【瀧本梨絵】1回しかSEXしてないけどなんか、そそる子 – ED治療 医療コンシェルジュ瀧本梨絵 覚醒 医療の限界を超える為の挑戦

医療コンシェルジュ 瀧本梨絵 SODstar Debut

医療コンシェルジュ 瀧本梨絵 SODstar Debut
本編はこちらから

引退作のようですが 残念ですね。

色々あったようでSODstarDebutからの作品を出し今後の活躍が期待していたのですが引退作となってしまうようです。

カラミは3回ありますが 2回目のカラミでは突き刺すような激突きのカラミも見られます。

カラミはすべて1対1のカラミです。

スタイルの良さと感度も悪くなくこれからやっと普通にAVとして見られると思ってた矢先の引退が残念です。

 せめて3Pシ-ンはみたかったのに残念ですね。

かわいい

ともかく清楚で美人。

すでに3作品出演してるみたいですけど、ほとんど男優さんとの絡みのシーンもなくてもったいないですね。

やっぱり真面目な女の子 みたいだし、AVデビューしたみたいだけど なんか イヤイヤ演技してるのかもしれないですね。

ほかの方のコメントみてると 引退したという表現もあり、 やっぱり と思いましたせっかくスカウトしたんだし 再デビューしてほしいですね

第二作まででいい

本作、溜池氏から監督が変わり、すっかり路線が変わってしまった。

第二作目の溜池氏との確執があったせいなのか、瀧本さんの事務所が、違う意味でもう第二作でやめたら?と言ったというが、ほんと第二作で終わっていれば伝説となったかも。

まず、第二作目の出来事から瀧本さん、やる気を失ってしまったのか、冒頭のインタビューが棒読み。

台本読まされてる感丸出し。

一人目の男優さん、このシチュエーションでいきなり騎乗位はないだろう。

ここは受け身の正常位からだろう。

3人目の男優さんがひどい。

AVのレクチャーをする、とか言って出てくるが、キスの仕方でいきなりべろちゅーは引く。

汚い。

その後も、AVとはこういうものかもしれないが、どろどろのAVそのもので、いや、それよりも下品で女優さんの素材を全く活かしていない。

愛撫も下手で、いろんなことがいきなり、で、瀧本さんが全然感じてない、演技丸出し。

なんなんだこいつは、と思った。

第二作目で溜池氏は、自然さを大切にするために、本番をすることは瀧本さんに言うな、と周りに言って瀧本さんは本番をやることを知らず、最後に意に反して本番を受け入れざるを得なかった、とあるが、溜池氏は正しかった。

第二作目は非常にカラミが自然だった。

全てやらせれてる感があり、演技が不自然。

第二作目でやる気を失ってしまったんだろう。

本作で瀧本さんはSODstarデビューとなり、そのまま引退したと聞くが、SOD側もこれではAV女優としてやっていけない、と思い、いじめをして追い出したのではないか。

本作では抜けず、もう一度第二作目に戻って抜いた。

第二作目は本当によかった。

信じる者は救われる。

一生懸命やったのだろうが、ディスってばかりで申し訳ない。

自分にとっては駄作でした。

監督が悪い。

瀧本さんには同情するが、最後も溜池氏に監督をやって欲しかった。

無理か。

引退が残念

別名はゆうき撫子。

デビューした背景を想像すると興奮します。

前2作よりはマシ

本格デビューということで、前作よりはしっかりカラミ頑張ってますし、何よりこのルックスとスタイルだけでも興奮できます。

ですがやはり、受け身感はあり時々やらされてる感じの表情、リアクションがあるため冷める方もいるかも。

それでも個人的は吉村氏とのカラミはネットリしていてやらしく良かったです。

次、、、はないんだっけ?ま、一応オススメしときます!

ナレーションなければ星5つ

本格デビューということで女優さんもめっちゃ頑張っててよかったのですが冒頭のSOD社員によるナレーションがとにかく邪魔だった。

今回、瀧本さんはSODstarDebutをはたしましたが、一部のSOD社員によるイジメや作品においての人権等の無視などによってAV業界を引退をする事を選んだみたいで本格デビューにしてこれがラストだと思うとかなしいです。

