【佐伯かのん】このフェラ強さは,かなりの経験者 – WifeLife vol.016・昭和54年生まれの佐伯かのんさんが乱れます・撮影時の年齢は37歳・スリーサイズはうえから順に83/60/83

人妻の花びらめくり 佐伯かのん

人妻の花びらめくり 佐伯かのん
本編はこちらから

根っから好きなんですね!!

スリムで乳輪が無い貧乳です、乳首が大き目です。

貧尻ですがフェロモンがあります。

1度目も2度目も最初は恥らい乍ら段々大胆になりM字脚の真ん中に発射されます、2度目はガクガクと痙攣が中々おさまりませんでした。

本編はこちらから

どうか、主人をクビにしないで下さい… リストラ対象となった夫の為に、上司に犯●れ続けて理性を失う人妻 佐伯かのん

どうか、主人をクビにしないで下さい… リストラ対象となった夫の為に、上司に犯●れ続けて理性を失う人妻 佐伯かのん
本編はこちらから

いい感じで進んでいきます。

淡々といい感じでストーリーが進んでいきます。

衣装や下着も年相応のリアリティが感じられて興奮します。

最後のお代わり・おねだりは本音ともとれる素晴らしい演技?です。

細身の身体から発せられる喘ぎ声

弱みにつけ込み毎日毎日●すという話。

最後の方で快楽堕ちする様がすばらしい。

終始やられっぱなしor無理やりフェラなので興奮度は高め。

そして案外すごく喘ぐのね。

それにしてもエロいな、いちいちエロい、生活感もいい

かのんさんはまだちょい役の頃から注目していた女優さんです。

タイトルのとおりです。

顔、華奢なボディ、こぶりなおっぱい、いかにもアラフォー女の乳首、最後の方はアラフォー女の汗でからだを光らされて。

年齢の割には乳首以外は崩れていないと思う。

ストーリーは都合よく、最近のAVのように手の込んだ作りはありません。

まったく溜めの無い作品ですが、反面スピード感あふれる展開で、とてもワクワクします。

僕は072のシーンは普段は関心が無いのですが、この作品ではドキっときました。

生活感があるのでいかにも主婦な感じで現実感。

着服から抱きしめて、ずっとキスをしていたくなります。

いい匂いがしてそう。

服装のバリエーションは凄くいいです。

セクロスも、スカートをはいたままと、全裸と2パタン見せてくれてありがたいです。

女の汗を見せながらの最後の座位からフィニッシュにかけてはたまらないですね。

旦那役の人はできなくて拷問に近いですね。

キスくらいさせてあげればよかったのに。

★を一つ下げたのは、もっとかんのさんのエロさを引き出して欲しかったこと。

顔のアップ、特に唇あたり。

おっぱいもアラフォーだけど柔らかそうだし、着服、下着の段階でのアップも見たかった。

ヘアが男優の腕などで隠れていることが多く、ここもしっかりと見たかった。

特に、華奢なからだが弓なりに、のけぞっておっぱいばどうのびるのか?とか見たかった。

でも、一瞬一瞬がエロいので、こんな人が自分の奥さんだったらずっとキスしながら抱いていたいし、勃〇が止まらないんじゃないかと思うていうくらいに、何度も見たくなる作品でした。

多分そうなると思います。

本編はこちらから

性悪ママ友粘着レズビアン 本庄瞳 佐伯かのん

性悪ママ友粘着レズビアン 本庄瞳 佐伯かのん
本編はこちらから

このパターンが

バイセキャシャルの佐伯かのんが、ノンケの男好き遊び人の本庄瞳を脅迫しレズ調教で、手懐ける流れ、やっぱ、男好きの女をレズ調教するって言うのは展開としてよい感じで興奮しますね!旦那の居るところっでリモコンバイブ苛めや旦那の寝ている横でレズ逝かせなど調教パターンとしては、いい感じ!具合わせは、なんか2人もぎこちなく、ちょっとイマイチだったが最後にペニバンが、あったので、まぁそれで相殺かな

