【南あおい】とても良い – もしもTVの中でパンチラ誘惑する女子アナのマ○コを舐めれたら… 女子アナにクンニ

バックファイヤーで射精したい 四つん這い手コキとフェラ

バックファイヤーで射精したい 四つん這い手コキとフェラ
本編はこちらから

つまらん

さすが1980円を売りにしてるだけあってただの寄せ集めばっか・・・
本編はこちらから

禁断愛 熟女とロリッ娘 白河雪乃 南あおい

禁断愛 熟女とロリッ娘 白河雪乃 南あおい
本編はこちらから

悪すぎ

女優が悪すぎ。

若いのはブス過ぎる、こんなのがAV女優でございます、と言えるものか。

年増も顔は悪いはセリフは下手では商品にならないだろ。

これでは最後まで見る気しない、流石ジャネスでした。

多分、レズ苦手の女優にレズらせた作品かな。

「とりあえず脚本通りに絡みました。

それでいいんでしょ!」っていう台詞が聞こえてきそうな、心がこもってない、表面的な絡み。

レズは苦手な女優を無理矢理二人集めて、無理矢理絡ませたという感じです。

あと、妙に音が小さい上にこもっている。

非常に聞きづらい。

その辺りも残念だった。

本編はこちらから

丸の内OL 昼休みの脱糞 汚れた制服 2011年夏

丸の内OL 昼休みの脱糞 汚れた制服 2011年夏
本編はこちらから

あおいちゃんが満点! 男のツバは止せ!

2人目のあおいちゃんが可愛らしい。

リアクションもよかった。

しっかりウ◎コを見せているが、浣腸もしてくれてたら、もっとよかったかな。

塗らなくていいから浣腸をしてほしい。

1人目のコは不細工でもなく悪くないのだが、ア◎ルに野郎がツバをかけて濡らすのはご法度!きちんとオイルを用意せよ!手抜き&不潔は胸くそ悪い。

本編はこちらから

僕のペットはお母さん 3 華山美玲

僕のペットはお母さん 3 華山美玲
本編はこちらから

全編、パケの格好

脚本なんてあってないようなもんだし、男優はオッサンだし正直ドラマとしてのレベルは高くない。

ただ、華山美玲が全編パケの格好で奴●っぽく犯●れるのがエロく、手錠も1回目の本番の後半だけは外してしまうが、それ以外はかけっぱなしというのもポイント高め。

抱き合わせ女優の南あおいも、胸は小さいが顔はかわいいし、姿勢がいいので激しめの騎乗位がかなり見ごたえあり。

女優が好きでドラマに期待しなければ結構楽しめる作品。

セル版はモザイクも薄めだし、いいんじゃないでしょうか。

本編はこちらから

もしもTVの中でパンチラ誘惑する女子アナのマ○コを舐めれたら… 女子アナにクンニ

もしもTVの中でパンチラ誘惑する女子アナのマ○コを舐めれたら… 女子アナにクンニ
本編はこちらから

リアルを追求して欲しかった

タイトルにかなりの期待をして購入したが内容は過去にも似たよなものがあった感じでがっかり。

普段、テレビで見るアナウンサーへの妄想をそのまま連想させてくれて尚且つ、エロを展開してくれればよかったのだが、終始クンニでおもらしのみ。

(一部ファック有)単調なものでした。

羞恥心もあまりなかったのも不満でしたし最初からウェルカムな姿勢でいる女優にはどうもAV色が強すぎてありきたりな感じでがっかりしました。

くだらん

女子アナぶっかけシリーズはどれもハズレなく良かったが、この作品はひたすらくだらない。

女優の質もかなり悪い。

ロケットには再度まともな作品を期待したい!

終始クンニにこだわる素晴らしさ

終始クンニにこだわっています。

他の方のレビューでは厳しいですがタイトルにもなっている以上、買うほうとしては余計なシーンを入れず特化している方がありがたく好感が持てます。

クンニ好きは買って損はないでしょう。

もっと色んなシチュエーションでのクンニを観たいです。

シリーズ化希望します

顔射ものに期待・・・

クンニ中心の作品ではどうも・・・。

ロケットの”女子アナに顔射”シリーズは人気もあって第5作まで発売され、内容も段々とエスカレートしてきて大変良かったのに、がっかりです。

むかしTVで人気女子アナの顔アップでのニュースがありましたが、そんな設定で顔射シリーズを復活して欲しいものです。

個人的にはお勧めかと・・

他の方のレビューは厳しいですが、個人的には「女子アナが悶えながら~」という視点で言うと相当楽しめる内容だったと思います。

確かにクンニがほとんどなのでその辺は不満が残りますが、Rocoの悶え方は同系のAVの中では個人的には最高ですし、立花みずきの悶え方も耐えながら感じちゃう王道で二人とも私の好みで十分おかずになりました。

