【君島佳子】やや熟女っぽい処女 – 「実は私、処女なんです。」厳格な家庭で育った箱入りお嬢様が婚約者についた嘘を本当にするために1本限りの奇跡のAVデビュー 君島佳子

「実は私、処女なんです。」厳格な家庭で育った箱入りお嬢様が婚約者についた嘘を本当にするために1本限りの奇跡のAVデビュー 君島佳子

「実は私、処女なんです。」厳格な家庭で育った箱入りお嬢様が婚約者についた嘘を本当にするために1本限りの奇跡のAVデビュー 君島佳子
本編はこちらから

どうしてなんだろ

コンセプトやキャストもいいんでしょうけど・・・・何故か奮い立たない。

そうだ、演出・脚本が陳腐なんだろうか?インタビューのドキュメント手法よりも、ドラマ風のシナリオだったら良かったのにね。

でも、なかなかです。

清楚な女が

清楚な女に興奮しました。

こんなに礼儀正しい女を犯したくなります。

本当にこんな女がいたらセックスを教えたくなりました。

本当に?

28歳処女、お嬢様?顔、スタイルはいいけどなんかがっかり。

処女膜があると言う診断書うそっぽい、お約束の設定なのでは。

結婚前の処女喪失、婚約者にうそをついているからソレを本当にしたい?どこまで本当なのか?

それなりに楽しめるのだが

女優は、バストも大きく、山口もえのようなしゃべりで、お嬢様感をだしているのだが、喪失時の絵の具のような真っ赤な出血であまりいたがらない不自然な演出。

最後のシーンは、それなりに楽しめるのだが、ありきたりなSEX。

フェラチオのぎごちなさも感じれず、本当の処女かと?お嬢様AVとしては、見るには楽しめるかも

やや熟女っぽい処女

タイトルにもありますが、「28歳で処女」(そう言う設定?)の君島さんです。

内容は「処女喪失」ものの定番的構成(インタビュー~脱衣、初フェラ、「貫通儀式」など)ですが、珍しく車中での「初生チ○ポ触り」なるコーナーを入れてます。

(あまり意味があるとは思えないが)それと、他の作品では半ば「お約束」化しつつある「初3P」(率直に言えば不要)では無く、「初のイクSEX」をしてる点に好感を持ちました。

(実際、喪失後にいきなり3Pは厳しいし)
本編はこちらから