【天野麻耶】水咲ありみがまずまず – ザ・面接 VOL.84 やめて下さい困ります ビデオは見世物やからな

ザ・面接 VOL.84 やめて下さい困ります ビデオは見世物やからな

ザ・面接 VOL.84 やめて下さい困ります ビデオは見世物やからな
本編はこちらから

これは名作

1人目以外は感度も良く素晴らしいです。

星を10個あげたい。

ただ、昔の作品なのでモザイクは大きいです。

1人目蓮条ありあ 19才見どころ無し 2点審査員山崎さやか 27才指で松葉崩しのレクチャーを受けて感じちゃって 5点2人目天野麻耶 38才Sキャラも入る不思議ちゃん 5点審査員伊藤真由佳 23才 5点イクところが良い3人目水咲ありみ 22才 5点ドM+潮吹き+絶叫 上半身を紅潮審査員沖名良美 32才 4点パンツに染み、時間が短い

野生?

女優さん+審査員のいつものパターンですが、年齢が若干高めだからか、Hがとにかく濃厚です。

審査員2人目のカラミでは、女性が完全に野生(?)化しています。

やっぱり。

おきまりの犯しシーンがあり今回もやりたい放題な感じといったところ。

タイトル通り「やめてください」といえる格好をされちゃう女の子には惚れました。

見やすいビデオ

いつもは面接が終わってから審査員が参加するんだけど、この作品ではひとり終わるごとにセックスをする。

実に分りやすい展開だ。

審査員が非常に積極的なのである。

そのおかげで、わりと可愛い蓮条さんのカラミがほぼ全面カットされたのは納得いかないが、出演者のノリのよさが楽しい作品にはなってます。

内容的には

内容的にはいいのかも知れないが、どうも腑に落ちない・・・これ見てはいけないかも(個人的には)

どこが良いのだろう?

出演者のレベルは低い。

内容は緊張感なく、また面白くもない。

審査員は不細工だし。

何が良い?

佐川銀次・森林原人・吉村卓・片山邦生・平本一穂

3人の女優と3人の審査員が5名の男優と性交。

一人目の女優が蓮条ありあで平本一穂が相手。

一人目の審査員が山崎さやかで吉村卓が相手。

二人目の女優が天野麻耶で森林原人が相手。

二人目の審査員が伊藤真由佳で片山邦生が相手。

三人目の女優が水咲ありみで佐川銀次と森林原人が相手。

三人目の審査員が沖名良美で佐川銀次が相手。

天野麻耶の豹変ぶりも凄いが、特に三人目に登場する水咲ありみの狂乱ぶりが凄まじい。

佐川と激しく絡んでいたところ森林が乱入して強奪。

フル勃起状態の佐川は呆然とすると、水咲の阿鼻叫喚の姿に興奮した沖名が佐川に「してください」と懇願。

そのまま立ちバックで激しく突かれて昇天。

伊藤と片山の椅子に座ったままの絡みも良い。

うまいねー

いつもながらの展開ながら、出ている女性のリアクションが違うだけで、楽しめるシリーズ作品です。

今回出ている女性は普通だけど、やはりうまいねーって感じです。

楽しめますよ。

いいね

オイラ的には、24分からの「天野真耶」さんいいですね。

知り合いの「橋本ママ」に似ていて美人で、想像させます。

エキストラでは②06:00からの「伊東真由佳」や②35:00からのエキストラの奥さんがいいですね

もったいない

蓮条ありあという女優、ルックスは悪くないと思うのにカラミの所が全然映ってない。

審査員(?)の表情ばっかりで。

それが非常に残念

松葉くずし

今回もよかったです。

特に最初の審査員との指を使った 松葉くずしのエピソードがとても興奮させられましたセックスも◎でした^

非常に楽しい。

特に後半の一重のコ。

ヤりたくて堪んなくなっちゃってるのが良い。

綺麗な長い脚がエロく撮れている。

イキ切ってないようだが、まぁこういう種の企画なので良いだろう。

エロを超えて

2人目に面接される人があまりにも面白すぎる!AVだけど三角締めがきれいに決まります。

みなさんの楽しそうな雰囲気も良し。

やはりいい!

このシリーズは金太郎飴みたいなんだけど、どこを切ってもおいしいです。

今回もおもしろいくてエロくて抜けました。

次回にも期待!

良いなぁ

出演者の女性たちも可愛いんだけど、今回審査員のルックスが私のツボだったこともあり、非常に良い。

女性をエロく映すことにかけては、アテネがやはり昔からすばらしいと実感。

このシリーズはいくつも見ているけれど、この作品は好きなもののうちの一つ。

水咲ありみがまずまず

ザ面接はほぼ全てコンプリートしているが、DMMで扱っている奴の中でならこれが一番かな。

?ザ・面接 饗艶パニック2本立て フェロモン淫女?ザ・面接 VOL.78 可愛い顔して太いのがイ?ザ・面接 俺たちゃバベチョ屋ぜんぶ開いてグチュったるの順で名作だけどもDMMで扱っていないのが残念。

本編はこちらから