを期待したいところなのだが、KUKIでは望み薄だろうなぁ。

他、河合桃花や椎名美嘉(実果じゃないよ)やら、昔VHS版で見た子がちらほら。

こういう中途半端なVariety作よか(レンタル版という事を鑑みても)其々元の企画作をきちっと完全収録した方が女の子で選ぶユーザーには(セル版なら尚更)喜ばれるでせうに。

う~ん、訳分からん。

本編はこちらから

HOT☆GIRL 4

HOT☆GIRL 4
本編はこちらから

某アナウンサー似

矢口いくちゃんは、フジテレビの平井○央アナにルックスが似ていると、私個人は思いました。

一見の価値あり。

三度、すなおちゃんと里子姐さんで、KUKI(冒険ゴリラ)

相沢すなおは立花里子のバーターだったのか?。

そう勘繰りたくもなる二人の共演三本目。

『禁断生映像』『ONLYFUCK』等から延々続けられてるプライベートFUCK路線。

こうしてみるとグラフィスと九鬼って似てなくもない、が、目に優しい自然光の演出はKUKI、Variety作の色使いだ。

可愛いすなおちゃんを撮ることでは他作から一頭地分抜き出た。

両手両膝でバンザイしちゃう姿勢でクライマックス、切な顔で顔射お迎え。

アレの最中に歯を食いしばっちゃうのは、そう、里子姐さん。

この位の貌身体、そして無名さが作品コンセプトに一番適うか、矢口いくちゃん。

すなおちゃんのタイトルを鑑みるに、多人数Variety作品に軍配が上がり、企単は贔屓目でも惨敗だったと判る。

こと『高級ロリソープ』はリモコンをぶつけてやりたくなる噴飯物。

すなおちゃん、引退かなぁ。

こまめに名前をチェックしているが、2005年以降、出演作が見つかってない。

本編はこちらから

娘の友達は最高

娘の友達は最高
本編はこちらから

矢田あゆみちゃん

この作品のあゆみちゃんは、ルックスも地味ですし、フィニッシュも胸射なので、コキどころはありません。

いたずら微少女と太っ腹脂質汚ヤジ

少女姦と云うんでせうか。

つまり微乳痩身系の女の子を体重が倍もありそうなデカ腹脂質の汚ヤジにコマさせて、その無惨を愛でるというコンセプト。軸になるのが今野由愛と相沢すなおの両名。

ケバめなメイクが災いしてか顔は少女よりギャルの由愛ちゃんだが、剥いた裸身の稚さはズバリ、ロリど真ん中。

この細っこい身体をM字開脚に押し広げて太鼓腹男優がおっ被さるが、単調な正常位インサート一本槍が工夫を欠く。

すなおちゃんは感じてくると眉間に皺を寄せて、嫌なのか耐えているのか(それとも気持ちよくて堪えてるのか)その、しかめ切な顔がsogood。

酒井ちゃん、余り可愛くないし指をしゃぶる芝居があざといけれどコンセプトには一番忠実。

パパの大っきなパパにガンガン貫かれ海老反りにのけぞってフィニート。

矢田ちゃんはVariety作の員数合せでよく見掛けるタイプ、可もなく不可もなし。

用としては完全にロリ向け。

お父さんの年季の勝利か

つくづく思うが、抜けるか否かは男優の力に拠るところが大きいと思う.極端な話、女優が多少落ちるとも男優に力あれば十分抜けるし、女優がどんなに良くても男優に力なきゃ全く抜けない.その点この作品は年季が入ったお父さんの力の勝利か.ホントノよがり声はやはりいい。

かわいくは無い

女の子はかわいい子はいない女子校生の格好をしているが、ちょっと上に見える。

ただ、作品として考えたばあいは普通に娘の友達に手つけた様な作品。

特に良い所もないが、悪い所も無い。

ごく普通の作品と言える。

雰囲気を楽しむ位になりそうです。

大きな期待を持つならば別な作品を探した方が良いでしょう。

イマイチ

内容があまりに薄いし、出演もあまりかわいいとは思えなかった。

本編はこちらから

泡姫ソープ天国

泡姫ソープ天国
本編はこちらから

泡とブルマ

紗月結花のブルマがいいですね。

泡とブルマ、最高の組み合わせではないですか! 濃紺のブルマが水気を含み、さらにその色を濃くする…。

男のロマンを感じます。

違和感

着たままマットプレイってのもいまひとつ興奮しない。

一つ一つのプレイのカットが短く慌しいような感じがしました。

コスプレものなのかソープものなのか、コンセプトがはっきりしてません。

本編はこちらから

徹底連続アクメ興奮映像 相沢すなお

徹底連続アクメ興奮映像 相沢すなお
本編はこちらから

ふたたび、すなおちゃんとプレステージ

医者やナースもので折々見かける拘束椅子の羞恥プレイ、あれは縛りというより解剖だと思う。

女の子の最も深奥の恥ずかしい秘所を押し開いてあからさまに晒す、という解剖。

内臓を曝け出すのと同じ。

だからか、まるで手術室の無影灯の様に四方八方から満遍なく照明を当てて、画面がペタッと平板に見える。

同じメーカーのだましやレーベルの暗さはなんだ?。

明るさや全てを観たい派のユーザーには好まれるだろう。

叙情性やシチュエーション構築に拘るユーザーは白けてそっぽを向くだろう。

こういう明るさに耐えるには余程シチュエーション構成に心を砕くか女優の質を上げないと勝負にならない。

残念ながらすなおちゃんは企画系の女優さん。

一回戦を終えてトローンとした余韻を引きずりながら愛撫の刺激を経て二回戦へ雪崩てゆく件に、やや迸るエロの衝動を垣間見た気が。

然し衆人環視の公開SEXの如き無味乾燥ぶりは最後まで覆せなかった。

本編はこちらから