【伊東このみ】爆乳オパッイはたまりません – 爆乳を舐めて吸っての極上手コキ 4時間

爆乳を舐めて吸っての極上手コキ 4時間

爆乳を舐めて吸っての極上手コキ 4時間
本編はこちらから

くだらないシチュエーションはしなくていい

ママァ~~オッパイ吸いたいとかいう赤ちゃんプレイで引いた。

そんなことしないで普通にすればいいのに。

後半は2~3つ面白いのもあったけど

Boin「浜崎りお&辻さき」Box 浜崎りお 辻さき収録済み作品

浜崎りおファン向けの情報。

タイトルの作品に収録されているんで、そちら借りた方がお得。

巨乳マニアなら

総集編です。

この作品で好みの子を探し、単体作品を買いましょう。

爆乳オパッイはたまりません

爆乳オッパイをチュチュと乳首を吸う場面ばかりなのでオッツパイフェチにはたまりませんなー
本編はこちらから

巨乳・爆乳 爆乳乳揺れセックス VOL.1

巨乳・爆乳 爆乳乳揺れセックス VOL.1
本編はこちらから

擬似挿入ばかりでしょ。今時、珍しいメーカーだね。

この作品も結合部が怪しい。

多分、本当には入れてないのが大半。

もしかすると全部かも。

まず、挿入時にカメラワーク(構図)が不自然になる。

フレームの端っこに挿入部を持って来たりして、故意に見づらいフレームにする。

挿入(?)後も、挿入部分に不自然に女優が手を置いていたりする。

女優も挿入時のリアルな反応をしてないし、けっこうバレバレだと思うんだけど。

BoinBBの本番シーンってこのパターンが多いけど、本番しないならしないで他の企画をもっと煮詰めりゃいいのに・・って感じ。

女優はイイの使ってんだから。

小細工するなよ、ファンが減るゾ!(笑

当りハズレ大

女優の良し悪しが大きい男優のアエギ声が気持ち悪いHしない男優が邪魔カメラを斜めに傾けて見にくい
本編はこちらから

ワケあり巨乳生中出し 伊藤このみ

ワケあり巨乳生中出し 伊藤このみ
本編はこちらから

これはいい!

すごい美人ではないけど、すこしばかっぽい顔をして、だまされているんじゃないか?って演技をしてくれます。

かなりいいと思います。

たてパイズリもいいですね。

これはない…。

パッケージだけで判断はNGです。

女優さんには申し訳ないのですが、動画で確認すると、すごいです。

顔の形はホームベース。

ほっぺはたるみ、こぶとりじいさんのようにたるんでいます。

歯並びがひどく、激しく凸凹。

二重あご。

目もなくなっちゃうから鶴瓶のよう。

ざっと言うと、ピンクの電話のみよちゃんのようです。

とにかく、容姿が★-2くらい…。

スタイルは確かに巨乳~爆かと思いますが…。

個人的に、容姿が余りにも好みじゃなかったので、★1にさせていただきます。

いいオッパイです。

本当に大きくて綺麗なオッパイです。

こんなオッパイをしているAV女優がいたんですね。

この作品でも、彼女の素晴らしいオッパイが堪能できました。

全体的に、そのオッパイへ拘ったシーンが多く、オッパイ星人には堪らない作品です。

カワイイし、いいオッパイ!

パケ写じゃ伝わりにくいかもしれませんがこのみちゃんはすごい美人ではないけどカワイイタイプの女の子です。

クラスに必ず一人はいるなんか話しやすそうな愛嬌のあるタイプというか。

本当かわからないけどこれほどの爆乳しててオッパイプレイはほとんどしたことがないというシャイな女の子でパイズリとかは言われるがままにやってますがさすがKカップ不慣れな感じでも全てを包み込むパイズリは超気持ち良さそう。

もう少し射精が激しいと良かったんですがいいパイズリです。

オッパイ好きなら十分満足のいく作品だと思います。

擬似中出しのせいでぶち壊し

オッパイについては、他のレビューで多く書かれているのでここでは繰り返さない。

問題はあからさまな擬似中出しに有る。

よけいな擬似中出しシーンがあるせいで、すべてがぶち壊しになってしまい興ざめしてしまう。

擬似中出しは男優が発射していないわけであり、女優の寒い三文芝居が伴う。

そのせいで一気に萎えてしまうのである。

オッパイを売りにした作品なのに、なぜよけいな擬似中出しをつけるのだろうか。

視聴後の印象最悪。

ヘタクソ

最初のインタビューで愕然とした。

口を閉じて澄ましていればまだ見れるが、笑った顔はかなり致命的。

正直、違う星から来たのかと思った。

そんな顔でも後半になるとかなり慣れてくるが、反応がイマイチだし、余計な喋りが多いのも、ヘラヘラ笑ってばかりなのも気に入らない。

身体はなかなか。

だがそれを十分活かした魅力的な画が撮れていない。

彼女の顔によるマイナスは2、スタッフの無能さでマイナス3。

身体でプラス5。

結果この評価。

本編はこちらから