キャロル・オブ・ザ・エルヴス

キャロル・オブ・ザ・エルヴス

「四葉さん、お願いします」「ああ」 彼が頷くと同時に、ガーディアンの中から出てくる大男

 三島さんを思い出すような、バランスの取れた巨漢

 ショウも決して小さい方ではないが、この体格の前には華奢にすら感じる

「本物をその目で見て、よく学ぶように

……始め」 ゆったりと腰を落とし、左手を前に出して構えるショウ

 ケースにも寄るが、大抵は待つタイプ

 特に今回は指導が目的なので、自分から攻める事はしないんだろう

 牽制気味に飛んでくるジャブ

 それを肩で受けるショウ

あなたも好きかも:パチンコ crとは
 当たってダメージがある程でもないが、避けられない速度でもない

 御剣君が持ち上げた割にはこの程度

あなたも好きかも:聖蹟 桜ヶ丘 スロット
 少し失望した空気が、ガーディアン達に流れ出す

 彼を知らないガーディアン達からは

 見れば中等部で一緒に過ごしてきた子もちらほらと見える

 彼等は至って真剣

 むしろ冷や汗をかいているかも知れない

 決定的なダメージは受けないが、攻められる一方のショウ