【安達ゆみか】今の時代の浣腸モノにはない「生々しさ」がいい – 初期「エネマ痴帯」アンソロジー 暴辱浣腸プレイ肛悦回想録

初期「エネマ痴帯」アンソロジー 暴辱浣腸プレイ肛悦回想録

初期「エネマ痴帯」アンソロジー 暴辱浣腸プレイ肛悦回想録
本編はこちらから

今の時代の浣腸モノにはない「生々しさ」がいい

現代の浣腸モノ動画は「出すのありき」でやってて、「羞恥」という部分がなんか余り感じ取れ無い(作品としてはありきなのだが…)それに比べ、やはり過去作品の浣腸モノは、羞恥心が前面に押し出されており、久しぶりに見れた作品も「やはり求めてるのはこれだわ」と、納得出来る内容。

特に嶋田氏の作品は何十年経っても忘れて無い、すべての演出においてすばらしい内容とても楽しく見れました
本編はこちらから

裏女尻女校生2 安達ゆみか

裏女尻女校生2 安達ゆみか
本編はこちらから

色白美肌の美尻脱糞!

色白美肌と美尻、太腿はサイコーの「ゆみか」嬢。

お顔がオセロの松○似なのが非常に残念。

行方不知の中島似よりかはマシだが…。

監督のクレジットが削除されているが(当然か)、確か中野D児であった筈。

一部の熱狂的なファンを持つ、「D児作品」である点は貴重かと。

案の定、キレイで若くて幼気な女子に「脱糞」をさせてしまっておりまする。

本編はこちらから