南あおいは途中まで反応が薄いのですが感じ始めてからはかなり良いリアクションで◎です。

もう一人は好みではないのでスルーでした・・。

これでクンニだけじゃなく手マンなどバリエーションがあれば私は満点に近い作品だったのではないかと。

まあ、好みとか何にフラグが立つかの問題なんでしょうね・・。

シリーズ化して欲しい

2人目、4人目がツボでした。

「原稿を読み上げる・会話を続ける」、しかし「できる限り感じてはいけない」という条件下であっても、我慢しきれず感じてしまう。

「理性に反して崩れていく様」を楽しみたい方にはおすすめです。

4人目の女性は男性と会話しつつ感じていくのですが、男性の演技も程よい線を保っていて、かなり秀逸だと思います。

この会話バージョンは、是非シリーズ化して欲しい。

フェチだけで一本は成り立たない

最近増えている気がするんですが、フェチとかだけでAVとして成り立たせようとタイトルにつけたシチュエーションに固執しちゃうパターン。

クンニを延々と見たくて、それ以外のAVらしい要素なんて一切みたくない!という人にはお勧めです。

しかし、昨今スタンダードになってるフェラとかパイズリとか射精シーンなどAVらしい盛り上がるシーンが見たいという人は、ほぼ含まれていないので気をつけてください。

なぜなら、タイトルで「この作品はクンニのみしか扱いません」と限定しているので。

免責事項となってますので、苦情は言えませんね。

こんなのでいいのかな。

AVメーカーって。

隠れた名作

はじめこれは失敗作だなと思ってみていましたが、これはいい!バイブも手マンもない、クンニ「のみ」延々と続けられる責めに、はじめは退屈気味だが次第にじわじわと反応してゆく女優の表情の変化の色っぽさ…これは瞬発的なイカせものではとうてい見られないエロス。

次第にろれつがまわらなくなり、目が飛んで膝をガクガクさせながら悶え、それでも原稿を読む女優の愛しさはシリーズ屈指。

突っ込みどころは多々あれど、女子アナシリーズのフェチ、マニアックな要素を追求した佳作と言えよう。

我慢もの?

女子アナに役の女優たちが、責められ感じながらも原稿を読みつづける企画物。

男優は存在が無いものとして扱っている。

女子アナに顔シャシリーズは特殊すぎて、スルーしていたけど、今作は女優のレベルも結構高く、時間を止めるシリーズとかよりは感じてる姿をみれるのが良い点かと。

南あおいはクンニのみで反応もやや温いので残念だが、Rocoは長時間のクンニ責めに感じてる姿がよい。

三人めの咲になると、クンニ+立ちバックで責めながらの原稿読み、立花みずきは、クンニ⇒挿入、座位で反応が最も良くエロイ。

美形のRocoにファックシーンが無いのがやや残念だが、シリーズ化されたら次回も見るとは思う。

Rocoの感じ方がエロくていいです

2人目のRocoの我慢しながら感じている姿、声がかなりそそられました。

時間も長くてよかったです。

最後にファックがあれば最高だったのに・・・。

他の女優はイマイチでしたが。

タイトル通り

クンニ&我慢が好みなら絶対オススメ。

レビュー厳しい人のコメント読むと、顔射ぶっかけシリーズと勘違いしたと思われる人ばかり。

そりゃ合わないよね。

個人的には、もっとクンニに終始してメロメロにして欲しいところで本番が気に食わなかったが、概ね満足。

以前にDVDで買ったにもかかわらず電子版を買ったぐらいです。

シリーズ化されていないのが残念です。

顔射よりもニッチなのかー。

他人の好みはわからん!

とても良い

好き嫌いはあるかもしれませんが、我慢しながらのアナウンスぶりどれも興奮ものです。

女優陣も必死に読み上げようとする健気さがいいです。

クンニしている男優(?)も結構頑張ってます。

私は携帯サイトとパソコンサイト両方ダウンロードしました。

お奨めです。

本編はこちらから

サポ希望 16 赤羽 あおい

サポ希望 16 赤羽 あおい
本編はこちらから

南あおい

顔はパケ写通りの感じで、可愛い方だと思います。

バッチリ、メイクしてますが。

ボディの方は、少しだけぽっちゃりな感じ。

内容は、このシリーズのいつもの流れで、まずはダラダラと長~いトークをしてからHに入ります。

パケ写の制服でHの後、シャワーを浴びてフェラ&イラマ。

セーラー服に着替えてバイブ責めの後、制服H。

パケ写を見て、この子の制服Hが見たいと思った人には良いんじゃないでしょうか。

無駄に長い

このシリーズは初めて視聴。

収録時間は約120分だが、オープニング後のチャプターが延々と60分以上続く。

しかも、無駄に長いどうでもいい会話が10分以上つづき、その後も無駄に長い責めが続いて結局このチャプターではFすらせず。

その後にパケ写のブレザーで本番1回、全裸でシャワー、Fのあとセーラー服に着替えもう1回本番という流れ。

実質、後半の60分でいいという作品。

本編はこちらから