スマホ オンラインゲーム 通信量

スマホ オンラインゲーム 通信量

逆さ宮殿から垂れ下がる黒い天火でさえ、星明かりのように微かな光でしかなかった

カナンは深海はおろか、砂浜さえ見たことが無いが、書物に描かれた海獣《レヴィアタン》の棲む世界とは如此《かくのごとく》かもしれない

 橋を渡り切った一行の前に両開きの大きな扉が現れた

建物の壁面と同じように、扉もまた鏡のように滑らかな造りになっていて、いったいどのような工作技術をもってすればこのように仕上げられるのか疑問が湧いてくる

「ペトラ」「あいよっ」 ペトラは小さな手でペタペタと扉を触り、やがて目的の場所を探し当てると、背中の本を置いて呪文を唱え始めた

「ちょーっとばかし、時間をおくれよ……」 呪文に応じるかのように、扉に幾何学的な文様が浮かび上がる

カナンにはそれが、自分が法術を使う際に現れるものと同じに見えた

もちろん図形は異なるが、使われている文字は同じ物だ

 光る文様は、水が染み渡るようにゆっくりと扉の表面を満たしていく

その光景に誰もが目を奪われていたせいだろう、敵の襲撃への反応が遅れた

あなたも好きかも:expressカードスロット
 集団の後ろの方から悲鳴が上がる

あなたも好きかも:北九州 スロット イベント
周囲を警戒していた剣士の首筋に、巨大な蛾のような生物が取り付いていた

あなたも好きかも:エムちゃん スロット
「わっ、うわあああっ!?」「馬鹿、落ち着け!」 怒鳴るサイモンを横目に、細剣を抜いたカナンは狙い澄ました刺突で蛾の胴体を貫いた

ギイィ! という腐った木戸のような悲鳴を上げつつ、蛾は絶命した

「大丈夫ですか!?」 カナンは倒れた兵士の傍に駆け寄ると、首筋に出来た咬み傷に天火の光を当てた

幸い傷は浅く、彼女の天火だけで十分に傷を癒すことが出来た

「あ、ありがとう、助かった……」 剣士は上ずった声で礼を言った

カナンは肩からホッと力を抜く