【葉月綾香】インパクトがちょっとねー。 – 生娘マゾ愛奴

生娘マゾ愛奴

生娘マゾ愛奴
本編はこちらから

ハイソ・フェチにとっての傑作

故峰一也監督が残した傑作。

普通の庶民的OLが監督のテクニックによって、オーガズムを感じて大声で叫び、歓喜する。

はげしい描写はないが、女性は椅子の上に縛られ、マゾの世界に誘われていく。

マゾは特殊な変態だけの世界ではなく、普通の女でもなれる世界だということを表現している。

その時重要なアイテムがハイソである。

ハイソにフェティシズムを持つ者にとって、この作品は傑作だ。

後藤沙希のハイソは、ナイロンの質感を持つハイソなので、出演女優の雰囲気とマッチしている。

もう一人の葉月綾香のは一昔前の太ももまでのストッキングに近いが、彼女の雰囲気にはハイソよりも似合っている。

これもいい。

二人とも最後までハイソを脱がず、マゾの世界に堕ちていく。

OLのハイソ物は少ないので、この作品は貴重で、もっと評価されるべきだ。

インパクトがちょっとねー。

ケシは薄いですが、インパクトが弱いっすね。

ハンディーカメラごしの監督の声が、ちょっと興ざめです。

ぞくっとする場面は、あまりありませんでした。

本編はこちらから