エンペラータイム スロット

エンペラータイム スロット

重ささえ感じる視線を浴びながら、私は父上にも述べた理由を口にする

「父上より教わったゲオルギーネ様の魔力圧縮方法で魔力が伸びているところなので、私に相応しい良い素材が手持ちにございません

魔力の伸びが止まる成人に合わせ、貴族院で採集し、名捧げをしたいと存じます

……その時は受けてくださいますか?」「あら、去年採った素材では間に合わないほどに魔力が伸びているのですね

さすが優秀者に選ばれる子は頼もしいこと

もちろん、名を受けます

どれだけ成長するのか楽しみにしていてよ、マティアス」 しっかりと自分を持っていなければ、ゲオルギーネ様の信奉者ばかりが集まるこの場の異様な雰囲気に呑み込まれそうだ

あなたも好きかも:ブラックジャック 写楽
私は貴族らしい社交的な笑みを浮かべながら、きつく拳を握り、その時間を過ごした

あなたも好きかも:クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編 スロット
「期限は成人まで、か

どうやら私達はアウブ・エーレンフェストに名捧げをしなければ生きていけない運命にあるらしい

そのアウブ・エーレンフェストがジルヴェスター様なのか、ゲオルギーネ様なのか、今の時点ではわからないが」 騎獣を飛ばしながらラウレンツが溜息の混じった言葉を吐く

私も同意見だ

あなたも好きかも:ヴァンパイア:ザ・マスカレード
旧ヴェローニカ派の子供である私達には二つの選択肢がある

家族と決別し、領主一族に名を捧げるか、家族と同じようにゲオルギーネ様に名捧げをするか、どちらかだ

「兄上は今回の来訪で二人ともゲオルギーネ様に名を捧げた

一生をゲオルギーネ様に尽くすのだろう

父上のように

私はまだ決められない