【三村あかり】ホテルを舞台にしたセックスコメディの傑作 – 顔は廊下 カラダは客室!!

顔は廊下 カラダは客室!!

顔は廊下 カラダは客室!!
本編はこちらから

なかなか

企画は面白いが通行人などはエキストラでしょうね!それを知らない人にはドキドキハラハラの作品です。

ホテルを舞台にしたセックスコメディの傑作

おそらく甲斐監督史上最高の企画である「顔は○○カラダは○○シリーズ」の「ビジネスホテル編」。

ビジネスホテルにおいて、女優は顔だけを通路に出して、下半身はパコパコとチ○ポで突かれている。

まさに「頭隠して尻隠さず」の逆バージョン。

ところが、途中でスタッフが暴走を始めて、「顔」どころか、「カラダ」ごと通路へ移動する始末。

ホテルの廊下で堂々とセックスする姿は、もはや「やらせ」とかいう以前の問題。

人の気配を察した女優が騎乗位の状態から慌てて逃げ出すシーンは最高。

これはビジネスホテルを舞台にした「セックス喜劇」であり、個人的には大好きな一本。

女優のリアクションがとにかく笑える。

そして、笑いながらしっかりと抜ける。

本編はこちらから