【里中結衣】仁科百華の路線 – ホテルの客室に案内され、一見着痩せして見えるクビレ爆乳コンシェルジュと2人きり、芸能界に興味はないかと言葉巧みに誘われ、まんざらでもないドM爆乳コンシェルジュ、あれよあれよと言う間にまさかのAVデビュー ドMコンシェルジュ 里中結衣

99cmIカップグラマー 里中結衣

99cmIカップグラマー 里中結衣
本編はこちらから

99cmIカップグラマー

サンプル画像見て悪い予感はしていたけどE-BODYの撮り方じゃないねなんでこんなアップが多くなってしまうんこのU吉って監督、はるか奏は結構良かったのだが何故こっちはこんな撮り方なんだって感じいい身体だからってアップばっかでもここの良さが出ないんだよねえ貞松と南と言う男優の選択も駄目

近いっ!

いいなぁこのおっぱい全編画面がほとんど肌色。

近すぎない?臨場感っていえばそうなのかもしれないけど顔ほとんど見えない

体は素晴らしいが・・

素晴らしいボディとひたすらやり続ける内容は評価できるがカメラが非常に近い。

体ばかりうつしており、顔が入らないように配慮されているかのような撮り方。

パッケージと明らかに顔が違うためそれでがっかりさせないようにするための配慮なのだろうか・・ともかく内容としては良いものです。

ゴージャスボディー

99センチのIカップバストのボディーをしている里中結衣は,まさに「E-BODY」の作風にあった女です。

何の設定もなく,ただヤルだけ。

結衣のゴージャスボディーを貪る男優。

激しいピストン。

オイル塗りして,エロを増したボディー。

今まで出演したややロリ系のAVにはなかった,ワイルドな絡み。

はっきりとお顔を撮していないのも正解か。

パケから読み取れる情報は無い

結論を言うとフォトショに騙された。

パッケージ買いはするもんじゃないと実感させられた作品。

女優やファンには申し訳ないが、正直に感想を述べる。

・良い点1.女優の乳のみが写っている箇所・悪い点1.パッケージ表裏ではすべて綺麗に消しているが、映像では鼻下等、気にならないのが可笑しく思える程至る所にほくろがある。

2.肌もパッケージのレベルを期待してはならない。

映像にアップが多く、それがよくわかるシーンが多い。

3.カメラワークが悪い。

あちこち移動し過ぎだし、一々アップし過ぎ。

身体で楽しみたい人向け

E-BODYシリーズだからなのか、基本的にカメラアングルは身体中心になっています。

女優さんの表情を正面からはっきりと映しているシーンはかなり少ないです。

それが持ち味と言うのであれば納得ですが、いくらなんでも回避しすぎなんじゃないですかね。

あと正直なところ、ジャケットはかなりきれいに写してるのだなと感心してしまいました。

本編はこちらから

眼鏡×競泳水着×くびれボイン 里中結衣

眼鏡×競泳水着×くびれボイン 里中結衣
本編はこちらから

ジャケットと全然違う

ジャケットと違い過ぎます。

ジャケットのあどけなさの残るグラマラスな少女を想像して見るとガッカリです。

出てくるのはぽっちゃりとしたおばちゃんです。

あまりに違いすぎて見ていて途中で気持ち悪くなりました。

ジャケット詐欺もいいところです。

想像とは違う・・・

眼鏡、競泳水着、くびれボインというタイトルどおり、全編、眼鏡をかけた女優さんが色々な競泳水着での絡みで構成されている作品。

ただ、パケ写のような、少しあどけなさの残る顔立ちの色白のスレンダー眼鏡美少女を想像していると、その期待は裏切られると言わざるを得ません。

どちらかというと、ちょっとおばさんぽくも見える、ぽっちゃり気味の女優さんかと。

この女優さんのルックスが好みかどうかがすべてでしょう。

熟女好きなら買うべし

顔はおばさん。

体は1ピチピチ。

乳最高。

ジャケット見て若い子期待したっていう人は騙されてしまったかもしれない。

俺はどっちもイケる派だったので、この裏切りは逆につぼった。

こんな品質のいい体した熟女なかなかいないのでお勧めです。

本編はこちらから

ホテルの客室に案内され、一見着痩せして見えるクビレ爆乳コンシェルジュと2人きり、芸能界に興味はないかと言葉巧みに誘われ、まんざらでもないドM爆乳コンシェルジュ、あれよあれよと言う間にまさかのAVデビュー ドMコンシェルジュ 里中結衣

ホテルの客室に案内され、一見着痩せして見えるクビレ爆乳コンシェルジュと2人きり、芸能界に興味はないかと言葉巧みに誘われ、まんざらでもないドM爆乳コンシェルジュ、あれよあれよと言う間にまさかのAVデビュー ドMコンシェルジュ 里中結衣
本編はこちらから

あらら・・・・

以前は菅野みいなという名前で作品を出されていましたが似ているなと思って購入してみると以前のようなガリ巨乳ではなくなっている。

スレンダーに合わない美巨乳が売りでもあったのでここまで肉がついてしまうとちょっと厳しい。

以前は好きだったんだけどな。

正常位の主観映像で特に思うのがクビレもなくなってただのどこにでもいる一般人体型に戻っている。

美巨乳は健在ではありますが現在豊胸整形術の進歩でヒアルロン酸や脂肪、幹細胞注入などでより自然に綺麗な胸が出来るご時世で天然ものかも直接手に触れたり、プロでない限り判別出来ないところまできているのでAV界でも同等の美巨乳さんはいっぱいいます。

顔も可愛いわけではないので売りが美巨乳だけではキツイ。

よくある悪い出戻りですね。

直接だと普通の体型で前がガリすぎだったのかもしれませんが・・・顔もパンパンですし、10キロ近くいっちゃいましたかな。

仁科百華の路線

どうやらお顔に難がありそうだが、美肌美乳で、乳だけなら満点以上、というタイプ。

「難がありそう」というのは、ずっとメガネをかけていて素顔がよくわからないから。

メガネフェチの人にはいいのかもしれない。

乳は、乳首の色のほどよさといい、柔らかさといい、形といい、個人的に、ここ最近では群を抜いてナンバーワン。

くびれがあんまりない割にデブの一歩手前でとどまっている肉付き加減もよい。

その一方、カラミはうまくいえないが何か少し足りないような気もする。

今後に期待。

関係ないが、芸能プロダクション社長(?)役の男優が脱力の軽薄ぶりでちょっと面白かった。

「ナカサトのイーユーちゃんね」。

AVで男優にほっこりさせられたのは初めてのような気がする。

本編はこちらから