設定は

悪く無い。

ただ、見せ場の一つでもある寝ている旦那の近くで瞳嬢を責める場面だがもっと丁寧に作って欲しかった。

責め手が「声出しちゃダメだよ」とか言いながら自ら全裸になった挙句に声を出すとか全くもって不明である。

こっそり責め立てる場面ならそれこそ「声を出さない様に我慢しつつも、どうしても感じてしまう」という部分を大切にするべき。

着衣やリモコンバイブで責めている所までは、まだ良かったのに台無しになった感は否めない。

役の配置は悪く無い。

やや衰えた感が否めない瞳嬢だが、まだまだスタイルは良く責められる側としの役もあっている。

責めらている時の表情が良いし最後に「あの人よりも良い~!」と淫語を発するところは尚更良い。

責めて側キャラとしては悪く無い。

ただぺ二バンが長い割には先端しか入れないのでだったら最初から奥まで突ける相応しいサイズを使った方が違和感ない。

最後、瞳嬢をうつぶせバックで突くシーンだがぺ二バンの長さや正常位時の挿入具合から推察すると恐らく疑似挿入だろう。

これでは尻すぼみ極まりない。

モルツくんの出現により細かい所まで作り込む作品が増えてきている昨今時代と共にユーザーもまた細かいところを見ているはず。

目だって肥えてきているわけだし。

あまり雑な作品を作ればウケは当然に少ない。

次回があるなら、もっとしっかりと細かい所まで作り込んだ作品を願う。

ペニバンレズは駄作率高い

ペニバンシーンを異常なほど使っているレズ作品はほとんど駄作が多い。

本編はこちらから

WifeLife vol.016・昭和54年生まれの佐伯かのんさんが乱れます・撮影時の年齢は37歳・スリーサイズはうえから順に83/60/83

WifeLife vol.016・昭和54年生まれの佐伯かのんさんが乱れます・撮影時の年齢は37歳・スリーサイズはうえから順に83/60/83
本編はこちらから

このフェラ強さは,かなりの経験者

見た目は,普通の人妻だけど,乱交パーティーで快楽を貪る設定でも見事にハマっているエロ女です,37歳の佐伯かのん。

オナニーで体を温めはじめ,なるほど,手慣れた舐めフェラを見せていて,テクもあって,間違いなくチ○ポ好きです。

手コキなんかしない,口だけのシゴキフェラをしたり,喉の奥まで咥え込む口性器の強さを見せたりと,このフェラ強さは,かなりの経験者。

もちろん,オ○ンコプレイも抜群の安定感。

スレンダーなボディーは,性欲の塊。

彼女のフェラとオ○ンコプレイなら,風俗嬢になれば,指名トップクラスになるだろうし,本格的にAV女優になっても通用するでしょう。

本編はこちらから

私を執拗に●す夫の上司 谷原希美

私を執拗に●す夫の上司 谷原希美
本編はこちらから

良いねー

新しいタイプの寝取られで良いですねー谷原さん、杉浦さん共に唇に吸い付くようなキスをするタイプなので期待したが、期待通りの良いキスしますねー谷原さんは胸の揺れも最高レベル!!

奸計スワッピングに堕ちる人妻を谷原希美が好演

夫の上司の奸計でスワッピング関係に堕ちる人妻の「内面の変化」と「体の疼き」。

見所は上司とのセックスを思い出しながらする、廊下でのオナニーシーン。

丁寧に時間をかけて撮っており、谷原希美もポーズ・指使いとともに、内面を上手く表情に出していてエロチック。

上司の妻役が若い点だけはリアリティが欠けた。

妖艶な熟女なら、なお良かった。

それを除けば、マドンナ作品らしくストーリーもしっかりしていて、見応えあり。

谷原希美のらしさ、良さが発揮された満足度の高い作品。

背徳感や感度はいい感じ わかりやくすイってくれれば

ボカシ●●感度●●イキやすさ●〇背徳度●●積極性●〇●●:標準レベル以上●〇:いまひとつ視聴方法:レンタル

良い

夫と上司の妻の情事を覗きながら、その上司に犯●れるというシチュエーションが秀逸だと思います。

全体的な脚本が好みです。

ぜひシリーズ化をして欲しいものです。

執拗か?

