【小森詩】パケのようではありません – OL監禁 粘着質の悪魔 小森詩

白衣のM診察室 小森詩

白衣のM診察室 小森詩
本編はこちらから

小森詩のベストアクト

肉感的な小森さんのナースコスを、例によって雪村氏が剥いたりなぶったりする訳ですが、剥かれてゆく&縄が絡んで行くプロセスがなかなか見応え有りで、そこに小森さんが震える声と悦ぶ肢体が上乗せされてますね。

終盤の、全裸後ろ手でフェラもいい感じです。

本編はこちらから

レズる! 広瀬奈央美×小森詩

レズる! 広瀬奈央美×小森詩
本編はこちらから

久しぶりに見ましたがなかなかの作品でした

相当前にVHSのビデオで120分作品で買った(テープメディアは全て捨ててしまいました)ことがあったが、今見てもそれほど悪いものではないと感じる。

やはりDVDで見ると印象は変わるようだ(DVDのみの特典映像もある)。

当時は特に名前のあるメーカーさんは内容もしっかり作っていたように思う。

今は値段も下がり画質も良くなったが、作品数が多くなってきて内容も行き詰ってしまった感じで(というか出尽くした感じで意味のないダラダラ作品が多い)モザイクなどの進化・ヘアの露出などに文句を言わない人ならあらためてこのような秀作をDVDで見直すのも良いのではなかろうか。

※VHSの頃ってテープの劣化による画質ダウンがあるにに値段は高かったですよね。

60分モノでも5000円くらいしていたのに・・・。

ある意味、今は良い時代なのでしょうか。

なかなか

最初の女調教師?が指導してるときのシチュエーションの方が興奮するかも、、、最後のレズ絡みは普通かなって印象でした

良いカラミ

奈央美さんは美人で良いプロポーションで見応えが有りましたし感度も良好(二人とも)前半で指導の二人の小母さんと声の司会者は非常に目障り。

出る必要性が感じられない。

二人だけの後半のカラミは見応えが有って良かった。

時間が長すぎるのでおばさんの出てる部分はカットした方が良かった。

カメラマンの荒い鼻息がマイクに入っていて、テンションがいっぺんに下がった。

AVのスタッフは毎日こんなのを見慣れているので撮影中に勃起はしないと思っていたが、カメラを覗きながら勃起して鼻息を荒げているとは何を考えている(怒り)。

評価が大ダウン。

ドグマ社しっかりしろ・・・

かなりの良作

カラミも素人っぽさを全面にだしながらレズというよりそれのテストしてるみたいな感じでとてもいい。

アナウンスの女性の囁きもそそられる。

広瀬奈央美さんイイ!

広瀬奈央美さんは目鼻立ちがハッキリした長身スレンダー美人。

色白なのも良いです。

出演者の2人はレズ撮影が初めてとゆう事で、最初は2人共恥かしながらの絡みでしたが後半は普通に絡みをこなしていたと思います。

ストーリー的には監督が『こうやって、ああやって、こうして下さい』とゆう感じでは無く、絡みはお2人に任せてる感じでした。

前半、講師?調査員?の2人のおばちゃんがいるのですがはっきり言って邪魔です。

何故居るのか分かりません。

少し残念なのは後半の絡みで部屋、照明が暗い事。

もっと明るい部屋で広瀬奈央美さんの肌の白さを見たかった。

本編はこちらから

プライベート奴●[小森詩]

プライベート奴●[小森詩]
本編はこちらから

退屈

パケのうたい文句に合ってるのは冒頭の土下座挨拶だけ。

後は、ありふれた露出プレイと退屈な絡みと責め。

真っ暗な室内での後半は5倍速でも退屈。

記憶に残ったのは全編に流れる自己満足で耳障りなギター?の調べだけ。

折角の小森詩が泣いてます。

本編はこちらから

イエキャブ系お姉さんに犯●れて

イエキャブ系お姉さんに犯●れて
本編はこちらから

巨乳の代名詞

当時、巨乳の代名詞だった「イエローキャブ」。

そんなイエキャブ系のでか乳お姉さんとたっぷりハメまくるという企画。

一人目は「威圧系痴女」として有名な爆乳女優「山口玲子(やまぐちれいこ)」。

いつも通りの女王様ぶりで、当初は、冷たく突き放しつつ、最後にしっかりとイカせてくれる。

二人目は、ミニ体型のロリータ巨乳「小森詩(こもりうた)」。

玲子姉さんの影響か、不慣れな女王様キャラで一生懸命、痴女プレイに励んでいる。

その他、もう一人、マイナーなインディー女優が出ているが、前述の二人だけでも十分に元が取れる内容。

本編はこちらから

OL監禁 粘着質の悪魔 小森詩

OL監禁 粘着質の悪魔 小森詩
本編はこちらから

テンポも後味も悪い

乱田舞が道楽でちょっと変わったものを作ってみたかったのか。

見せられた方はたまったものではない。

ストーカー男が同僚のOLを誘拐する話だが、男の気持ち悪さだけが強調されている。

主役はこの男である。

ちゃんとしたAV作れよ!

大の字

内容的には大したことありませんでしたが、ベッドに大の字に縛られて監禁されているシーンは良かったな

消化不良

小森詩がそこそこ気にっていたので借りてみたが、いまいちの消化不良。

もっと責めて欲しかったが、あれっ、これでおしまいという感じ、なんかなー・・・。

パケのようではありません

詩ちゃんのこんがり胸まで焼けた体はよかったが、何か物足りないカラミだった。

墜ちるといった感じがなく、ただやっただけという印象が残るからだろうか。

本編はこちらから

蛇縛の極道挽歌

蛇縛の極道挽歌
本編はこちらから

設定はいいけれど

報復の設定はいいけれど、●すシーンで拘束を解くなんてなんとつまらないことをするのだろう?小森詩の体はむちっとしていいのに、ローソクなんかやめて、もっと恥辱プレイでせめて欲しかったのに、残念。

復讐がSMプレイじゃね

組長を射殺する辺りまでの設定は悪くないが、その後が、いかにもの縛りとローソクじゃ、復讐劇がSMプレイに切り替わったようで、白ける。

女優もただ「ワーワー」悲鳴を上げているだけ。

もっと精神的な責めを入れて、強気の女が徐々にそして完全に屈服していくところをリアルに描いて欲しかった。

女優は悪くないんだけどね。

愛のないSMって疲れません?…乱田さん

復讐がSM……じゃなく SM調教…ならわかります悪女役の詩ちゃんが調教され 虐められて歓喜にむせぶ女にされてしまう……のならエロいと思います虐めだけじゃSMじゃないよ 虐められて喜ぶ女がいないとダメだいたい詩ちゃんだって 台本に書いてあったからやった…レベルの演技ホントに憎しみ覚えるようなキャラなら別だけどねどう見ても根っからの性悪じゃなし 虐めるだけじゃ浅いな乱田さんのSMつまんない

カンペキ。

小森詩ちゃんだからこそ耐えられるプレイの連続。

見どころいっぱいのハードSMね。

もいっかい見ようかな。

贅沢ですが

小森詩には、もう少しハードな責めがあったほうが僕は好きです。

といってもハードな責めの作品だと思います。

綺麗な女優が・・・

ここまでハード系なのにこのレベルの綺麗な女優が出演していたのびっくりしました。

さすがに「超」はつけることはできませんが十分綺麗です。

内容は縛り、ろうそくたらしなどなど本当に凄くハードです。

本気で痛がる&耐える姿は圧巻です。

このシリーズは本当に「超」がつくほどハードですので好きなかたはどうぞ!!
本編はこちらから