【宮澤りおん】乳首、くびれ、尻は絶品 – エロくびれ 宮澤りおん

のたくる変態 宮澤りおん

のたくる変態 宮澤りおん
本編はこちらから

雰囲気エロ

エロい空気は醸し出すもののそれで終わった女優という当時からの印象もったいなかったなあ
本編はこちらから

エロくびれ 宮澤りおん

エロくびれ 宮澤りおん
本編はこちらから

乳首、くびれ、尻は絶品

予想通り、秀作。

ただ体つきがエロイだけのマグロ女とは違い、妖艶さを兼ね備えている。

おちゃらけたファニーセックスではなく、マジのセックスを見せてくれるから興奮する。

そこにリアリティがある。

だから1度見たぐらいではまず飽きない。

もう10年も前の作品だが、まったく見劣りすることがない。

本編はこちらから

舐めて、許して 宮澤りおん

舐めて、許して 宮澤りおん
本編はこちらから

若いのに妖艶さがある。

若いのに妖艶さがある。

最初のお風呂場のフェラシーン射精後の視点が合わない感じがなんともエロい。

好みは分かれる顔立ちだが俺的にはストライク。

昼と夜の顔つきがまるで違う典型的なタイプ。

華奢な体に似合わないバストとなんとも妖艶な目つきはハマる人にはハマルと思います。

不思議な魅力の女優

個人的に思い入れもあって大傑作と思っている作品。

宮澤りおんは不思議な魅力の女優で、派手な見た目の顔ではないが妖艶でものすごくエロい。

きれいな白い肌の細身の身体も魅力的。

そして声がとにかくかわいい。

絡みもとにかく最高。

中盤の鷹との絡みでの潮吹きの時の喘ぎ方が絶品。

かわいらしい声でよがりまくる。

このシーンかなり編集でカットされている感じなのでフルで見たかった…どの作品もパッケージが何故か目線を外しているのが当時から不思議だったのだがそういう契約なんだろうか。

本編はこちらから