【大村詩織】女優は新鮮。 – 獣道一直線 現役巨乳仲居アナル飼育 大村詩織

獣道一直線 現役巨乳仲居アナル飼育 大村詩織

獣道一直線 現役巨乳仲居アナル飼育 大村詩織
本編はこちらから

純朴そうな色白M女の麻縄緊縛姿が妙にそそります

大村詩織さんは凄く美しいという程では無いが色白ではりのある大きな乳房が魅力的です乳輪は大きいが色は薄く、乳首が小さいので清純見える喘ぎは静かで、快感も痛みもうちに籠っているように見え最後に声無く涙を流すところは我慢強そうな日本的なM女に見え好感が持てた作品として、これぞという場面に乏しいが、素朴なスリップ姿とそれを捲って虐めるシーンと荒目の麻縄を使った縛りに拘った点は評価するただ、似たシーンばかりで、パケに載っている水責めと筆責めも時間が少なくあっさりし過ぎて中途半端指と少々のバイブだけではアナル開発になって無い感じがする!どれもじっくり厳しくやらないと伝わってこない詩織さんはマゾ女として素質十分の逸材まつかつ監督のもと、逆さ吊や開脚恥部などを鞭打たれて耐える妻や医院で浣腸などで苛め調教されるノーパン股縄看護婦など色々見たい作品は★3彼女は★5

ノスタルジーを感じる作品だが、編集が最悪

女優はタイトル通り、タイトル通り素人ぽく感応的。

昔の作品の編集なのか、返照方法が難あり。

カットが変わり、いきなり緊縛シーンが出てくるが、緊縛過程での女優の拒否反応が凌●物の見どころの筈。

アナル飼育はあるが、カメラアングルと暈しの大きさで、AFなのか分からず。

男優のぎんじ君の若さと場面設定より昔の凌●物でおじさんAVマニアには何かノスタルジーを感じる作品で、現代の凌●物とは一線を画する。

女優は新鮮。

あれこれ縛って、なかなかエッチをしない。

ようやく挿入シーンになったら縄をほどいてるのでキレイな胸が横に流れてただの胸。

本編はこちらから