【小泉麻里】すばらしいの一言に尽きる – まだまだ未開発の女子校生は敏感すぎてイクときに失禁してしまうらしい 小泉麻里

敏感女子●生のしょん便垂れ流しFUCK4時間

敏感女子●生のしょん便垂れ流しFUCK4時間
本編はこちらから

女子高生が失禁、潮吹き。

埴生みこ、小泉麻里の二人が女子高生に扮しておマンコ弄られ潮吹きに愛汁タラタラとなるまで指マンされて絶叫系の喘ぎまくる。

自ら黒電マでおマンコ当てて潮吹きしてびっくびっくとおマンコが痙攣。

制服を着たままのセックスはエロス最高ですね。

おマンコおっぴろげする女優の表情も良いね。

本編はこちらから

まだまだ未開発の女子校生は敏感すぎてイクときに失禁してしまうらしい 小泉麻里

まだまだ未開発の女子校生は敏感すぎてイクときに失禁してしまうらしい 小泉麻里
本編はこちらから

演出が・・・

小泉麻里はかなりカワイイと思うが、個人的には、どうもこの手の不自然な演出は時期尚早感が否めない。

すばらしいの一言に尽きる

本数はまだ少ないながらも多彩なプレイの小泉麻里この娘ヒットしそうですよセーラー服姿でインタビューからの全裸仕切りなおしてセーラー服半脱ぎでSEX手にしろチンコにしろ入れたものを出したときに毎回ドバッと溢れるのがすごい口元に発射オレンジの極小水着でフェラからのイマラチオでもおもらししっかり口に発射目隠し手足を軽く拘束して手マンバイブ電マでひたすら噴出最後にたっぷり中出しドロリで終了
本編はこちらから

小泉麻里 愛娘が大好きすぎて妻にナイショで子作り温泉旅行

小泉麻里 愛娘が大好きすぎて妻にナイショで子作り温泉旅行
本編はこちらから

妻に内緒で愛娘と温泉宿にしけこんで中出ししまくる

妻にバレないよう娘「小泉麻里」と別々に家を出て、離れたバス停で落ち合う男。

ワンボックスカーの助手席に麻里を乗せて温泉へ。

宿の駐車場で胸を揉む。

朱色のモヘアのセーターと白いキャミソールをたくしあげた麻里の胸をしだいて、舌を絡める。

白地に紺のチェックのスカートをまくって股間をいじる。

ピンクのショーツに手を挿れる。

股間をさすられて、即尺で口内射精。

「何で出しちゃうの?」「気持ちよくて出ちゃった」と顎に手を添えて、飲み込ませる。

東屋で臙脂の半幅帯を解いてグレーと紺の市松模様の浴衣を脱いだ麻里の、微乳を揉む。

露天風呂で乳首をつまんでべろキス。

湯の中で手マン。

仁王立ちで吸茎させる。

内風呂で乳首をつまんで吸い、手コキされる。

洗い場のマットの上で舌を絡めて微乳をしだき、指マン、舐陰。

乳頭や陰茎や陰嚢をしゃぶられる。

対面騎乗位でマンコキされて腰を沈められる。

正常位で突けば、よがり声が浴場に響く。

浴槽の縁に手を付かせ、バシャバシャと湯を波立たせてバックで腰を煽る。

マット上で後背位と伸脚後背位で突き立てる。

正常位で手を握って「あぁ出ちゃいそう、いい?」「いいよ」「あぁっ……あぁっ……あぁっ」と膣内射精。

客室で股間をさすられる。

乳頭や陰茎をしゃぶられて、顔射。

白地にピンクの花柄の浴衣と赤い帯に着替えた麻里と、船盛の刺身や蟹をいただく。

薄暗い客室で掛け布団をはぐり、浴衣の裾をまくってパイパンまんこを凝視。

胸を揉めば、眼を覚まされる。

「……どうしたの、お父さん」「もう1回したくなっちゃった」「もう1回?」「またちんちん欲しいでしょ?」「うん、欲しい」と言わせて、手マン。

小陰唇を広げさせて、ローターや電マで陰核を攻める。

ヴァイブを挿れて、自ら抽送させ、吸茎。

ヴァイブを抜いて指マンで潮を噴かせる。

衿をはだけて乳首を吸い、手コキ、吸茎。

正常位でチンズリして突き挿れる。

帯を解いて浴衣を脱いだ麻里に、対面騎乗位で跨られて乳頭をねぶられる。

花時計で背面騎乗位に変わられ、後背位と伸脚後背位で突き立てて手指をしゃぶらせる。

屈曲位と正常位で抱きしめてべろキス。

「あぁやばい、出ちゃいそう、出していい、ね?」「うん、いいよ」「出すよ、あぁいいよ、あぁーっ、あぁ出ちゃうっ……あっ、あはっ」と膣内射精。

人差し指で膣から精液を掻き出す。

「もう1回やりたくなってきちゃった」と正常位でまぐわう。

女優は超可愛い。作品はいまいち

女優の小泉麻里の可愛さは文句なしに★5つ。

セリフはベタだが、浴衣姿とかがもの凄く可愛い。

温泉旅行とかいったら、連泊したくなるだろう(w)しかし、脚本も父親役の男優のセリフも貧相で、撮影も極めて雑なので全体として感情移入できず、抜きどころがなかったのが残念。

個人的には、メーカーは「アイエナジー」ではなく「アイエヌジー」だ。

KMPの「VR初!露天風呂SEX!!ゲス不倫温泉旅行」シリーズのような作品に小泉麻里が出演した日には、即買で永久保存版になるだろうが・・・
本編はこちらから