【桜木セイラ】「年度代表おっぱい」を狙える奇跡の巨乳ハーフ – 西欧の美女国が生んだ天然おっぱい Hcup巨乳ハーフAVデビュー 桜木セイラ

がむしゃらにHカップおっぱいを愉しむ デカ乳マニアックス 桜木セイラ

がむしゃらにHカップおっぱいを愉しむ デカ乳マニアックス 桜木セイラ
本編はこちらから

ここに「おっぱいの魅力のすべて」がある

Hカップの巨乳女子大生「桜木セイラ(須原のぞみ)」のAVデビュー第2弾。

オープニングは、ソファーの後ろに隠れた男優におっぱいを揉まれながらのエッチなインタビュー。

続いて、ガウンに着替えて控え室で待機していたセイラ嬢に「ローションおっぱいマッサージ」のサービスである。

撮影合間の「オフショット」とは思えない本気の乳揉み。

まさに「鷲づかみ」。

フィニッシュ直前、両腕でムギュッとおっぱいを寄せて、さりげなく「巨乳アピール」をする桜木プロ。

これには男優もギンギンにフル勃起。

ローションをたっぷりと使った性感マッサージを挟んで、至福のぬるぬるタプタプ乳揺れセックスに突入する。

Hカップの爆乳に亀頭をこすりつけながらの射精は、おっぱいマニアにとっての「もっとも理想的な精液の出し方」。

さらに、中盤、セイラ嬢のおっぱいを「ほっとけない」スタッフは、ロケ弁当を食べている彼女のブラジャーを強引にずらすと、丸出しになった乳房に「練乳」をたっぷりとぶっかける。

ミルクまみれの乳首をベロベロに舐めまくる男優氏。

この撮影に「心休まる時間」はない。

衣装半脱ぎ状態のパイ射FUCKでは、勢いよく飛んだザーメンがセイラ嬢の肩口へ。

そして、後半の全裸3Pでは、「マ〇コ」ではなく、あえて「胸の谷間」で絶頂の瞬間を迎える。

これぞでか乳マニアックス。

桜木セイラのパンパンに膨らんだHカップには「おっぱいの魅力のすべて」が詰まっている。

本編はこちらから

西欧の美女国が生んだ天然おっぱい Hcup巨乳ハーフAVデビュー 桜木セイラ

西欧の美女国が生んだ天然おっぱい Hcup巨乳ハーフAVデビュー 桜木セイラ
本編はこちらから

安達●美

他の方のレビューに「安達●美」に似てるとありますが私としては●達祐実に似ていると思います。

ん?w 顔はよく似てますが、大柄で巨乳なので安達祐●のようなロリぽいイメージはほとんどありません、乳輪は黒く股間はジャングルです。

一見、濃い感じのお姉さんですが、衣装や佇まい、絡みも清楚でおしとやかな感じなので、綺麗なお姉さん系が好きな人はルックスが好みなら見ておくべきです。

よく似てますから。

タレ目で可愛らしい

公表Hカップの爆乳がエロい,肉感的なボディーをしているハーフ娘,桜木セイラ。

マイクロビキニで,その巨乳を強調したり,全裸で見せるなどしてAVデビューです。

お顔は,タレ目で可愛らしい。

緊張のカメラの前での初脱ぎから,男優相手のフェラ&パイズリ,SEX,オナ見せ,ハメ撮り,最後は3Pと,予定通りの撮影をこなしました。

経験人数は,少ないらしく,そのせいもあって,ド淫乱な感じは受けません。

でも,チ○ポは好きそうだし,フェラテクそこそこ,何せ,このボディーなので,どんな体位でのSEXも迫力はあります。

まあ,乳好きな人にはウケるでしょう。

さらにAVで鍛えれば,エロが覚醒するかもしれないので・・・。

おっぱいが大きいっていいね

キレイなおっぱいしてますね!おっぱいの揺れを見てるだけで抜ける(笑)

童顔巨乳

幼い顔立ちで西欧よりかは東南アジア系に見えます。

その可愛い顔からは想像も付かないムッチムチのド迫力ボディで巨乳の良さを再認識させてくれました。

童顔巨乳が好きな方にはオススメできます。

うーん

すいません、安達祐実にしか見えません。

魅力はオッパイだけです。

パケ写の水着姿での3Pが良かった

パケ写のビキニ姿に釣られて購入したので、最後の3Pで下半身まで含めた全身を拝めて大興奮。

デビュー作からかなり激しい絡みです。

桜木セイラ=須原のぞみ

安達●美や小林●子みたいな風貌で、西ヨーロッパの美女国の血を引くHカップバストのハーフ女子大生・桜木セイラちゃんですが、そんなナイスバディをハメられまくってます。

ちなみにE-BODYからデビューした須原のぞみちゃんと同一人物のようですが、バストと笑顔ですぐわかっちゃいますね。

21歳にしては随分と熟した身体

見る場合はスレンダーの方が良いと思いますが、SEXする分には、少し肉付きが良い方が弾むような気がしました。

本番はいずれも新人にしてはそこそこハードで見応えがありました。

「年度代表おっぱい」を狙える奇跡の巨乳ハーフ

Hカップの巨乳女子大生「桜木セイラ」のAVデビュー作。

西ヨーロッパの血を引くハーフの現役女子大生である。

もう一つのメーカー(E-BODY)では、下町生まれの人妻「須原のぞみ」として活動しているが、どう考えても「旦那持ちの人妻」よりは「女子アナ志望の女子大生」である。

また、ポルトガル人の母を持つ彼女には「セイラ」という芸名の方がベター(内容的にはE-BODYの方も傑作)。

緊張の初脱ぎシーンでは、ブラジャーとパンティーを続けざまに脱ぎ捨てるセイラ嬢。

安〇祐実似の「超がつくような童顔」で、Hカップのたわわに実った爆乳というのは、すでに「反則」。

全裸を拝むだけでもシコシコが止まらない。

完全着衣の初フ〇ラチオで焦らされた後は、「そうじゃねえだろ!」というユーザーの願いが届いたかのようなトップレスのパイズリ奉仕。

「乳マ〇コ」となったHカップの胸の谷間に、男優のいきり立った肉棒をピストン挿入する。

男優のザーメンが「あまりにもすごい勢いで飛び散った」ため、慌てて両手で「亀頭にフタ」をする彼女。

待望の初本番シーンは、オーソドックスな全裸FUCKで、たっぷんたっぷんの乳揺れを堪能する。

フィニッシュは、ドピュドピュとパイ射。

本番終了後、ガウン姿で控え室に待機していたセイラ嬢に中間インタビュー。

二回戦の撮影を前に「クールダウン」してしまった身体を「温める」ため、電マを使ったオ〇ニーを提案する。

ゆっくりとガウンのヒモを解き、カメラ目線で「片乳ずつ」Hカップの爆乳を露出していく彼女。

その「おっぱいの見せ方(魅せ方)」があまりに素晴らしく、初脱ぎシーンよりもさらに興奮。

ふつうのAVならば「消化映像(収録時間稼ぎ)」となりがちな電マオ〇ニーですら、見応え抜群の「抜き所」となる。

ローションをたっぷりと使ったぬるぬるFUCKを挟んで、後半は、乳揺れ顔射3Pでがっつりとハメまくる。

「1000年に1人の原石」というキャッチコピーに恥じない奇跡の巨乳ハーフ。

「平成最後の神乳」河合あすなと共に「2018年を代表するおっぱい」になる予感マックス。

巨乳好きにとっては「大豊作の年」といえる。

本編はこちらから