【桃果サキ】評価の難しい作品 – 醜い熟女に飼われる家畜少女2 桃果サキ 五十嵐しのぶ

JORO 〜折●女郎〜 桃果サキ

JORO 〜折●女郎〜 桃果サキ
本編はこちらから

盛り上がりに欠ける作品

身請け元の旦那から可愛がりを受けている時の表情はすごく良い。

が、逆に置屋の女将の色気がなさ過ぎであり、二人とも化粧が薄過ぎることも画面の暗さを増している。

全体に画面も話の展開も暗過ぎて、最後まで盛り上がりに欠ける作品であった。

女郎モノの傑作

魁vs桃果サキ三部作の中では、もっとも一般受けする作品。

桃果サキファンは飯を抜いてでも見る価値あり。

ただ、ストーリー展開が暗すぎる。

【詳細はSM探偵団新作情報574をご参照ください】

カメラアングルが最悪

映像の始まりも雰囲気もタイトルに合った良い流れの様だったのに、カメラアングルが最悪だった。

せっかく女優が苦痛と羞恥に耐え、ファンならずともゾクゾクする様なシーンが展開されるのに、女優の表情が殆ど撮れていない。

お尻だけや胸だけなど、敢て顔を撮るのを避けたとしか思えない最悪のアングルが続く。

あ然としたのは、ニヤニヤした男優の顔と女優のお尻のカットが延々と続くところがあり、とても残念な仕上がりだ。

お尻フェチや胸フェチの方には、お勧めかも。

本編はこちらから

醜い熟女に飼われる家畜少女2 桃果サキ 五十嵐しのぶ

醜い熟女に飼われる家畜少女2 桃果サキ 五十嵐しのぶ
本編はこちらから

五十嵐しのぶ・マジで好きになりました。

メインのサキはかわいいです。

文句なし。

巨尻だし。

でも、なぜか五十嵐しのぶに心を奪われた。

五十嵐しのぶ かわいい!

いじめに性的興奮する人向き

いじめ、非常に徹底したいじめみなしごサキは、育て親をお父さん、お母さんと慕うでも“お父さん”から性的凌●、それを見て激怒した“お母さん”からは性的調教の連続その調教は、借金取りに、サキを好きにさせるためローソク垂らされてても、ぺ二バンで犯●れても、「お母さん」と泣き叫ぶ、けなげなサキ、心底哀れしかし、後ろ手縛り、四つん這い、でかい尻とマンコを突き出すサキには勃起してオナニーせずにはいられない特筆シーンはサキにとっての“お父さん”と“お母さん”がSM性交渉するのを“お母さん”の命令で正座で見させられ、お父さんとお母さんの性器がつながる部分を無理やり見せられたあとは、性交するお母さんの肛門をなめさせられる夫婦の事後はサキの口が二人の性器を掃除お父さんのペニスを丹念になめお母さんのあそこからは精液を吸い出す吸い出したあとサキの口の中が精液だらけ

かわいい。

桃果サキは初々しい演技がうまくてかわいい。

ただ、責めが大人しいのでイマイチ。

もっとガンガンに虐めてほしい。

SMではないが陵●ものとしは上出来

SM要素は無いに等しいが、陵●ものとしてはかなりの出来。

1.義父にセックスされるサキ。

2.1.に怒りサキの尻を叩く義母(しのぶ)。

3.義母がサキに覆いかぶさり、乳舐め。

その後サキに跨り顔面騎乗強●レズクンニ。

4.義父が義母にプチSM。

5.義父と義母の性交をサキに見せる。

最中、義母のアナルをサキに舐めさせる。

6.サキが性交後の義父のペニスを掃除フェラ。

続いて、義母のマンコに出された精子を掃除クンニ。

7.義母がサキにバイブ・ロウソク・ペニバン責め。

8.義母が丼に放尿し、サキの口に注ぎ込む。

サキもしのぶも演技が上手く、陵●ものとして十分楽しめる。

評価の難しい作品

ビデオ全編が桃果サキへの責めのような作品。

久々に見た完全無欠のタコビデオ(個人印象)。

魁監督の意欲作だが、抜けるビデオではない。

でも、かわいい桃果サキ。

オーソドックスな責めのシーンは120分のうち10分足らず。

それでも、全編、桃果サキの表情が楽しめ、彼女のファンは必見(かも)。

【詳細レビューはSM探偵団新作情報573をご参照ください】
本編はこちらから

女優志願の残酷物語 生田沙織

女優志願の残酷物語 生田沙織
本編はこちらから

アダルトビデオ的アダルトビデオ

面白い作品だが、抜ける作品ではない。

成人映画として上映したら、キネ旬のベスト30くらいにも入賞できるかも。

桃果サキの浣腸シーンはアテレコとは思えないくらい自然。

【詳細はSM探偵団新作情報581をご覧ください】

リアル風。

撮影現場を生々しく見せるというのが新鮮でよかった。

このままドキュメント風にしとけば面白かったのに。

黒パンストとセーラー服

作品全体を通して抜けるとは言い難いが、生田沙織ファンとしては、沙織さんの黒パンストやセーラー服、そして縄掛けされたヌードなど、うれしいシーンが点在しており、決して侮れないものがありました。