ストーリ展開は面白いのだが、半マグロのような反応なので見ているこちらの気持ちが盛り上がらない。

いい女優さんなのに、それが生かされていないので、ちょっと残念。

タイトルは「執拗に絡み合う・・・」に変えて!

なんとも言いようのないドロドロのSEXストーリーです。

特筆すべきは、谷原希美さんの魅力満開といっていいですね。

夫の浮気相手が夫の上司の奥様(佐伯かのん)という設定が斬新です。

思わず上司の愛撫に負けちゃって、即ハメされちゃう。

このシーンから、思いだしオナニーシーン、身体中を舐められ、腰を振って喘ぎまくり、激イキするシーンまで全てヌケます。

寝取り・寝取られの極致と、スワッピングをごちゃ混ぜにした素晴らしい作品です。

お薦めします!興奮度MAXです。

犯●れるというより

題名ほど犯●れ感は無いかも。

和姦に近いかも。

女優さんは綺麗だし、この人がデビューしてからのファンとしては滅茶苦茶に犯●れてしまうところも見てみたかった。

でも、着衣セックスがなかなか良いし、程よく揺れるおっぱいも見てて興奮します。

キャスティングがいいです

特殊な性癖をもつ熟年夫婦が階下に住む若夫婦に罠をかけていくというお話です。

杉浦ボッ樹が好演しています。

部長といってもうだつの上がらない部長、そんな感じが物語に合っています。

自分の感情を上手表現できずに「深淵から立ちのぼるような劣悪な興奮」と言うところが印象的です。

佐伯かのん。

自分にとっては、喘ぎ声もルックスも、熟女のイメージにピッタリです。

夫役は、見た目がちょっと若いかな。

谷原希美が姉さん女房に見えてしまいます。

でも、好演しています。

谷原希美は、もちろんいいです。

髪の毛を縛っていると、より一層清楚な感じがでます。

演技がどんどん上手くなっていますね。

シナリオがいいし、丁寧に作っています。

主演の谷原希美を中心に脇役がしっかり固めている感じがします。

演出、編集もいいです。

しかし、作品のタイトルが、作品のテーマを表していないのが残念です。

これでは、ありきたりの陵●ものと勘違いされそうです。

できれば、三本番にしてほしかったです。

最後のフェ○もよかったですけど、完堕ちの後のからみも見てみたかったです。

良作だと思います。

煽りに煽られる貞淑妻の官能劇

単なるレ●プものでも、寝とられ、不倫劇でもない。

強いて表現するなら、夫婦間の強烈な嫉妬心、復讐心をスパイスにした秘めやかなスワッピング劇、とでも言えるだろうか。

いずれにしろ、実に周到に練られた官能劇だ。

上司の妻とホテルで逢引きする旦那の浮気現場を、妻は自宅のソファにいながら、上司にスマホの中継動画で見せつけられる。

そのまま、強引にセックスに誘いこまれるものの、その中継動画に煽られて、上司との肉欲を高ぶらせ、深い快楽に裸身をのけぞらせ、歓喜の声を上げる希美嬢の艶技が何とも淫ら。

