【木原りんご】玩具が出なくて良かった – レズレッスン 水野礼子・木原りんご・古河由摩

レズレッスン 水野礼子・木原りんご・古河由摩

レズレッスン 水野礼子・木原りんご・古河由摩
本編はこちらから

玩具が出なくて良かった

テンポが速くキス場面もネチッコクて古川嬢が水野嬢をその気にさせていく過程は絶品。

そして痴女に変化していく姿も見所。

木原嬢も可愛くて責めて責められ痴女に変貌。

それらがテンポ早く展開進むので退屈しない。

そして嫌いな玩具が出ないのが良い。

只3P場面からは少しだれた。

ここを編集で半分以上カットできれば90分作品になります。

そうなれば満点評価です。

本編はこちらから

妹の夏休み 木原りんご

妹の夏休み 木原りんご
本編はこちらから

この世界に入ってくる女の子じゃない気がする

確かに黙っていればねぇ…。

可愛いことは可愛いんだけどアップになると? くるみちゃんと妹分というのも疑問です。

まあまあ

女優がまだなれてないういういしさが良かった

黙っていればいいのに

たぶん、気恥ずかしさの照れ隠しからでちゃう言葉なんだろうけど可愛くないこんなタイプの子はともかく恥ずかしがっていればポイントが上がるのですが… でも、一作目を借りてしまおうとする自分の性が恐ろしい(^.^;)

ロリよりも・・・

風呂場のイチャイチャシーンはよかったですが・・・。

作品鑑賞を進めていくうちに彼女はロリ系よりも人妻系の方が似合うのではないかと感じました。

本編はこちらから

天然うぶ 木原りんご

天然うぶ 木原りんご
本編はこちらから

森下くるみの「幻の妹」

森下くるみの妹分「木原りんご」のAVデビュー作。

姉が「くるみ」なので妹は「りんご」という事である。

「うぶ」というコンセプトで大ブレイクした森下くるみの「二匹目のドジョウ」を狙ってデビューするも結局「なんの話題にもならなかった」という悲劇の女優。

まさにTOHJIRO監督の「セルフパロディー」と言えるくらい森下くるみのデビュー作とそっくりな内容。

もっとも、肝心のりんごちゃん自体に、あまりにも魅力がなさ過ぎた。

今では「森下くるみに妹分がいた」という事実は完全に「なかった事」になっている。

なんのためらいもなくオナニーを始めた上に堂々と「マ○コ」発言。

「初フェラチオ」で男優のパンツを脱がせてからチ○ポを握るまでの反応も異様に早かった。

「ウブ」が聞いてあきれる。

こんなもんかな

SODの「うぶ」シリーズが好きだったので、観てみましたが、思ったより可愛くなく、内容もこんな感じかな?って、感じでした。

りんごちゃん

パッケージの表情にそそられ、かわいい声だと思っていたら、意外と、太い声でした・・・

声がおばさん

昔、パッケージに釣られて買った思い出があります。

肌は白いし、目鼻立ちは整っているし、容姿は十分うぶで可愛いと思うのですが、いかんせん声の質がおばさんみたいで少女というイメージが崩壊しました。

一切しゃべれない女優という設定なら生き残れたかも。

本編はこちらから