【葦沢鳴海】総集編はこのあたりにしておくのがベスト – 叔母さんが優しく教えてあげる 【総集編】 四

ふたなりトリプルレズ 禁断のセレブ姉妹大量射精交尾

ふたなりトリプルレズ 禁断のセレブ姉妹大量射精交尾
本編はこちらから

疑似チ○ポ&疑似ザーメン

疑似チ○ポ,疑似ザーメンと分かっていても興奮してしまいました。

出演している水木恵理,佐々木涼,葦沢鳴海の3人ともがエロい女なので,勃起度が高く,抜けました。

佐々木涼の女王様のような顔立ちは,マジ好みで,パッケージを見ただけで,ビンコ勃ちです。

手コキオナニー,フェラ,ファックと本物のチ○ポを扱っているような演技ぶりで,良かったです。

女が自分のチ○ポをシゴイて喘ぐなんて,アブノーマル。

大量にぶっ飛ばす疑似ザーメン,それを受けて喘ぐ女,エロいです。

ふたなり3人って、卑猥さも3倍。

姉妹とメイド3人によるふたなりレズ作品は前にもありましたが、この作品の方がH度は高いです。

モザイクが掛かっていても色などは本物に近く、疑似チンポは良く出来ていると思います。

ザーメンの量も半端じゃないですね。

「普通はそんなには出ないよ~。

」って感じです。

それにオッパイを揉まれて母乳を飛ばしていますが、子供を生まないと母乳も出ないはずなのに、3人とも子供がいない設定なのに疑似母乳を飛ばすのは不可解です。

3人ともエロさはありますが、演技力にかけるので評価を下げました。

チンコの生えたオナゴはエエの~

チンコの生えたオナゴはエエの~チンコの生えたオナゴはエエの~トリプルチンコの生えたオナゴはエエの~
本編はこちらから

叔母さんが優しく教えてあげる 【総集編】 四

叔母さんが優しく教えてあげる 【総集編】 四
本編はこちらから

総集編はこのあたりにしておくのがベスト

4人登場~くらいの総集編の方が2時間とか4時間スペシャル~みたいなのよりマシな作品が多いような・・・どれも似たりよったりのシーンの連続だけどキレイなおばさま女優陣に敬意を表して☆一個サービス。

本編はこちらから

男の憧れ!?痴女だらけの路線バス!

男の憧れ!?痴女だらけの路線バス!
本編はこちらから

これ痴女じゃないよ

バスの中での乱交パーティー。

出てくる男は2人とも1000本以上の出演歴のある男優。

顔にモザイクかけてもばれるよ。

まあ最初のインタビューからしらけるけどね。

やらせなんてわかってるけどそこまでするか?
本編はこちらから

淫乱団地妻 理事長の不倫盗撮

淫乱団地妻 理事長の不倫盗撮
本編はこちらから

スタイル良し

熟女らしいが皆スタイルが良いプレイは普通かなながえスタイルとしては普通の作品です

話は面白いが作りが安直

同じ職場や家の近くのちょっときれいな女性、それも全く接触がないというのではなく、結構話したり、最低でも簡単な時節の会話くらいはする女性のセックスを見たいというのは自然な願望だろう。

それを盗撮して楽しむというのは話としては面白いが、業者がいて自ら女性をくどいて盗撮したり、一人暮らしの老人が簡単に女性と関係を持ったりするのは安直すぎる。

映像が美しくないのは、光の使い方に問題ありか。

特にお勧めはしない。

現実味

リアリティーあるストーリー性がいいですね。

思わずカラミ以外のシーンもしっかり追ってしまいました。

二人目がいいですね~ ムッチムチボディをクネらせて「理事長ぉ~~」と連呼しながら、年配男性を受けいれる。

こんなムッチムチで可愛い主婦が色目使ってきたら、たまんないでしょうね。

愛乃彩音と徳田重男のベロキスがいいね。

ながえシリーズは何作か見てますが、1本でエピソードが3つぐらいあるのが多いと思うのですが、この作品は繋がってると言うかエピソードは1つしかありません。

1番最初にゴミの分別が出来ないフェロモンたーっぷりの人妻役の北島玲とよくわからないが、セフレと思われる花岡じったとのカラミ。

2番目に愛乃彩音演じるムチムチBODYで淫乱な人妻と小金を持ってる理事長役?の徳田重男とのカラミ。

最後に葦沢鳴海と染島貢のカラミがありますが、1番目と2番目のカラミが良い。

特に1番目は徳田に買収された花岡じったがセフレである北島との情事を盗撮し、その映像を徳田に渡す。

徳田はこの手の役やらせたら抜群に上手いですね。

本編はこちらから

母乳味わい尽くしフルコース 〜直飲みから4P性感授乳まで〜

母乳味わい尽くしフルコース 〜直飲みから4P性感授乳まで〜
本編はこちらから

さわるな危険

これはまずいよ。

僕、単に受け身好きで、ちょっと脚フェチでソフトM男だと、絶対自分は母乳好きじゃないと思ってたんだけど‥。

母乳ママは一人だけで、あとの二人は美乳のお姉さんというのも何とも巧みで、受け身系の甘ーい甘いソフト責めのサービスの中に自然に母乳要素がいっぱい入り込んでいて、抵抗なく母乳フェチにされっちゃう危険な作品ですよ。

