スロット エヴァ 設定 判別

スロット エヴァ 設定 判別

 一度、第十二階層に戻り、カプセルを検分して、外側のカバーも外してみる

「お、ここの回線を切れば外せそう」 手を伸ばしたところで、魔導コンピュータルームに、どこか人工的に感じる、中性的な声が響いた

《やめろ》「あー、やっぱり

貴方がクレイトンですか?」《いかにも》「階下の魔導コンピュータが貴方の本体ですか?」《肯定する》「ということは、不死者の方は抜け殻?」《完全にそうとは言い切れない

今となっては別人格だろうが》「人格……

あなたも好きかも:徳島 カジノ
意識がある、という自覚があるんですか?」《当然だ

あなたも好きかも:スロット フリーズ 引けない
このクレイトン・スピリアットが生涯を賭して永遠の生命を得たのだ》 以前、モンローやラシーンで実験した内容を思い出した

錬金術の本を参考にしたけれど、このクレイトンも、あの本を参考にしたのか、もしくは、執筆に参加していたのでは……

「興味がありますね

大賢者、大魔術師の誉れも高いクレイトン・スピリアット

あなたも好きかも:リール・キーパー
ここで消滅させるには惜しい」《随分と大上段に構えたな

貴様は何者だ?》 クレイトンはそんな風に言った

生殺与奪権を握られているのは理解しているみたい

実際問題、この場所で私を排除しようとすることは、無防備な『本体』とやらも破壊に巻き込んでしまうから

私を宥めて立ち去ってもらうのが有効だとして、下手に出ていると思われた

「私は単なる西迷宮の管理者ですよ」《西迷宮の管理者? 情報にあったホムンクルス量産型の特異個体? 何故この時期に攻めてきた? ネイハムからの連絡はどうした? 攻め入る準備をしていたのに無駄になった!》 まるで複数人と会話してるみたい