女優さんじたいはキレイでスタイルもよくデビューにもかかわらず絡みやお掃除などいろいろ頑張ってたのにこういう結果になったのが本当に残念でしかたがないです。

今は無理でも移籍かなにかで帰ってくると信じてます。

どうなんでしょう

設定も破綻してるのにダラダラ時間使うだけでどこに価値を見つければいいのかわからないですね

残念です

もったいないですね。

顔はややジャケット詐欺気味ですが某アイドルに似ているような、素人感がハンパないと言い直せば許せる範囲。

控えめながら長い痙攣イキがいいですね。

最近、イカセや陵●モノが多かったので、この作品は癒されました。

是非カムバックを。

満足できる仕上がり

可憐な容姿、スタイルに肌の質感が堪能できる作品。

痙攣して感じる姿もVeryGood!背中右側の上中下に並んだ大きなホクロは必見。

プレイがなるい。

女優は最高なのに、プレイがなるい。

背面騎乗位もなく、つまらん。

何時か再デビュー期待で☆4個

医療コンシュルジュとか銘打っていますがご本人は売れない元グラビアアイドルです。

ですがユーチューブやツィッターで「百武あみ」のごとく男を釣りたい何がしたいのか?解らないまま?AV女優引退までほのめかしたので「医療コンシュルジュ」シリーズ最終作となるのか?ようわかりませんが・・・(笑い)。

何時か再デビューを期待して☆4個とさせて貰います。

肝心の内容ですが体は胸を豊胸してるようですが綺麗でバランスのよい肉付きでバックで突かれているときの姿が綺麗です。

Hは3回1回目はそれなり、2~3回目は清純でいい反応するしお掃除もちゃんとしてくれます。

目が離れていて好き嫌いが別れる顔ですがそれを差し引いても「清純」で「可愛い」しH時の反応も良いし「そそる☆」タイプです。

この子がこの作品で終わるのは勿体無いです、もっと色々な作品を見たかったですね?。

本編はこちらから

ED治療 医療コンシェルジュ瀧本梨絵 覚醒 医療の限界を超える為の挑戦

ED治療 医療コンシェルジュ瀧本梨絵 覚醒 医療の限界を超える為の挑戦
本編はこちらから

その背景に萌える

瀧本梨絵さん。

清楚で純粋な女性に見える。

その彼女がED治療の医療コンシェルジュとしてEDに悩む患者さんを性的に慰めるというシチュエーション。

最初は手淫だけなのだが、キスを要求され純朴な感じで致し方なくキスに応じる。

さらに口淫を求められるが、悩んで悩んでトライするができない。

その後、監督に説得されて涙を流し、その説得により仕方なく監督との本番に応じる。

その前の恥じらいは、このからみに箔をつけるための、台本にかかれたシチュエーションだと思った。

これは大した演技力だな、と思った。

だが、報道と事務所のホームページでのコメントによると、台本には本番をする旨の記述はなく、瀧本梨絵さんが意思に反して行った行為だったとある。

その真偽のほどは別として、そういった背景を知らされると、演技ではなく意に反して最後にAV処女の壁を突き抜けたのか、と思うと、自らAV業界に望んで入るヤリマンの女性とは違う本物の清楚さを勝手に想像して妙に興奮し、抜いてしまった。

その意味では星5つの逸品だと思う。

今後に期待

頑張ってるのはわかるけど2作目にして絡みがすくなすぎ嫌々してるならこの世界に入らなければいいのにとりあえず今回は絡みがあって良かったけど今後どんな作品を出すのかきになるとこ

結局

監督がハメたいだけのビデオ。

めぐりを囲った監督のやり口設定も水谷あおいみたいにすぐに破綻するでしょう

カラミが出来るまでここまで時間がかかりました という内容です

デビュ-作品から見るとカラミが中々見られず引っ張られ続けるのはつらい。

でもデマンドさんらしさもわかります。

瀧本梨絵の葛藤や手コキがのスキルアップの様子が約2時間。

やっと初めてのカラミが見られます。

感度は決して悪くはありません。

カラミの途中で時折見せるピクッという反応はリアルです。

カラミが出来るまでここまで時間がかかりました という内容です。

でも一回のカラミだけはやっぱりつらいね。

1回しかSEXしてないけどなんか、そそる子

酷評されてるけど・・・写真や映像見てると特別美人でもないし(口はアヒル、目は離れてる)でもスタイルは良いし、反応も可愛らしいし胸揉まれるシーンやそっと体を寄せる仕草がナンカそそるんだよね、その勢いでSEXに入るんだけどこれの反応もなかなかも良い。

