【水原たま】雨男は誰だ? – はだかdeデート VOL.2 水原たま

嬲る。 みずはらたま

嬲る。 みずはらたま
本編はこちらから

アメリカンハードコアとは?( ̄▽ ̄;)

水原たまさん初見ですがレビューします(^-^)vメイクや髪型が時代を感じさせるのはいたしかたないでしょう…前述のレビュアーの方のおっしゃるとうりスレンダー美巨乳ですね(*´▽`*)内容は特にストーリー性もなく和室でたまさんが男性にご奉仕する展開です(元モー娘の石黒彩に見えなくもない)パッケージに書かれているアメリカンハードコア女優が何なのかは意味不明( ̄▽ ̄;)

綺麗な身体

あえぎ声はおとなし目ですが、透き通るように綺麗な身体を見れます。

琉球強●輪●~灼熱強●中出し調教~とセットで購入すれば、興奮2倍です。

本編はこちらから

はだかdeデート VOL.2 水原たま

はだかdeデート VOL.2 水原たま
本編はこちらから

雨男は誰だ?

AV女優と露出デートする企画の第2弾「水原たま編」。

まさに「呪われたシリーズ」というべきか、前作同様、またもロケ地は雨模様。

野外露出には最悪のコンディションの中、なんとか「軽い乳見せ」でごまかそうとするたま嬢。

前半は、「はだかdeデート」というタイトルとは、完全にかけ離れた展開となっている。

特にやる事もなく、時折、思いつきでチ○ポをしゃぶらせる程度。

後半は、野外を完全にあきらめて、ホテルでノーマルFUCK。

まるで「企画倒れ」という言葉を絵に描いたような一本である。

本編はこちらから

たまらないほど愛しくて

たまらないほど愛しくて
本編はこちらから

つい苛めたくなる女の子

一本撮ってみて、撮る側もたまちゃんを萌えさせるシチュエーションというのが解って来たのだろう。

きっちり並べた4FUCKのうち、三発がソフト強●。

たまちゃんは女じゃなくて女の子。

つまり玩ばれるのが光るタイプで、インサートが始まるやまともに言葉を発せられなくなる反応から、その喘ぎ声、身を守るような仕草といい、要するに陽根保有者なら誰しも多かれ少なかれ心に抱いている嗜虐心を実に上手く煽り立てる身体とFUCKスタイルだ。

M味だけど、ハードでマニアックな方へ往ってない一般感応範囲。

お薦めは畳の上にたまちゃんの細っこい身体を押し拉ぐ三番目のレイプ。

ただ、シチュエーションの構築は全くお笑い種で、それぞれのFUCKにほんの瘡蓋みたいにくっ付く程度。

強●なのに、たまちゃん、とっかかりで笑ってないか?。

彼女の最強作はGoldenCandyの名シリーズ『学校でしよう6』だ。

併せてご覧あれ。

本編はこちらから

みずたまもよう

みずたまもよう
本編はこちらから

ギャルちっくペコちゃん人形?

この子も単体では復刻ならず、反面、旧作VTRが安く手に入るけれどね、水原たまちゃん。

大化けこそしなかったが、オムニバスやインディーズに良作を残す。

マニアックでコアなファンが付くタイプの子。

斯くいう私もその一人ですが。

結論からいうと主題の曖昧な芸のない絡みを三つポンポンポンと並べただけ。

それでも観られるのはひとえにたまちゃんの素材のお陰。

セミロングの柔かい茶髪に、とんがり目の猫顔というんでしょうか、はたまたギャルな不○家ペコちゃんか。

片手に収まる具合の形いい乳房や、やや肋骨の浮き出たウェスト周り、薄い肩等どこをとってもお手頃な感じ。

彼女には最強のポージングがあって、所謂正常位で肩を一寸すくめ、横を向いて口元にゆるく握った拳を当てて噛む。

両腕で胸を強調するように腋から手挟み、その時に顔、肩、鎖骨、喉元全体で醸す果敢なげな雰囲気は、今なら萌えという言葉で説明できるもの。

本編はこちらから