パチスロ業界

パチスロ業界

 これにはレオポルト大公の参謀や幕僚が不安顔となり、お互い顔を見合せます

中の一人が総司令官に恐る恐る尋ねました

「万が一、敵が2時前に攻撃して来たら我々はどうすればよろしいのでしょうか?」 ベネデックは冷たい視線を幕僚に向け言い放ちます

「貴官が何か言う場面かね?」 それ以上、誰も疑問を投げかけることは出来ませんでした

あなたも好きかも:ハクション大魔王 スロット 四号機
 ところが、午前10時を過ぎると、プロシア軍の砲撃が始まりました

砲弾はスカリッツの東に展開する第8軍に降り注ぎます

あなたも好きかも:ブラック ジャック に よろしく 2ch
オーストリア側砲兵も盛んに応射、戦場は硝煙に包まれました

そのまま砲撃は正午過ぎまで続き、やがてヴィソコフ高地からプロシア軍の先鋒が進撃して来るのが見えました

 事ここに至ってもベネデックは涼しい顔です

昨日あんな激戦を戦った敵が本格的な攻撃を仕掛けて来る訳がない

こちらが無傷の軍団と入れ替えたのは分かっているはず

敵の指揮官は猛者で知られる将軍、きっと虚勢を張っているに違いない

あなたも好きかも:まどか スロット タッチ
 さらに余裕綽々と見せたいのか呆れるほどのんびりとした調子で、部隊の心配で気が気でないレオポルド大公に言います

「自分はヨセフシュタットへ戻るが大公殿も同行し、ご一緒に昼食でもどうかね」と

 虚勢を張っているのはどっちだ? 大公は、憮然として首を横に振るのでした

オーストリア大公・レオポルト

シュタインメッツ大将は昨日のナーホトの戦いでおよそ一個大隊の将兵を失っていて、その補充は受けられませんでしたから、このスカリッツ攻撃では部隊を再編成していました

 左翼は本隊として第10師団をキルヒバッハ中将が率い、右翼はレーヴェンフェルド中将が第9師団の第17旅団を中心とした部隊を率います

元々第18旅団として第9師団の一翼を担っていた前衛部隊、フォークツ=レッツ大佐の戦闘団はレーヴェンフェルド部隊と並んで西へ向かいました