回転dead

回転dead

「まだ見ますか?」「結構

次」 声を荒げてこちらに近付いてくる女

  良くみんな大人しくしているなと思いつつ、ここで私が暴れては意味が無くなる

 女の陰険な目つきが自分の持ち物に向けられているというだけで、気分が悪い

あなたも好きかも:マキバオー スロット 曲
 次に目を付けられたのはサトミ

始めから、彼女が狙いだった節もある

「これだけですか」「他に何か」 静かに、さっきのヒカル以上に壁のある口調で答えるサトミ

 女は一瞬たじろいで、しかし狡猾な笑みを浮かべて彼女と視線を交し合った

「先ほど持っていた文庫本はどちらに」「文庫本と分かっているのなら、検査する必要もないでしょう」 あっさりと返すサトミ

あなたも好きかも:ゼロドライブ スロット
 この程度では、彼女と駆け引きをするには荷が重いだろう

あなたも好きかも:スロット 磁石
 それでも女は諦めず、しつこく絡みついてくる

「私は全部出すよう、お願いしたはずですが」「全部出すのと、持ち物を確認する事

どちらが優先されているんですか」「何?」「いえ、こっちの話です

どうぞ」 テーブルの上に置かれる、英文の文庫本

 女はそれを睨みつけ、鼻を鳴らして嘲笑った

「こんな古い本を

しかも、英訳ですか」「個人の嗜好にまで干渉するつもり?この所持品検査は」「いえ、これは個人的な感想ですよ