とみに妖艶さを増している希美嬢の高い表現力と、工夫を凝らした脚本が共に光る傑作だ。

制作側の意欲がストレートに伝わる作品に出会うのは、とても愉快。

旦那が浮気を目撃したとしても…

旦那の上司の親父に身体を許し…最後は自らそんな親父のチ○ポを欲するなんて…旦那の浮気は口実でもしかして…奥さん…誰のチ○ポでも良かったんじゃない?…でも俺ら的にはせっかく親父責めされるのであれば…親父ならではのねちっこい責めをして欲しかったなぁー!…絡み自体…普通じゃんって思ったよっ!…希美姉さんがハゲ親父にねちっこくねっとりとオマ○コもアナルも…いやっ全身がハゲ親父の唾液まみれの全身責めでアヘアヘの姿…そんな姿が見られたらたまんないだろうなぁー…でも最後のハゲ親父のチ○ポをむしゃぶり舌上発射にお掃除フェラする希美姉さんの姿は、なかなかの淫らさでしたよっ!…ハゲ親父のくせにっ…羨ましいとも思ったしなっ!
本編はこちらから

監禁●辱銀行〜犯●れてる私を見ないで〜 星野あかり なごみ 佐伯かのん

監禁●辱銀行〜犯●れてる私を見ないで〜 星野あかり なごみ 佐伯かのん
本編はこちらから

これは凄いね。

エロさ抜群の女優さんのセックスもさることながら、人間の心理変容まで描いているよく出来た作品です。

銀行監禁ものは昔からAVにはあるパタンですけど、多くはもしもシリーズみたいなものです。

しかしこれは違いますね。

Vシネ、いやちょっとした映画みたいな感じ。

ていうか、キャラ、カメラワーク、その他諸々、小道具に至るまで、プロが作ってるなぁって感じです。

きっかけは、一度佐伯かのんさんのセックスを見てみたいと思ったことで、サンプル写真をみたらたまらなかったからなんですけど、星野あかりさんも綺麗な人ですし、ストーリー自体は期待していませんでした。

でも、冒頭からいい意味で期待が裏切られ、惹き込まれます。

映像も綺麗なので、女優さんを綺麗に撮っています。

確かにAVなんだけど、人間、覚悟決めるとこくなるよね、みたいなところまできちんと描かれていて、だから、セリフもひとつひとつが印象的。

☆星野あかりさんは昔よりも綺麗になった?もともと美人ですが、おっぱいの人工ぽさが消えてふんわりした感じ。

体の線はアラサーになって、丸みを帯びてエロい。

こんなに演技力のある人だと思わなかった。

普通に女優さんだと思う。

☆佐伯かのんさんは、こういう人いるいる・・・みたいな。

セックスだけでなく、しっかりキャラを演じています。

とにかくエロい。

何度でもいけますね。

☆なごみさんは初めてですけど、彼女も良く演じています。

単純にセックスをみたいとなると、少し物足りないかも。

綺麗に撮れているだけに。

あかりさんの正常位を見たかったし、かのんさんもキスのアップ、結合部のアップなど、見たかった。

でもそれやったら、こういうリアルなのって一気に冷めちゃうのかもね。

監督さんもその辺は計算済と信じたい。

ところで、AV男優さんて結構演技力あるな~て最近思う。

戸川夏矢(夏也)さんはVシネに出ていてもおかしくない感じ。

冷静ながらも少し逝ってる感がいいですね。

他の方々もすごいですよ。

エッチできなかった方が多いですが。

目の前でセックスを見ていてできないってどういう感じなんですかね?
本編はこちらから

絶対にち○ぽを触ってくれない睾丸エステ

絶対にち○ぽを触ってくれない睾丸エステ
本編はこちらから

ずっと勃ち続けるのは難しいが

マッサージを受けている間、ずっとMAXに勃起し続ける男優がすごい。

と思ってしまうが、回春エステに行くと感じるあのもどかしさを動画でも味わえる。

しかし動画なので好きなタイミングで射精すれば良い。

私的には全シチュエーションで使えたが、タイトルの通り竿は触ってくれないのでがっつりしごかれたい人には物足りなく感じるはず。

まあまあ

女優は一人目が一番いい。

二人目は男が自分でしごき出して発射という最悪な展開三人目は総合的に見て一番良かった。

四人目は女優が個人的にタイプじゃない。

本編はこちらから