スロット データ取り アプリ

スロット データ取り アプリ

言おうとしても言えなかったり……

何か言ったと思ったら、人のことばっかりだったり……」 華音はシュン、と寂しげに俯いた

「優樹、いつになったらかのんに心を開いてくれるかなぁ……」 じっと話に聞き入っていた勝則は、神妙なみんなを見回し、視線を落としたままの反町へと目を向けた

「……僕も相川と同じで、事件のこととか全然知らないから図々しいことは言えないですけど……、でも、みんながすごく優樹先輩のことを好きだっていうのは僕にもわかるんです

あなたも好きかも:ルーレット 無料
……先輩だって、同じだと思うんです」 反町が軽く顔を上げると、勝則は励ますような笑みを溢した

「先輩、……優樹先輩を信じてみませんか? ……オーバーラップしても、必ず戻って来るって

……僕たちのトコに戻って来るって」 反町は少し目を細め、ゆっくりと一平を見た

心の奥底でも見透かすようにじっと見つめられ、一平は硬直したまま、ゴク、と唾を飲む

 ――しばらく静かな時間が過ぎ、反町は深く息を吐いた

「……どこまで出来るかわからないけど

……やれるだけやってみよう」 一平以外のみんなが「……うん」と頷くと、反町は真顔で見回した

あなたも好きかも:スロット データ サイト
「ただ、……危険だって思ったらその時は中止する」「その辺はおまえに任せる」 立花が促すと、反町は深く息を吐き、肩の力を抜いてから「……よし」と切り出した

あなたも好きかも:カジノ カウンティング 禁止
「……計画を立てよう」 翌日――

 この日も学園にやって来て残っている依頼書の片付けをこなしていくのだが、今日はいつもよりも早く学園開門時間の八時に集合

談笑する時間も入れずにみんなでさっさと仕事に取り掛かった

「優樹ーっ、次コレ行くぞーっ」「急げぇーっ」「ま、待ってっ……

待ってマー君っ……華音ちゃーんっ」 休む間もない状況に、「みんな、すごいやる気だなー」と感心しながら、自分も後れを取らないようにとがんばる