【藤本美羽】汁男優のパワーとRCローターが足りない – 淫・崩壊 現役巨乳バレリーナ 藤本美羽

淫・崩壊 現役巨乳バレリーナ 藤本美羽

淫・崩壊 現役巨乳バレリーナ 藤本美羽
本編はこちらから

うーん

作り手はハードコアにしたいのだろうけど、女優の都合か、手加減してるのが見え見えなのが残念。

彼女の場合、過去の作品が全て清楚路線だっただけに、違和感があります。

ちょっとしたぶっかけをこなしてるのは評価できます。

陵●ものとしては・・・

余り良くない。

この女優は折角マゾの資質があるのに、それを生かし切れてない。

無理な格好とかシチュエーションにこだわらないで、本気でイカせることを考えた方が良かったのではないか?このストアにはないが「白鳥の潮吹き」(だったと思う)という作品の方が、彼女をイカせまくっていたと思う

汁男優のパワーとRCローターが足りない

長時間の股間放水責めの後にSEXしてそんなに気持ちいいのだろうか?アクロバティックな体位の連続でかなり大変そう。

集めた汁男優達の体力不足で集団凌●の際の持ち上げプレイが不安定なのが残念。

全裸バレエ&エロダンスの後ローターを挿入して再び踊らせたりシーソーに乗せたりするシーンでラジコンローターでないのが残念。

本編はこちらから

あぶない女子校生 藤本美羽

あぶない女子校生 藤本美羽
本編はこちらから

現在でも必見の軟体作品です!

大袈裟に「プリマドンナ」と銘打ったデビュー作は「悪い」と評価しましたが,本作は格段に素晴らしい出来栄えになっています。

「高校のクラシック・バレエ部の部長」という役柄と,男子学生や教師を次々と挑発する「変態」というキャラ設定が,彼女の良さを最大限に引き出しています。

深刻な展開を完全に排除し,ひたすら明るく楽しいエロスを追求したコメディー・タッチの作品にしたのは,大成功だと思います。

また,デビュー作とは異なり,ブリッジ,V字開脚でのSEX,大開脚でのWフェラ・正常位・騎乗位等々,あらゆるシーンで「軟体」が駆使されているのが良いです。

唯一残念だったのは,バレエ部の新入男子部員との3Pのとき,挿入するのは1人だけで,もう1人は自分の手でシゴいて顔射している点ですが,これは本作の価値を損なうものではないでしょう。

何より,彼女の高い演技力に驚かされました。

文句なく星5つを付けたいと思います。

バレリーナ

身体やわらかすぎ 普通じゃないな 好奇心もフェラもお嬢さん的に旺盛で普通に変態って感じ

この子は秀才

エッチなシーンよりも英語の授業で教科書を読まされるシーンで英語の発音の良いことに感心した。

こういうシーンだけで本当は育ちがいいのかな?なんて妄想にかき立てられるのが良かったです。

マ○コを開かせたら日本一のAV女優

あの「小森美樹」と並ぶアクロバットSEX界(?)の新女王「藤本美羽」。

15年間におよぶクラシックバレエ歴はAV女優になるための「壮大な前振り」だった。

とにかく、「ありえない角度」まで足が上がる。

それゆえ、「ご開帳」のバリエーションは無数。

まさに「マ○コを開かせたら日本一のド変態お嬢様」である。

体のやわらかさを活かして、ありとあらゆる「えぐい体位」でハメまくる。

本作では、異物挿入など「変態プレイ」にも目覚めて、もはや「完全体」に近づきつつある。

他のどのAV女優にも彼女のマネはできない。

藤本美羽はひとつの「ジャンル」である。

本編はこちらから

アクロバットSEX 藤本美羽

アクロバットSEX 藤本美羽
本編はこちらから

セックスの大サーカス

「アクロバットSEXの第一人者」といえば新体操出身の「小森美樹」がすぐにアタマに浮かぶが、クラシックバレエ出身の「藤本美羽」もかなりの「使い手」である。

床に置いたディルドで「開脚オナニー」。

急角度の「まんぐり返し」。

そして、人体の限界に挑戦する数々の「アクロバティックな体位」。

とにかく、こんなに「女優が股をおっぴろげてる」AVは前代未聞である。

現役バレリーナが挑む「セックスの大サーカス」にムスコはギンギン状態。

名シーン連続の「傑作AV」である。

鍛えられた

身体こそ 網タイツとかガーターとかがホントに似合う 感度も高いし それにしても柔らかい
本編はこちらから

Primadonna Fuck 藤本美羽

Primadonna Fuck 藤本美羽
本編はこちらから

想像力次第で駄作にも傑作にもなる作品

Fカップ現役バレリーナ「藤本美羽」のAVデビュー作。

オープニングでは得意の英語でごあいさつ。

本職のクラシックバレエと併せて、彼女が「ええとこのお嬢様」であることを激しく想像させる。

この「想像」があくまで大事なのだ。

最近のAV女優は「いかにも」というタイプが多すぎて、想像力を動かされることはマレである。

ところが、藤本美羽はセックスこそフツーだが、「育ちのよさ」というスパイスがフェラひとつにもピリリと効いている。

180度開いた股間に容赦なく男優のチ○ポを突き立てられるお嬢様。

本来は「あってはいけない光景」に目は釘付けとなる。

もっとも、「想像力」をどこまで駆使できるかがこの作品の評価を分ける「カギ」となる。

結局

バレエをやってる女性が一番スタイルがいいって感じです なんか不思議な感じの美羽chanHは普通

普通にお付き合いしたい女性

色白のカラダに丁度良い形、大きさの乳。

天然素材っぽいかわいい女の子。

タイプの女の子の全裸のオーソドックスなセックスが見れれば個人的に満足。

締りよさそうで、何度もやってみたい。

作品の題名に異議あり!

「プリマドンナ」と銘打った作品なのに,レオタード姿でバレエのポーズをとっているイメージ・シーンが若干あるだけです。

チュチュを着た状態で,かつクラシック音楽に合わせて踊りを見せるシーンは,文字どおり皆無です。

恐らく,本格的な経験者ではないため,「踊れない」のでしょう。

Y字バランスでの挿入は僅か20秒しかなく(すぐに疲れてやめてしまう),軟体プレイといえば,クンニや正常位のときの開脚くらいしかありません。

美羽嬢は素晴らしいと思いますが(個人的にタイプです),如何せんSEXに「バレエ」「軟体」という要素が殆どなく,作品の題名から大きく懸け離れてしまっています。

このため,今回は星2つとしますが,めげずに彼女の他の出演作は見てみるつもりです。

なお,加藤鷹氏(3回目のSEXに登場)を久しぶりに見ました。

プレイ中に喋りまくりです。

淡々とピストンする男優が多い現在では,評価が分かれる男優かもしれません。

本編はこちらから