【みゆき】ちょっとこれは... – ぶっかけパイパン処女喪失 みゆき

ぶっかけパイパン処女喪失 みゆき

ぶっかけパイパン処女喪失 みゆき
本編はこちらから

モザイクが

でか過ぎて何も見えん!冒頭のCCDカメラのところなんか画面全体にモザイクがかかり何のこっちゃ訳判らん!

これは!?

パッケージとのギャップが逆鱗にふれます。

おはなしになりまへん。

しこれまへん。

売り方を間違えていないか!?

パッケージと実物が違う・・・確かにそうです。

しかし、そもそもこのシリーズは彼女の処女喪失のドキュメントのはず。

ありのままを見せればいいのに、「キレイな女性」で客の気を引こうとする、売り方がそもそもの間違いです。

これでは、客も、何より彼女もかわいそうです。

ということなので、彼女に対しての応援の意味も込めて5点満点を付けました。

作品の中身では、寸胴体型と日焼け跡がそそりましたよ。

ちょっとこれは...

パッケージの写真は実に良く撮れてます(笑)作品中の彼女は5割減といったところでしょうかスタイルも良くなく、ちょっと太めでクビレは見当たらない貧乳作品は面接から始まり、フェラ、電マ責め、オナニー等を嫌々こなしていきますが、最後のカラミの前に控え室から出てこようとしない彼女二人の男優に説得されるも了解しないままカラミが始まりますそういう嫌がる様を見るのが好きな人にはイイ...かもしれません処女なら初めての挿入時にもっと痛がって欲しかった感はありますが、辛い表情をしたまま声は出ませんその後、別の男優にも挿入されますが、最後の最後にようやく喘ぎらしきものが彼女の口から出ますパッケージに「壮絶レ●プ!」とありますが、このカラミでの彼女の嫌々感を指してそう言ってるだけです誇大広告は控えめに(笑)
本編はこちらから