北方棲姫 スロット

北方棲姫 スロット

「はは、すごいだろ」「あ、ああ」「ま、だから先祖がここに住み着いたんだろうけどよ」「たしかに、職場にはうってつけだな」「だろ」 それからも奇怪な島の景色は続く

 とうとう、金剛石(こんごうせき)の崖まで発見した

「……なるほどね」 この島はレギュームの管轄

 たしかに、レギュームほどの権力が庇護しなければ、ここに眠る莫大な資源(しげん)を巡って、世界規模の大戦が起きていた

あなたも好きかも:スロットマシン ハナハナ
 ベルソートが贔屓にする

――というより、彼が守ってくれるからこそ、アースバルグは感謝としてその依頼に快く応えているのだろう

 魔剣もその信頼から造られた

あなたも好きかも:ピンク・エレファント 2
 改めて

 大魔法使いの偉大(いだい)さが知れる

あなたも好きかも:ブックメーカー 登録
 タガネは忌々しげに顔を歪める

「あの爺……」「どうした?」「別に」「そっか」 気にせずヲメナが前を歩く

 その行く手に、崖を渡るかけ橋が現れた

何尋(なんひろ)あるかもわからない崖下は、岸壁から噴き出す蒸気で隠れている

露出している部分でも、およそ十丈以上の高さはあった

 頼りない、細く揺れるかけ橋

 向こう岸には、村が見えた