ノー ディール

ノー ディール

もっともその表情からこちらを心配しているというよりも警戒しているという感情の方が強いのは明かだ

あなたも好きかも:サイレントヒル スロット サイレントゾーン
当然だろう

康太は日本人だ

あなたも好きかも:ハンドル スロットマシン
そしてここはイギリス

日本人がイギリスにいる事自体は今となってはそこまで珍しいことではないだろうが、康太のような子供が一人でここにいるとなれば話は別だ

十分に怪しむ理由にはなる

あなたも好きかも:ドラクエ5sfc カジノ
「あー・・・どういやいいんだ・・・?アイム・・・トラベラー

アイムロスト・・・えっと・・・」「・・・ひょっとして日本人か?」唐突に日本語が聞こえたことに康太は目を見開く

そしてその日本語を目の前の少女が話したということにさらに驚きを禁じ得なかった

「え?に、日本語・・・分かる・・・?」「わかるぞ

少しではあるが住んでいたことがあるからの」少女にしては随分と強い言葉だったが、そんなことは気にならないくらいに康太は安堵し、目の前の少女の両手を握っていた

「よかった・・・よかった・・・!話が通じる奴がいた・・・!」康太はこれ程神に感謝したことはなかった

もともと無宗教であったことに加えそこまで神という存在も信じていなかったのもあるのだが、この時ほど神に感謝していいと思った日はなかった

今度教会に寄った時に軽くお布施をしておこうと心底思うほどに、目の前の少女にめぐり合わせてくれたことを康太は感謝していた

「・・・何やら訳ありのようだの・・・とりあえず落ち着け・・・周りの視線が痛い」自分と比べて非常に落ち着きながらも呆れている少女に諭され、康太は何度も頷いているが、その後康太が落ち着いて事情を話せるようになるまで十数分を要したのは仕方のないことだろう

誤字報告を五件分受けたので二回分投稿5月21日まで予約投稿しましたので反応が遅れるかもしれませんがどうかご容赦くださいこれからもお楽しみいただければ幸いです

「つまり・・・買い物に夢中になっていて道に迷って途方に暮れていたと・・・そう言う事かの?」「・・・はい、その通りです」康太は金髪の少女と近くのガードレールに腰掛けながら話をしていた