パチンコ 愛知 イベント

パチンコ 愛知 イベント

決して負けないように、カナンよりも先に進むために

 けれど、その教育の狙いが何であるかは、私もカナンも、幼いなりに気付いていた

 私たちの運命は生まれた時から決まっている

良い継火手として煌都を守り、名家の男性と結婚して権力機構を強化する……最近のカナンはそのことに対してずいぶん喧しかったけれど、私にはそこまで抵抗感は無かった

 贅沢な暮らしが特別好きというわけではないけれど、それに対して不満や負い目を持っているわけではない

窮屈だと思うし、退屈を感じてもいるけれど、それを否定するのは贅沢だと思う

良い暮らしをさせてもらっている分、それに見合う働きをすべきだし、多少の不自由は飲まなければならない

あなたも好きかも:スーパー・ストライク
可愛げのないことに、十歳のころからもう私はそういう風に考えていた

あなたも好きかも:ルーレット 並び順
 だから、父が護身術の教師を募った時も、私は何も期待していなかった

誰が私たちの教師になろうと、結局、目的は護身術を会得することではないのだから

 あの日、私たちの家の庭には二十名以上の腕自慢が集められた

剣と盾だけの基本的な装備の人間から、よく分からない得物を携えた人や、拳法家まで様々だ

 彼らは私たちの姿を見ると、競って己の武芸を見せつけた

それはまだ良い

問題は口ばっかりで、技の一つも見せない連中だ

そういう手合いは、素人の私たちでも分かるくらい、貧弱で弱々しい

「ユディト様、是非私めを教育係に!」「いえ某《それがし》に!」「このような連中より拙者の方が!」「うぬっ、言うたな若造が! そこになおれい!」「下品な肉ダルマが何を言うか! 抜けエェ!!」 他所でやってほしい

 何だか臭いし、暑苦しいし……何より、そんな血走った目をしないでほしい

これでは私たちが争わせているみたいだと思って、心底嫌な気持ちになった