【春野さくら】レオタードと縄で魅せられる豊潤ボディ – 縄玩弄レオタード 春野さくら

発情M愛奴

発情M愛奴
本編はこちらから

監督が羨ましい

お気に入りの女優春野さくらは普通の美人OLの風情でとっても可愛くて、性格も良さそうに見えました。

仕事とはいえお相手できる監督が羨ましくて仕方がありません。

お決まりのワンパターン

見始めてすぐに気がつくお決まりのワンパターンだ。

しかも出ている女優2人に、判で押したような同じ進行。

むろん32倍速で観た訳だから全く同じではないかもだが、この監督には飽き飽きしている。

女優は、一人目はまだ見られるが二人目は見られない。

ちなみに、中身は椅子に開脚拘束、股間攻めにローソク。

妙なパッケージ。

最初はグラマラスでなかなかのイキップリ。

目つきがおよぐところがかなりさそう。

後半は、イキ方が物足りないお仕事感がただよう。

どうしてこのふたりをまとめたのかが疑問。

本編はこちらから

縄玩弄レオタード 春野さくら

縄玩弄レオタード 春野さくら
本編はこちらから

やわらかい

軟体に縄の組み合わせがいいですね。

匂いがこっちにも来そうな熟女の体はこれでこれでいいです。

可愛い女です

さくらちゃんがまだ初々しい感じですね。

蓮っ葉な感じで貧乏臭い、でもにおいそうな雌という感じが良いです。

春野さくら最高

女優の春野さくらは正統派日本的美女で、自然な演技力と柔らかい体は特筆ものです。

他の作品も見てみたいと思いました。

期待

絡みは1回のみで単調。

体の柔らかいことはわかったけどその特徴を生かしてない。

思ったほど巨乳でもないし。

もう少し無理矢理感が欲しいなあ

レオタードは良いと思いますが、もう少し無理矢理縛られている感じが欲しい。

口では「イヤッ」と言ってはいるが、縛りを楽しんでいる感じが今一つ抜けなかったです。

柔らかい身体に股間攻め

肉感的なスタイルに柔軟な身体。

緊縛しての股間攻め。

逝く時の雰囲気がよく分かります。

お勧めです

ビクンビクンありました。

ビクンビクンはあったしレオタードの透けたおっぱいなんかもエロっぽいんですが、なんかもう一つのれなかったです。

春野さくらちゃん、いやいやと言いながらちょっと余裕が有る様な、追い込まれていく感じがあまり無い様な、もう一つでした。

レオタードと縄で魅せられる豊潤ボディ

春野さくら嬢の柔らかな(関節もそうですがお肉も)ボディがレオタードに包まれた上からの緊縛により非常に魅力度が増しています。

じっくりとレオタード越しに股間を舐め回す、うれしいカメラアングル。

きれいな腋もたっぷり堪能出来ます。

レオタードに包まれた乳房の柔らかいこと。

ストーリーも出来ていて非常に楽しめました。

本編はこちらから

猟奇の檻35 春野さくら

猟奇の檻35 春野さくら
本編はこちらから

ちょっと胸が小さい。

網タイツにモザイクってのは目がチカチカするね。

絡みはバックから一度だけ。

始まりがいつもと違うかな?

