【葉月ハルカ】通り一遍でした。 – TOKYOレズビアン物語

TOKYOレズビアン物語

TOKYOレズビアン物語
本編はこちらから

120分、画面がブルブル

カメラの手ブレ・・・ず~~~っと手ブレをし続けてる。

 手ブレをしていない時間は皆無。

左右の傾斜・・・斜めにする事は少なくて良かった。

アングル・・・寄り引きのバランスが良く、それなりに見たい部分を見せてくれる。

堀口奈津美をはじめ女優たちはレズに慣れている感じで安定したプレイをしてくれている。

だが作品の最大の欠点は何と言っても手ブレ。

監督は編集やカット割りにこだわっているようなので映像に対する意識は高そうなのに、この手ブレの酷さはなんなのだろう。

こんな素人以下の手ブレ映像では、どんなに内容が良くてもとても見続ける気にはならない。

通り一遍でした。

堀口奈津美さんを迎えてレズ物を作っていながら何処にも特徴が無い何処かで見た映像ばかりな内容でした。

これだったら全員無名の女優さんだけで作った方が新人登竜門として、まだ見れた気がします。

作り手の才が足りない気がします。

本編はこちらから