スロット ウルトラマン倶楽部3

スロット ウルトラマン倶楽部3

 ラングウィンの眷属たちの視覚情報を元にした映像資料におけるナルンニルノルは、白い球体だった

とてつもなく巨大な球体であり、そこから無数の飛翔船や戦艦が出現する様を再現した映像を、セツナたちは見ている

その球体こそネア・ガンディアの本拠地であり、のちにナルンニルノルという名称であると判明したはずだった

 しかし、現在、連合軍の遙か前方に聳え立つそれは、球状でもなんでもなかったのだ

あなたも好きかも:ヤマダ スロット スマホ
 極めて複雑な形状をしたそれは、なんとも形容のしがたい代物であり、名状しがたい存在だった

あなたも好きかも:全ツ スロット
まず、中心部に巨大かつ壮麗な宮殿があるのだが、その宮殿からまるで無数の枝が伸びるようにして通路らしきものが展開している

通路の先には、枝になる実や葉、花のようになにかしらの構造物があったり、または枝分かれしてさらに通路を延ばしていたりする

その通路の先や途中にはやはり構造物が存在していた

 中心部の宮殿を囲うようにして四方八方に伸びた無数の通路と、通路上に数多に存在する構造物――ナルンニルノルの造形というのは、まさに未知の領域といっても過言ではなかった

「獅子神皇の居場所は、中心に在る宮殿だろうな」「ほかに考えられませんからね」 まさか、通路の途中や先端にある構造物のどれかに獅子神皇が待ち受けている、などということはあるまい

 獅子神皇は、セツナたちに挑戦してきたのだ

挑戦状を叩きつけてきた張本人が本拠地の中心部、あるいは最深部にどっしりと構えていないわけがない