意欲的

どうやらAV女優の吹替え?というか男優を起たせるのが仕事という女性の話らしい。

魁監督作品ということで迷わず購入したけど、得意の縛りなのかストーリーを見せたいのかがやや散漫。

フツーにドラマものでやればフツーに面白いのに。

どこかシネマジック風な匂いが。

縛りマニアにはお勧め

このメーカーのこのレーベルは縛りマニアにはお勧めである。

他の縛り作品が低調なためか、このレーベルの最新作がなかなか借りられないのが不満。

なんじゃいな

沙織さんがAVのダミー女を演じるという悲しいお話しなのかな。

4つの景で話しが続きます。

1景のおばさんはさておき,2景以降は桃果サキさんが出演しています。

この娘の代わりですからかなり無理だろうと思いつつ,映像を見ていると「へー」とどうでもいい感心をするのです。

されど,沙織さんの体型はちょっとお疲れのようで,サキさんとの比較が悲しいな。

2景以降に縛りも出てくるけど基本は撮影風景です。

あとは沙織さんのオナニーシーンが出てくるだけで,ラストの頑張りも何とも盛り上がりに欠ける作品のような感じがします。

本編はこちらから

緊縛折●少女 桃果サキ

緊縛折●少女 桃果サキ
本編はこちらから

レトロな雰囲気。

昭和を思わせるようなモノクロ場面を入れながら、殆どセリフも無く少女の小さな喘ぎ声だけが聞こえる静かな映像は監督の拘りなのでしょうか。

徳田爺さんが桃果サキ嬢を得意の縛りで拘束し、少しずつ服を剥がし、胸や陰部を責め立てたり陰部を眺めながら酒を飲む変態親父の役で出ています。

今ひとつストーリーが読めないので自分的には興奮度も上がらないし、蝋燭責めや道具を使った責めもありますが、SMとしては非常にソフトなのでマニアには物足りない作品だと思います。

後期高齢者SMビデオ

完璧に映像化された椋陽児の世界。

桃果サキの魅力がいっぱい。

少し過激さも欲しかったイメージビデオ的SMビデオ。

男優の爺さんをどう思うかが好きかどうかのポイント。

【詳細レビューはSM探偵団新作情報572をご参照ください】

お蔵入り

とにかく、展開が超遅い!ショーツひとつ脱がせるのに、上げたり、下げたりと、徳田のおっさんに何モタモタしてるんや!と言いたくなりますね。

それにしても、サキちゃんはいい女優でしたね。

間股縄で感じている彼女の顔は絶品でした。

こんな表情だせる女優はもういないでしょう。

微妙だけど

桃果サキがエロ爺さんにいたぶられるという,まさに高齢化社会を意識したAV。

てなわけはないでしょうけどねぇ。

大きく2景があるのだけれど,その違いがよくわからない。

まぁ,エロ爺さんのいやらしさを強調したいのでしょうけど,そのスピードと繰り返しが何をするにもイラつきます。

それに比して「桃果サキ」嬢の無修正と思われる体といい,仕草といい,ちょっと気になる女ですね。

2景では,むっちりさ加減にキッチリ股縄が美しいですが,流れがよくわからないので,混乱します。

さらに,2景の下着上下のアンバランスは最低ですね。

時代をさかのぼっているのかロリを意識しているのか,ガッカリさせるのが上手いなぁこの演出家。

最後のSEXはちと無理でしょうね。

でもよく頑張りましたエロ爺さん。

折●のタイトルに誘われて

SM大好きオジサンにとって折●の文字は刺激的です。

出演の女優さん、サキちゃん、とってもカワワーイイーーです。

折●する、オヤジさん、よくこの手のAVには、よく出演する男優さん、スケベで、将来、私もこんなオジーサンなるのだろうか、ふと思った次第です。

サキちゃん、見るだけでも損はないよ。

川上ゆうの妹みたいな娘

ふっくらとした日本的な女学生で三つ編みのおさげが良く似合う女の子を麻縄で緊縛する。

空け放らたれた窓、外から丸見えの和室で股縄を施す。

若い恥部に麻縄を直に這わせるシーンは見所です。

ただ、他に緊縛シーンや蝋燭攻めはあるがピークが感じられない。

大洋図書ならではの静かなつくりは良いのですが、まるでイメージビデオのようで、タイトルほど期待するものも無く、感情移入も引き込まれる感も足らない。

サキちゃんの良さも出せてない!(SEXはありません)今後のサキちゃんには期待しますが、これはもの足らないです。

大洋図書さん!過去に名作揃いなので、良いものを出して下さい。

評価は★2.0~2.5個くらい

さよなら桃果

さすがに老舗大洋図書。

爺さんがまた良いアクションします。

近頃のAVは先を急ぎ過ぎすぐ縛り、即下着を剥ぎスロットイン!女優も即前回で過剰な演技が多くそれが普通と思っているあなた、これはジックリと魅せてくれますよ。

桃果サキちゃんは過剰な演技は無く昭和を偲ばす雰囲気に本気汁を流し喘ぐ。

すべてにおいて自然です。

肩で大きな息をしていたサキちゃん。

引退はないよ~帰っておいでー!
本編はこちらから