これで、また変態の幅が拡がっちゃったかなぁ。

(^_^;母乳好きじゃないソフトMな人には、危なくてお薦めしません。

でも、困ったことに、なんかめちゃめちゃ気持ち良かったよぉ。

あくまでも自己責任で観てください(笑)。

進化してる

今までのは全員母乳が出る女優だったけど、今回は佐藤あかりさんのみ、そこが逆に良かった。

3人もいるとそれぞれ主張が強すぎて普段はうるさく感じてしまうけど、これは葦沢鳴海さんが上手くリードして、岡本きらさんがサポートに徹する感じで、うまい具合にバランスがとれてた。

女の人同士の絡みはほとんどなし

レズシーンを期待したが、はずれた。

まあ、タイトルにレズを銘打ってないので当たり前か。

最後の方に、騎乗位で二人の女に両方の乳首を吸われるシーンがちょっとだけあった。

吸い方もチュパチュパちゃんと吸えてた。

しかし、その時間が短いので普通と評価した。

あくまでもレズを期待した評価。

極上作品

今まで見た母乳モノの中で一番イイかも。

他の方のレビューにあるように、出演の3人のうち、母乳ママが1人のみというのがなんとも憎い。

個人的には、きらちゃんが一番好き。

母乳ママがあかりさん1人だけなので、プレイが母乳のみに偏ることなく、鳴海さんときらちゃんのエロエロリップ攻撃もじっくり楽しめ、見ていて飽きません。

ちなみに今回は、2つ目のチャプターで撃沈しました。

星がいくつあっても足りません。

マニアック過ぎ?

母乳を口に含んで、口に垂らす…。

気持ち悪かった。

母乳ファンでも、引くのでは?女優さんや映像はきれいなのに…。

本編はこちらから

臭っさいの好き激エロ淫語

臭っさいの好き激エロ淫語
本編はこちらから

痴女

真島みゆき,芦澤かなえ,葦沢鳴海の痴女がよってたかってチ○コを貪ります。

「このチ○コは私のモノよ」とばかりに淫語を交えて手コキ,フェラ。

アナルやチンカスなど臭っさいのなんか好きなわけないけど,AVの設定ということで,女も見事に演じています。

ナースのコスで,特大ディルドと絡んだり,股間にペニバン付けて,フェラにファック,手コキとレズ三昧。

ロリ役が多い芦澤かなえが,この作品では見事に痴女を演じています。

AV女優が共演することで,それぞれの女が切磋琢磨し,「私が一番エロいのよ,あんたになんか負けないエロさを見せるわ。

」を表現する。

こんな女が抜けるんです。

鼻フェチ向け

最後の鼻をこすりあうだけのシーンは無駄だと思います。

淫語も同じ言葉の連呼でエロくないです。

演技っぽさが全然抜けていないと感じました。

レズは鼻の穴舐めに比重を置いています。

鼻フェチの方にはいいと思います…

雰囲気はアロマのぶた鼻3PレズSEXに近い。

タイトルにもあるように、激エロ淫語を交えつつ、「臭っさい」的な言葉を連発しているが、本当に臭そうかどうかは疑問。

鼻舐めシーンも確かに比較的長めに収録されている。

鼻舐め69という新感覚プレイも取り入れている。

しかし、3人の女優さんの距離感が、多少気を使っている感じなので、それ相応の仕上がりといった感じ。

本編はこちらから

先生、ウチの主人がインポなんです…。 葦沢鳴海

先生、ウチの主人がインポなんです…。 葦沢鳴海
本編はこちらから

エロいコント?

個々のプレーを観るのならばとても良い作品なのだが、タイトルの内容に沿ったドラマ仕立てにした為にエロいコント作品になってしまった。

女優さんが良かっただけに残念な内容。

見た目良し、中身は?

いろいろなシーンがあるが、全体的なまとまりが無く、中途半端。

おいしそうな女優さん(素材)が非常に良いのに、料理がまずい。

もっと味付け、調理を考えて欲しい。

本編はこちらから

人妻が熟れて我慢できない午後3時 22

人妻が熟れて我慢できない午後3時 22
本編はこちらから

うーん。

標準でしょう。

どの奥さんもいやらしそうなんだけど、いざからむとインパクトに欠けます。

ちょっとお仕事モードが見え隠れするところが残念。

本編はこちらから

野獣美女乱交2

野獣美女乱交2
本編はこちらから

かなり整理されてる

たいてい、こういう団体ものは何を撮ってるかあやふやで、全てが中途半端に終るものだが、この作品はシーンごとに女優のプレイの進度をずらすなどしてメインとサブをしっかり分け、優秀なカメラワークで一番撮るべき部分をベストポジションで撮っているので、イライラすることがほとんどない。

単体レベルの女優はちゃんといいアングルをもらってるし、この手の作品としては、かなり優秀な部類に入るだろう。

ちょっと感心した。

本編はこちらから