のっけからすっぽんぽんに網状の衣装を着せ両手吊りからのスタートです。

その他はほぼいつもの責めです。

モデルさんはなかなかの美形でしたが、私としての見所は開脚バイブ責めで、この時のモデルさんのイキ方イカサレ方で評価が決まります。

評価は星3つです。

途中で飽きた

拘束のパターンが少なく攻めも単調なので観てて退屈でした。

女優はキライじゃなかったのに残念
本編はこちらから

誘惑アナルレッスン 春野さくら

誘惑アナルレッスン 春野さくら
本編はこちらから

これはよいです。

痴女ものとしても、ペニバンものとしても、童貞喰いものとしても、一流。

美人ではないのに、魅力的。

男の反応を見て「かわいい」と本当に言っているみたい。

男優もひかえめで、いい。

まあまあ

基本的には痴女物と思われます。

が、アナル責め、ペニバン等のシーンも多く、ソフトSM的な面もあります。

画質がやや暗いのが難点。

秀逸です。

ペニバンをつけて腰をまともに振れない女優ばかりだが、この人は違います。

巧みな腰使いを堪能できます。

画質が悪いのが難点ですが、それをカバーしてあまりある女優の力量があります。

ただ、男優の反応が淡白なのが残念。

本編はこちらから

THE 巨乳女教師2 憧れの爆乳先生

THE 巨乳女教師2 憧れの爆乳先生
本編はこちらから

一人目がよい

この手のシリーズものは駄作が多いので、あまり期待していなかったが、本作はなかなか良い出来です。

特に一人目のモデルさんのシーンはよい。

こっそり部屋でエッチしている感じが照明の工夫やモデルさんの雰囲気でよくでている。

重田加代子ちゃんがいい!

重田加代子ちゃんがいいですね。

美人という訳ではないですが、Mっ気たっぷりな反応と、抱き心地良さそうな体が最高です。

普通

雰囲気はけっこういいと思うけど、モザイクがまだまだですね、少し惜しい。

前半二人がいい感じ

体を許して生徒と打ち解けようとする先生、最高だった。

いじめられ体勢な雰囲気がヒシヒシと伝わり、興奮した。

いじめたくなった。

本編はこちらから

筆下ろし最高峰 2

筆下ろし最高峰 2
本編はこちらから

AV嬢で筆下ろしは、ほんとに最高!

4人目に登場のりおりお(中山りお)は、童貞くんの自宅訪問。

ハダカにエプロンで料理を作り、ごちそうさまのあと、ふとんの部屋に移動。

童貞くんの願望を叶えるため、あちこちのニオイをかがれ、全身を舐め回されるりおりお。

そして、挿入になりますが、正常位の途中、童貞くんが萎えてしまい、休憩。

休憩明けには、りおりおの騎乗位! やっぱり、りおりおは、騎乗位でなくっちゃ!(?) 見事に童貞くんを、発射に導き、終了。

言葉遣いやらしぐさ、童貞くんへの心遣いが感じられて、りおりおの高感度アップ!しかし、初体験の相手がりおりおというのは、童貞くんにとっては、最高の思い出になるんでしょうか、、、。

でも、この後のどんな相手も、りおりおを超えられないとすると、生涯、この思い出だけで生きていくのも、ちと、つらいような、、、?
本編はこちらから

GILR’S POP #012

GILR’S POP #012
本編はこちらから

安易、冗長、夾雑物多し

前レビューで彼女を高樹マリアに比したけれど、彼女が高マリではなかった理由の一つに、チープさがある。

最初の羽目撮りにそのチープさ、安易なSEX行為のもたらすある種の白け、荒廃が見られる。

二回目のFUCKではバイブやらの余計な手数が多すぎて、興奮の自然な流れを阻害している。

蜂蜜色の間接照明に溶ける肌色が綺麗なだけに、悔やまれる。

きっと丁寧な演出が要る女の子だったのだ。

彼女の凡作を見るにつけ、そう思う。

本編はこちらから

もしも、春野さくらが人妻だったら…。

もしも、春野さくらが人妻だったら…。
本編はこちらから

普通

某番組で紹介されていた作品。

演技力が光る感じがいたします。

lp「@

シチュエーションがいい

自然な演技が二人の距離感を縮めていてすごくいい感じです笑顔で脱いでいくさくらさん意外と巨乳でびっくり

しなやかなH

もう人妻となった幼馴染との再会を描くドラマ仕立て。

出演者の演技は自然で、実際のエピソードに思えてくる。

とまどいながらも二度とないかもしれない機会に、二人は若かりし頃のように求め合う。

主演のさくらちゃんは抜群のスタイル、振る舞いはコケティッシュでとても魅力的。

男優女優を呼んできて、はいどうぞ、いった味もそっけもない作品が多い中、感情を伴う(かのような)しなやかなHは欲情をそそる。

秀作である。

本編はこちらから