医療コンシュルジュはフィクションです!ってテロップ入れるなら初めからSODスターでデビューさせれば酷評受けなかったろうに例の事件があって何作か発売停止食らったからSODからデビューさせる新人はやんわりとってなったのかね?
本編はこちらから

ED治療 医療コンシェルジュ 瀧本梨絵(仮) ドキュメント作品 医療の限界と壁を超える挑戦

ED治療 医療コンシェルジュ 瀧本梨絵(仮) ドキュメント作品 医療の限界と壁を超える挑戦
本編はこちらから

やめてほしい

他の女優さんでなくメインの女の子の絡みが見たかったのに・・・次に引っ張るこういうやり方はもうやめてほしい。

がっくりしてこちらの方がEDになりそうだ。

第2作への導入作品

瀧本梨絵さんの、この後の第二作を見て、その純粋さが確認したくて、その前の様子がどうだったのかが気になり、本作を見た。

他のDebut作品でいうところの初脱ぎまでの作品で、カラミは一切なし。

その意味では他のコメントにあるように、本作はAVとは言えない内容。

EDの医療コンシェルジェとして患者の役に立ちたい、という思いから手淫で患者を治療するというシチュエーション。

最初は患者さんをいかせることができず、そこで、元AV女優が手淫の手ほどきをして、やっと手淫でいかせることができる。

でもここでも口淫はなし。

そして、最後、SODの本社の会議室で、監督が二人っきりになろうか、と言って、彼女の弱いところ、その罪悪感をうまくついて洗脳するようにしてやっと初脱ぎを見せる。

彼女も一枚脱ごうとするたびに、ふーっと息を吐き、勇気を振り絞って服を脱いでいく様が映し出されている。

この初々しさは演技ではないと思う。

インタビューの中では、「初体験は19歳の時。

相手は研修で働いていた病院の40歳の医師。

2年間つきあい、半年前に別れた。

経験人数はその一人だけ」と。

手淫の下手さ、脱ぐときの初々しさから経験人数一人というのはまんざら嘘でもあるまい。

またその医師とのセックスでは主に受け身のみで自ら積極的に医師を攻めることはなかったのではないかと、その様子を想像させる。

監督、制作会社とのいろいろないきさつがあり、第二作で、不本意に本番に臨む、その純粋無垢の清楚さ、勇気を見た後だと、その清楚さをさらに確認でき、この後、第二作で不本意にこいつにやられるのか、と想像すると、最後の脱ぎのシーンだけでも抜けた。

本作は彼女の初々しさを確認するためのもので、第二作と合わせて完成版と言える。

抜くためだけなら第二作だけで充分。

彼女の清楚さと勇気に星4つ。

なんだこれ?

メインの女優さんが清楚で女性らしく、とても可愛いですが絡みもなく、ほとんど何もなく終わります。

正直なんだこれ?これを商品として売るんですか?と言う感じです。

女優が綺麗と言う一点で☆2つです。

うーん・・・

正直、エロシーンが少なくガッカリしました…。

ただ、瀧本さんは清楚でAVに出演するようなルックスじゃないので、カラミなくても裸でなんとかヌキました。

ドキュメンタリー作品として割り切ってじっくり見れば面白いですが、AVではないですね。

深夜番組で放送していたらついつい見てしまう程のクオリティーですが(笑)

瀧本梨絵のAV?

瀧本梨絵と出ているが、本人最後に脱ぐ程度。

サンプル画像で馬乗りになっている女優が少し絡みを見せてくれる(その女優はかわいいかな)けどほんの少し。

よくこれで出したと・・・パッケージからしたら詐欺と言われかねない

ひびきちゃんが可哀そう

この人、youtubeとかでこの作品とこの後の作品のこと、ボロクソにけなしてますよね。

しかも元、右系の人で、ソープ嬢で、人権団体とも接点があって、破壊工作員の疑惑まで出て。

こんな人と共演してしまったひびきちゃんが気の毒でなりません。

瀧本梨絵、AV女優のクセに医療コンシュルジュって失礼では?

タイトルの通りです、瀧本梨絵さんユーチューブで「医療コンシュルジュの日常」ってやっておりますが中味は殆どAVのお話命に拘わる医療をしてる方々や本気でEDに悩んでいる人達に失礼です。

フィクションならフィクションなりに振舞うべきです。

なにこれw

エロシーンは全くなし。

アダルトとしての価値は0です。

女優がきれいとか、そういう問題ではない。

返金を求めたいレベルです。

本編はこちらから