世界でいちばん強くなりたい スロット

世界でいちばん強くなりたい スロット

「ま、真里乃さん、……だ、だいじょーぶでふか?」「……

あなたも好きかも:エウレカ2 スロット
臭います?」「……そ、そんなことないれふ」 気遣いながらも鼻声の彼に、真里乃は半べそ気味に肩を落とした

 ――何度も何度も、「もう一度洗ってらっしゃい」と不合格を言い渡され、二時間後、ようやくみんな合格をもらえた

洋服は宅内で洗濯し、その間は真里乃と優樹の洋服、使用人の青年たちの洋服を借りてそれぞれ落ち着いた

すると今度は「お腹空いたーっ!」と口を揃えだし、聖菜は呆れてものも言えず、「食事の用意をします」と、コック長が気を利かせて苦笑気味に調理を開始してくれ、そしてご飯を食べ終わる頃にはメイドさんたちの努力で洋服も匂いを取ってもらって綺麗になった

 お腹も落ち着いて、服を着替えると、またしばらくリビングでホッとくつろぐ

「……あなたたち、一体何をやっていたの」 彼らの自宅に連絡を終えて見回しながら、聖菜はため息を吐き、同じ場所にいる真里乃に呆れた横目を向けた

あなたも好きかも:バカラ 損 切り
「真里乃ちゃん、あなたまで……」「……ごめんなさい」 決して自分に落ち度はないが、苦笑する石田の隣りで真里乃は素直に頭を下げ、そろっと聖菜を見上げた

「車、どうしよう?」「……

廃車にしましょう」「ご、ごめんなさい」 再度呆れてため息を吐く聖菜に申し訳なく頭を下げる真里乃を見て、対面のソファから優樹は慌てて首を振った

「お姉ちゃんが悪いんじゃないの

あなたも好きかも:ブラックジャック 心臓
私がお姉ちゃんを呼んで、無理矢理車に入っちゃったから」「おばさん、すみません」 庇う優樹に続いて、隣に座る反町も申し訳なく頭を下げると、周りのみんなも「すみませんでしたー」とペコリと頭を下げる

あまり感情の籠もってない謝罪に聖菜は肩の力を抜いた