【冬野みずき】ちょっと前ふりが長いかな。 – 少女恥態 冬野みずき

少女恥態 冬野みずき

少女恥態 冬野みずき
本編はこちらから

もう少し可愛ければ

冬野みずきが、もう少し可愛ければ、見ていてドラマ性もあって面白いと思うが、今一つ乗れなかった。

責めとしては、マ○コに直に蝋燭を垂らすシーンは良かったが、他はソフトSMで面白くなかった。

そういえばそのシーンは頭が下になって、顔が上下逆になるせいか、ちょっと顔が可愛く見えた。

そんなんで、私的にはもう一歩って評価した。

見どころはひとつだけ。

マ○コに直接、ローソクはよかった。

ここだけが見どころ。

あとは普通。

速水サンのムチは相変わらずヌルいし。

ロッキングチェアに逆さに縛り付けて強●失禁

フイルム撮りしたような画質に加工し、劇伴もふんだんに入れ、かなりシネマ風にした導入部。

いきなり脱いだ、と思ったらただ着替えただけ、パジャマでSM画を思い出しているから当然オナニー、と思ったらそのまま寝るだけ、などと、よく言えばじっくり、悪く言えば長々と雰囲気を組み立てています。

責めが始まると責めっぱなしでかなりのエロさ。

少女が、おそらくは考え直して自ら責めを受けに来たのだと思いますが、その覚悟はどこへやら、責められている間は終始嫌がる声を上げています。

「嫌がりつつも感じちゃう」というやつで、ちょっと説得力に欠ける感もありますが刹那的なエロさは強いです。

ロッキングチェアに逆さに縛り付けて強●失禁させるのなど特によかった。

ファックは最後に1回だけごくあっさりなのは、このメーカーのパターンか。

雰囲気がいいだけに、女優にカメラマンの影が映り込んでしまうのは残念なところ。

ちょっと前ふりが長いかな。

昔の…ロマンポルノの様な前ふりがしばらく続きます。

途中から少女恥態責めが始まりますが、大の字開脚のバイブ責めが一番良かったです。

早見さんもけっこう頑張ってますし、少女役の冬野みずきさんも高校生っぽい雰囲気はでてましたよ。

まあ、でも評価は星3つです。

本編はこちらから