バイオハザード6 スロット フリーズ

バイオハザード6 スロット フリーズ

 実際、魔法・魔術を使った人体、生物実験は生物兵器を創り出す街なら頻繁に行っているだろう

 しかし、無論の事それらで生物兵器を創り出す事は禁止されている

 それは"人間の国"・"魔族の国"・"幻獣の国"・"魔物の国"

と世界共通である

 戦力が上がって驚異になるという事ではなく、命を粗末にするという事だからだ

「まあ、生まれつきの不死身者はいるし……生物兵器実験に失敗が無ければ世界的に利点もある……後々生物兵器が当たり前の世界にも成り兼ねんからな……」 生物兵器の実験が世界的に禁止されているのは失敗するリスクの方が高く、成功しても意思を持たない事があるから

あなたも好きかも:まどマギ スロット 攻略本
 仮にリスク無しの百パーセントで力の強い生物になれるのなら進んで受ける者の方が多くなるだろう

 ある程度話終え、エマは最後にフッと笑ってライに話す

あなたも好きかも:設定変更 スロット 方法
「ふふ、ライならば不死身な不老不死を殺す事は可能だろうさ……私が死の恐怖を感じた程だからな……」「……え?」「……さて、そろそろ他の場所も調べてみた方が良いな

レイたちが心配だ」 エマが何かを話、ライが聞き返す

あなたも好きかも:ドラクエ11 カジノ どこ
 そんなライを横目に、エマは遠方を見てレイたちの事が気になると告げて歩き出した

「……ふむ、気が早く今の状況には全く関係の無い事だが……旅を終えた後で共に旅をしたレイ、私、フォンセ、リヤン……あと一応キュリテ……とどのような関係で今後《みらい》をどうするかも考えなくてはな

征服後の世界も変えなくてはならないだろう

……それに、生き物の本能は子孫を残す事だからな……」 先程の話とは関係の無い話ではぐらかすエマ

 ライは訝しげな表情を更に深め、"?"を浮かべた

「はあ……よく分からないけど……まあ分かった

考え? とくよ」 分からないなりに考え、疑問の表情を浮かべながら返すライ

「ふふ……まだまだ子供だな